老犬あすかの介護生活&みかん日記食事関係の介護

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

食事の食べさせ方。~その2~

今回は、自分で餌を食べられる犬のための方法を紹介したいと思います。

あすかは徐々に徐々に足腰が弱っていったので、最初は普通に食べていましたが、今の状態になるまで、一通りの段階を踏んだと思います。

高さを上げた食器スタンドを使わないと食べられなくなる。
             ↓
立ちながら壁に寄りかからないと食べられなくなる。
             ↓
座らないと食べられなくなる。
             ↓
壁に寄りかかりながら座らないと、食べられなくなる。
             ↓
半分ぐらいまでしか自分では食べられなくなる。
             ↓
胃捻転後、一気に寝たきりになってしまったので貝印 クリーム絞り出し器ミニで口に入れないと食べられなくなる。

NEC_0277.jpg

NEC_0278.jpg


座って脚で固定しないと、食べられなくなった時の写真です。
ここで大事になってくるのが食器スタンドです。
これも、かなり試行錯誤しました。

写真の通り、植木鉢をいくつも重ねて、微妙に高さを調節して使ってました。
本当は、普通のフードスタンドを使いたかったのですが、身体のバランスが上手にとれないため、餌の器にかなりの体重をかけて食べるので、食器スタンドが動かないように固定できて重くなければならなかったのです。

普通に売ってる食器スタンドは、ワイヤー製の物や重みのある物もありますが、そうなると高さ調節ができない物しかないんですよね。
固定ができて、餌のみの単独のスタンドで、高さ調節ができて、動かないような工夫があるものがあったら最高なんですが、私が探した限りありませんでした。

もし、重みが必要ないのであれば、100円ショップに売っているフラワースタンドなども使えると思います。

フラワースタンド

こんな感じです。
大きめの100円ショップに行けば、色々なサイズのフラワースタンドがあるので、高さがうまく合えば使えるかもしれません。
私が行ったお店では5種類ぐらいのバリエーションがありました。







高さ調節機能が付いてる食事台はこちら。

ドギーマン ウッディーダイニング S
↓↓↓詳しい説明はこちら
ドギーマン ウッディーダイニング S

ドギーマン ウッディーダイニング M


持ち手が付いているので持ち運びがしやすく、食事台にすべり止めが付いており、食器がずれないようになっています。
脚部にはすべり止めゴムが付いていて、滑りにくく床の傷防止にもなるようです。
壁に寄せると、固定も可能だそうです。

Sだと高さ調節は3段階、Mだと4段階で調節できるようなので、独立はしていませんが、高さ調節ができるだけでも、使いやすそうです。










こちらは、独立はしていませんが固定できるし、高さも段階ではなく自由に調節できる物です。
【ドイツSchecker】高さが調節可能な食器台!Hohenverstellbares Futterset2.8L
↓↓↓詳しい説明はこちら
【ドイツSchecker】高さが調節可能な食器台!Hohenverstellbares Futterset1.8L

【ドイツSchecker】高さが調節可能な食器台!Hohenverstellbares Futterset2.8L

【ドイツSchecker】高さが調節可能な食器台!Hohenverstellbares Futterset4.5L

1.8ℓが小型犬用、2.8ℓが中型犬用、4.5ℓが大型犬用です。
自由度が高いので、高さの調節できる範囲も広いし、何より器が動かないというのが足腰の弱った老犬には最適かもしれないです。








CKR 食器スタンド 3段階高さ調節可能 17cmステンレスボール2個付き
↓↓↓詳しい説明はこちら
CKR 食器スタンド 3段階高さ調節可能 17cmステンレスボール2個付き

10cm・20cm・30cmと3段階で高さ調節ができます。
壁にぴったりと置けるので、安定感はありそうです。
左右で別々の高さにも調節可能で、デザインも少し凝ったデザインになっているようです。










↓↓↓詳しい説明はこちら
イタリアferplast社製 フードスタンド リッカスモール

イタリアferplast社製 フードスタンド リッカラージ


食器のサイズがスモールの方が2.6ℓ、ラージが4ℓです。
高さは3段階調節可能です。
壁にくっつけて設置すれば安定感がありそうです。










↓↓↓詳しい説明はこちら
フードスタンド フーボ


色はピンクとブルーの2色。
大小2つのフードボウルが付いています。
高さはスライド式で4段階で調節が可能。
フードストッカーは約30Lの大容量で5キロのフードが十分入る大きさだそうです。
フードストッカー付というのも珍しいですね。








こちらは、ゲージに取り付けるタイプですが自由に高さが調節できるタイプです。

↓↓↓詳細はこちら
好きな高さに付けられる食器 マルチフィーダー:S

好きな高さに付けられる食器 マルチフィーダー:M

好きな高さに付けられる食器 マルチフィーダー:L








↓↓↓詳しい説明はこちら
エクステンドバー:M

エクステンドバー:L

こちらは、食器とバーは別売りなようです。
食器のみでもゲージに取り付けられるし、手を加えたり使い方によってはなかなか良いかもしれません。

少しずつ、少しずつ介護用品も増えてきてるようですが、それでもまだ少ないし、外国製っぽい物もかなり多いです。
わんこによって、状態もそれぞれ違うし、もっと沢山の犬に対応できるような商品を色々と開発してほしいなぁと思います。

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

薬の飲ませ方。~その1~

老犬ともなると、病気をしやすくなったり、内臓の数値が上がってきたり、動物病院に連れて行けば、何かしらの薬は出されると思います。
薬を嫌がるわんこだと投薬は、とても苦労すると思います。

あすかも、元気だった頃はチーズに埋め込んであげればパクッと食べてくれましたが、病気後は薬の数も増えたし、効能上一緒に投薬してはダメな薬もあったので飲ませ方にも色々と試行錯誤しました。

飲ませ方として一番楽なのは、薬をつぶして食事に混ぜ込んでしまうことです。
家では、100円ショップで買った調味料をつぶす木製の小さなすりこぎを使っていました。
ただ、これだと木の間の目地に入ってしまったりして、犬の投薬量はただでさえ少量の場合が多いので、これではダメだなぁと常に思っていました。




薬をつぶす道具としてあるのは、乳鉢やピルクラッシャーです。
フリート 乳鉢セット M
↓↓↓詳しい説明はこちら
フリート 乳鉢セット M

そのうち乳鉢に買い換えよう、買い換えようと思ううちに薬をつぶす必要がなくなった為、使用はしませんでしたが、前に東急ハンズで見てきた時に、必要な時に早く買えば良かったなぁと思いました。
木製よりお手入れも断然楽だし、なにせ木製は洗ってしまうと乾くまでに時間がかかるので…。












icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ピルカッター+クラッシャー
icon

ピルカッターとピルクラッシャーが付いています。
薬をカットした分だけ与えたい、薬が固くて潰しにくい。なんて時にも併用できそうですね。
毎回、毎回、乳鉢などでゴリゴリするのも大変なので、こちらの方が少し楽に潰せそうです。










ファンタジーワールド ピルクラッシャー
↓↓↓詳しい説明はこちら
ファンタジーワールド ピルクラッシャー


シンプルなピルクラッシャーです。
使い勝手は分かりませんが、楽に薬は潰せそうです。









薬磨り潰し WS-1003 上部を回すと手軽に錠剤を粉末に!
↓↓↓詳しい説明はこちら
薬磨り潰し WS-1003 上部を回すと手軽に錠剤を粉末に!


人間用?と言うか、薬を潰すのには動物用も人間用もないような気がするので、こちらはも構造がシンプルで使いやすそうです。







鍵つきタブレットカッター (アソート赤・青)
↓↓↓詳しい説明はこちら
鍵つきタブレットカッター (アソート赤・青)


シンプルなピルカッターです。
両方付いている物も便利ですが、なるべく正確にカットしたい場合はカットのみの方が良いかもしれないです。
ピルカッター、ピルクラッシャーは、壊れにくい物が多いようなので、シンプルな方が壊れにくかもしれないです。





ごはんに混ぜて食べてくれれば楽ですが、ごはんを残した時は薬も全部服用できていないことになります。
そんな時や、他の薬と同時に服用してはいけない薬やサプリメントがある時は、潰した薬を少量の水で溶いて、水の飲ませ方。で紹介したシリンジなどで吸い取り、投薬すると良いかと思います。

あすかはごはんを残すことも多かったし、顆粒の薬もとてもあげにくかったので、犬用のゼリーに混ぜ込んで薬をあげていました。

薬

下が木製の使いにくいすりこぎです。
ゼリーは最初は右のパックタイプを使っていましたが、生産終了してしまったのか、最近あまり見かけないので、カップタイプで試してみました。

薬2

カップから出してくずすと、こんな感じになります。
パックの時と変わらないです。
ゼリー状なので、混ぜやすいし、味もついているので嫌がらず飲んでくれます。(他のわんこも好むとは限りません)
冷蔵庫で保存する場合は、ほんのすこ~しだけ電子レンジで温めると、薬が溶けやすくて楽です。



Petio(ペティオ) 愛犬用 食べるミルクinゼリー 16g×20個
↓↓↓詳しい説明はこちら
Petio(ペティオ) 愛犬用 食べるミルクinゼリー 16g×20個

やはり生産終了してしまったようなので、似たようなゼリーがペティオから発売されていました。








ペティオ ぷるっとサプリ in ゼリー mix 16g×20個入
↓↓↓詳しい説明はこちら
ペティオ ぷるっとサプリ in ゼリー mix 16g×20個入


こちらも似たような商品ですが、マンゴーミルク味、バナナミルク味、いちごミルク味の3種類のゼリーが入っています。
味に変化があって、飽きやすいわんこには良いかもしれません。








犬専用の投薬補助食品も販売されているようです。


おくすりちょうだい 130g
↓↓↓詳しい説明はこちら
おくすりちょうだい 130g


チーズ味で合成着色料、合成保存料等の添加物を一切使用していないので、安心して与えられると思います。
人間用でもゼリー状オブラートが売られていますが、それに近い感じなのかもしれないですね。
あすかの時にこれを知っていれば、もっと楽に投薬できたのにな~と思ってしまいますね。









せっかくなので、久しぶりにあすかに犬用ゼリーをあげてみました。


薬3

やっぱりおいしそう飲んじゃう♪
あすかは、基本的になんでもおいしく食べたり、飲んだりしてくれるので、そこだけは楽です。
ドックフードは少し好みがあるみたいだけど。

薬の量がとにかく多いわんこにはお勧めだと思いますので、試してみて下さい。
ゼリーはお腹がゆるくなる場合もあるので、注意して下さい。

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

薬の飲ませ方。~便利グッツ編~

あすかは痴呆が進んでしまった為、口をあーんと開けてあげて、ぽいっと奥に薬を放り込むだけで飲んでくれるようになりました。
投薬は色々苦労しましたが、こんなに簡単に飲んでくれれば本当に楽ですよね。

薬の飲ませ方の基本は、動物病院などに置いてあるペピイという通販カタログの裏表紙に何パターンかの飲ませ方が写真付きで分かりやすく解説されていますので、そちらも参考にされると良いと思います。

手に入らない方は、無料の会員登録をすればペピイの公式サイトでカタログ請求できます。

無料カタログ請求はこちらからどうぞ。
    ↓↓↓↓↓↓
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』









あすかのように、簡単に飲んでくれると良いのですが、薬の飲ませ方。~その1~で紹介したシリンジは嫌がって飲まない、食事に混ぜ込むのは味が変わるので食べない。というわんこには、投薬器を使うことをお勧めします。



↓↓↓詳しい説明はこちら
インプッター(カプセル・錠剤投薬器)







『楽天市場 総合薬品ペットセンター名越』
↓↓↓
経口投薬器 【ピルガン】


先端に錠剤を挟んで、口の中に差し込んで奥で薬を押し込んだり、離したりして使用します。
使用感は分かりませんが、薬を嫌がるわんこの最後の手段はこの飲ませ方だと思います。
ただ、使用できる薬の大きさは限られているようなので、気を付けて下さい。
あまり小さいと挟めないようです。










小型犬にはこちらのピルガンがお勧めかもしれません。


↓↓↓詳しい説明はこちら
ラクラク投薬 お薬用スポイト ピルガン

こちらのリンク先に詳しい使用方法があるので、使用する場合はそちらを参考にされると良いかと思います。




よ~く探せば、色々と便利な物があるのですね。
ただ、ほとんどがネットじゃないと手に入らないので、実物が見れないところが辛いですね。
投薬がうまくいかないと、わんこ自身にもストレスをかけてしまいます。
飲ませ方はいくつかありますが、一番合った方法を見付けてあげたいですね。

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪











スポンサードリンク

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク