老犬あすかの介護生活&みかん日記歩行補助など

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

歩行補助ハーネス。~手作り編~

あすかは、体重の変化が激しかった事もありますが、市販の物だとサイズがなかなか合わないので、手作りしようとして材料を揃えましたが、前にも何回か書きましたが、ミシンが古いのと厚物が縫えないので、断念しました。

何度か紹介していますが、手作りのハーネスの作り方が載っている本はこちらです

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
↓↓↓詳しい説明はこちら
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り

著作権上、そのまま写真を載せると問題がありそうなので、ハーネスのイラストを描いてみました。


ドッグ&ウェア2


形的にも安定しているし、生地は自分の好みの生地にもできるし、身体に当たっている部分も擦れにくそうなので、なかなか良いんではないかと思っています。
作れるミシンがあれば、上手い下手は別として確実に挑戦してました。
この本だと、サイズも16サイズ対応ですし、型紙も実物大なので比較的作りやすいと思います。

手作りだと、自分でサイズ調節も可能だし、持ち手も好きな長さにできるし、後は手間と腕との闘いですね!





こちらにも歩行補助ハーネスの作り方がありあます。

わんちゃんの服&小物―うちのこに着せたい (レディブティックシリーズ―ソーイング (2346))
↓↓↓詳しい説明はこちら
わんちゃんの服&小物―うちのこに着せたい (レディブティックシリーズ―ソーイング (2346))


ただ、この本は型紙が付いていないので、どちらかと言えばお裁縫中級者~上級者向けだと思います。
手作りの犬服の本を買ったのがこの本が初めてで、型紙なんてよく分からず作ったので、始めて作った服は変な形になってしまいました。
それはまた別の機会にUPします。
こちらもイラストで。

わんちゃんの服2

形的には安定していそうですが、持ち手や足に直接当たる部分を(紐部分)平テープで作るので、歩いた時に擦れてしまわないかなぁとちょっと気になります。
ただ、後足をがっちり支えているので、後足がかなり弱った犬には良いのかもしれません。

(イラストは、なんとなく形が伝わればいいかな~と、少しデフォルメしてるし、絵はとにかく下手クソなので、あまり触れないで下さいね(笑))


市販のハーネスではどうしてもサイズが合わない方などには、作る手間はかかりますが、形も悪くないですし、とにかく応用が利くのでお勧めだと思います。
もし近くに、お裁縫好きな知人がいれば、お願いして作ってもらう!なんて事も良いかもしれませんね。




バスタオルで簡単に作れる後ろ脚用のウォーキングベルトの作り方が載っている本はこちらです。

老犬生活 完全ガイド
↓↓↓詳しい説明はこちら
老犬生活 完全ガイド

簡易的な歩行補助として、バスタオルは使いやすいです。
あすかのように、あごに引っ掛けたり、体に引っ掛けたり、市販の物や手作りをしなくても、それだけでもなんとか歩行補助に使用できると思います。
ただ、何も手を加えないでタオルなどを足に引っかけると、タオルに当たっている部分に変に力が加わりあまり良くないらしいです。


読んだ本は順々に紹介していく予定なのですが、その中にもいくつか補助ハーネスの作り方が載っていたので、そのうちそんなまとめも書いていこうかと思います。

私が思うのは、歩行補助のハーネスはかなり重要だと思ってます。
飼い主さんの身体の負担も軽減されるし、とにかく犬の寝たきり防止に一番役立つグッツだと思っているからです。
あすかが寝たきりになる前に病院で言われたのが、寝たきりになった場合ほとんどの犬が1ヶ月ぐらいしかもたないそうです。
特に大型犬は、身体の維持に多くのエネルギーを使うので、1週間もたない場合も多いそうです。

こんな事を書いて不快に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、統計的に(あくまで私が通っている病院の統計です)多いと言う意味なので、変な意味ではとらないで下さいね。
もちろんもっともっと長生きする犬もいますが、寝たきりという状況は犬にとって精神的にも、ものすごく辛い事だから、統計的にもそういう結果が出ているのかもしれません。

あすかの場合は1年以上寝たきり状態が続いていますが、完全に痴呆が進みきっているので、寝たきり状態に精神的に耐えられないという事さえ分からないんではないかなぁと勝手に思っています。
だから、できるだけ、できるだけ寝たきりにしない為には、歩行補助のグッツは重要だと思ってます。

お値段的にも高い物も多いですし、サイズ選びも実際に装着して買える事はなかなかできないので難しいですが、老犬達が少しでも健やかに暮らせるように、それぞれの犬に合った歩行補助が見付かれば良いな!と思います。


※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

お勧めの歩行補助ハーネス。

コメントで教えて頂いた、お勧めの歩行補助ハーネスを紹介したいと思います。

シニアーズとの暮らしのミスママさんからウェッブマスターというアウトドア用の頑丈なハーネスを教えてもらしました。







↓↓↓詳しい説明はこちら
ラフウェア ウェブマスター・ハーネス XS・S・M・L




ミスママさんから頂いたコメントです。

『ほんとうに、実際に使ってみないと分からない、というわけで、ここに載せられているほとんどを購入して使ってみましたが(自称、突撃介護用具モニター:笑)、胴を支える部分の生地が薄くて心地悪そうだったり、ヒモがゴチャゴチャとからまって使いにくかったりで、結構ペケが多かったです。

私の場合は結局落ち着いたのはもともとは介護用ではないハーネス(ウェッブマスターというのです)でしたが、いざとなるとそれをつかんで犬ごと持ち上げられるくらい丈夫で、最後のほうはハーネスの持ち手にリードを二重にして通し、私がほとんど犬の体重を持つようにして歩かせていました(犬の体重にもよると思いますが、うちのは12キロ弱だったのが最後は10キロちょっとに)。

いざとなったら「背中のハンドルを持てば犬を持ち上げることもできます」(まるで営業担当:笑)

モモもミスティも最後のほうまで歩けてよかったね、といろいろな人に言われましたが、最後の数ヶ月はほとんど私が持って歩かせていたような感じで、これがなければできなかった。
それでも壊れもしなかったのはすごいと思います。』



10キロちょっとある体重をほとんど持ち上げるように使用してても壊れないのは、とても丈夫なハーネスですね!
「米国で災害救助犬たちにも使用される確かな品質です。」とあるので、相当な事がなければ切れたりする事はなさそうですね。
大型犬の介護をしている方には、特にお勧め品かもしれないです。


ミスママさんがウェッブマスターの使用感を書いている記事はこちらです。
↓↓↓
シニアーズとの暮らし     『ぎんちゃん第二の犬生をエンジョイ中』


ミスママさん、詳しい使用感をくださったり、記事への掲載も許可して頂いて、本当にありがとうございました!





calm・ly lifeのk-maruさんからプーチーポーチという、ハーネスを教えて頂きました。
↓↓↓
ペット用ハーネス プーチーポーチ



前に抱っこしたり、後ろでおんぶしたり、横にかけたり、介護用の歩行補助としても使用できて、使い方が多彩です。
カラーは豊富なようですが、サイズが中型犬ぐらいまでしかないようで、大型犬用は開発中だそうです。

商品の感じとしては、全身に着用するのでとても安定感がありそうで、前足や後足、どちらが弱っても使用できそうです。
海外からの輸入品なのか、扱っているお店がほとんどないのですが、海外の方が犬の介護も進んでいるだけに、日本にはない商品だと思います。



k-maruさんから頂いたコメントです。

『うちは1.5kgなので一番小さいサイズでも大きかったのですが、体長は充分家庭でも調整(お直し)できます。
胴回りも、マジックテープでかなり調整が効きました。
生地も、ソフトだけど丈夫なので、私は良いお品だと思いました。

外にポケットでもつければ、冬はカイロ・夏は保冷剤を入れれて便利かなと思います。 』


大幅なサイズ調節も自分でのお直しですが、できるのならとても良い商品ではないかと思います。
ここまで使い方が多彩な物もなかなかないので、抱っこやおんぶもしつつ歩行補助用のハーネスも欲しいなんて方には特にお勧めですね。



k-maruさんのプーチーポーチに関する記事はこちらです。
↓↓↓
calm・ly life    『素敵な贈り物』


k-maruさん、快く記事への掲載を許可してくださってありがとうございました!



やはり、実際自分で見付けられて調べて、色々試しつつ行き着いた商品は、一味違いますね!
両方とも海外製のようなので、日本製とはまた違った良さがあるんではないかと思います。
日本だと、限られたメーカーからしか発売されていないので、同じような商品ばかりになってしまっていますよね。

犬や飼い主さんによって、欲しい機能は違う場合も多いので、もっと違うバリエーションの商品が沢山発売してくれると良いものですね。
日本製の老犬介護用品も、もっともっと充実してくれると良いですね。





今日のあすか


あすか1-63

とっても分かりにくいけど、ちょっとお鼻の曲線が上を向いてるのが大好物です
この角度だと分かりにくいけれど、タオルにお鼻が食いこんでます。
このお鼻をお箸でつまんで食べちゃいたいです(´ー`)



※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

カート、バギーなど。

ベビーカーを買うまで、あれやこれやペット用のカートやバギーを調べたので、せっかくなのでいくつか紹介していこうと思います。
やはり、ネットだと画像のみなので、大きさや素材が分かりにくい上に、下調べをしようにも店頭でカートやバギーを置いている店はほとんどないので、選ぶのはかなり難しいです。

しかも、金額的にも1万円前後~10万円以上する商品もあって、高い商品を買って失敗した時は、かなり辛いものがありますよね。
さすがに1つも試した事はないですが、楽天などの商品レビューがかなり選ぶのに参考になると思うので、Amazonもそうですし、高い商品を買う時は特に買った方のレビューを参考にすると、感想の生の声を知ることができるので、選びやすいと思います。

商品の良し悪しは分かりませんが、こんな商品があるよ。と言う感じで、探した物全部は無理なので、いくつか紹介していきたいと思います。





icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ペットバギー ペコ
icon

重量6キロまでの小型犬用のバギーです。
軽く、コンパクトに折りたためるので、折りたたみ時の自立はできないようですが、持ち運びには便利です。
ただ小型犬用なので、小型犬の場合はキャリーなども使えるし、抱っこする分にも楽なので、カートを使わなくても他にもやり方は沢山あるかなぁという感じはします。
抱っこを嫌がる老犬や足腰の弱った小型犬を乗せて、ちょっと長めの距離をお散歩したい!なんて場合には良いかもしれませんね。







icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ペットバギー・デカ
icon

25キロまでOKの中型犬や小型犬の多頭飼い向けです。
歩いて乗り降りできるスロープ付き。
4面ネットで、安全のためのハンドプブレーキ付きです。

作り自体は、かなりしっかりしているようですし大きさもそこそこ大きいようですが、コンパクトに折りたためるので、犬を乗せていない時の持ち運びは楽かもしれませんね。
ただし、折りたたみ時の自立は不可です。








icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ポーターカートデラックス
icon

カートとしては12キロまでOKです。
バックが取り外せるので、カート、ショルダーバック、ドライブボックスとして使用できます。
飛び出し防止リード付で、底のマットにペットシーツをセットできるようになっています。
コンパクトに折りたたむ事もできますが、折りたたみ時自立不可です。







icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
おでかけカートST
icon

体重12キロまでOKです。
飛び出し防止リード付で、後輪にはロック機能が付いているので安心です。
コンパクトに折りたためるので、持ち運びも楽ですが、折りたたみ時自立不可です。
底が深いくて、メッシュ部分も小さいのであまり老犬の外気浴向きではないかもしれないですね。










↓↓↓詳しい説明はこちら
おでかけカート HG


重さ15キロまでOKです。
前輪にはサスペンションが内蔵されているのでガタガタ道・段差も安全に走行できます。
前輪の直進固定レバーを下げれば坂道でも安定して走行できます。
収納バスケット付で、ワンタッチでハンドルの高さを3段階に調節可能なようです。
コンパクト折りたためるので、持ち運びも楽ですね。
ペット用カートにはめずらしい浅いタイプなので、大きさが上手く合えば寝たきりの犬などにも調度良いかもしれません。







↓↓↓詳しい説明はこちら
対面式ペットストローラー(ピッコロカーネ)

対面式、背面式とハンドルグリップの切り替えしが可能です。
コンパクトにたためて、折りたたんでも自立するので便利です。
25キロまでなので、小型犬~中型犬用ぐらいです。

犬用カートで折りたたんで自立する物もなかなかないし、対面式も少ないです。
しかも中型犬ぐらいに調度良いので、もし犬用で買うならこの辺かな~なんて迷ってました。









↓↓↓詳しい説明はこちら
PGソフトカート9KGIB

PGソフトカート14P


9キロまでの小型犬用と14キロまでの中型犬用があります。
前面がメッシュになっているので、通気性もよく外の景色も見えると思いますが、白内障の多い老犬には外を見るのは少し辛いかもしれないですね。
後輪に安全ストッパーが付いており、両サイドのレバーでコンパクトに折りたためます。








icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ペットポーター
icon

小サイズ25キロまで。大サイズ35キロまでの大型犬向けのカートです。
バックルをはずして、カバーをめくると両サイドから出入りができます。
底板を外して挟めば、コンパクトに折りたためます。








icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ペットポーター デラックス
icon

ペットポーターのグレードアップバージョンです。
重さ80キロまでOKで、日よけ、雨よけカバー付きです。
前後にスロープが付いており、手元にハンドブレーキもあるので坂でも安心です。
コンパクトに折りたためますが、さすがに収納するのにはかなり場所をとりそうに見えます。










↓↓↓詳しい説明はこちら
ペティオ 老犬介護用 お散歩カート



こちらに公式サイトの老犬介護商品紹介で商品説明の詳細が見れます。
↓↓↓
ペティオの老犬介護シリーズ zuttone


重さは35キロまでで中型、大型犬向けです。
飛び出し防止機能、日よけ、クッション付きで、寝たきりの犬が運搬しやすいような設計になっており、スロープも付いています。
フレームとBOXを別にして折りたためます。

一見、至れり尽くせりな感じに見えるので、迷いましたがお値段が高いことと、何より家の前の道は細いので、これだと確実に無理だ!!って事に気付いたので止めました。
中型~大型犬向けは、カード自体巨大になってしまうので、大きい道を散歩できる環境や収納、自宅前の出入りも頭においてから、購入した方が良いと思います。







↓↓↓詳しい説明はこちら
ペットワゴン ラジオフライヤー(3100)

大型犬でも寝転んだ姿勢で乗せられるそうです。
あちこちの老犬介護の本などでも何回か紹介されていたので、大型犬のカートとしてよく用いられているのかもしれません。
サイズについては、画像では分かりにくいので、寸法と合わせてよく確認してみて下さい。


追記:俺もやるぜっ!なビーグルちょびの執事さんからラジオフライヤーの感想を頂きました。

『ラジオフライヤーはペット用ではない、なにもついていないものを
甥っ子・姪っ子が使用中なので、寝たきりになったら
奪い取って長座布団敷いて使う予定(爆)
ただ、コレ、ものすごく重いし、邪魔ですよ(泣)
幅も内寸は実は狭めだし。
マンションの玄関には入らないもん。小回りも全く効きません。
直線とゆるいカーブが限度かな。地面に近いからお世話も大変かも?
ずり落ちた時とか・・・。車に保管しないと持ち運べない気がします(汗)
一軒家在住の寝たきりのコのご近所散歩用って感じかと思います。
最適用途は舗装済みの遊歩道整備済みの大きな公園散策用かなって
いうのが私の感想です。』


やはり、中型~大型犬を乗せるような物はどうしても大きくなってしまうし、収納でも場所をとるし、持ち運びも大変ってなってしまうみたいですね。
日本だと狭い道もすごく沢山あるし、公園だって広い公園ばかりではないので、なかなかきびしいですね。
カートなどの代用品ともなれば、さすがにそこまでは融通が利かなそうですが、商品自体そこまで種類も多くないので、わんこの体の状況によっては、合う物も違ってくるのでどれを選ぶかは難しいところです。


執事さんにこんなコメントも頂いてます。



『うちはカルソニックセーフティーカートを愛用中。
これ、あんまりメジャーじゃないけど(苦笑)

もう4年近く使ってます。当時はコレとペティオの老犬介護用しか
中型犬OKなのはなかったの。発売されて即試乗して買いました。
まぁうちは心臓温存用に超早めに買ったので、元は取った♪
これは前が開くので、景色が見られるし、お水なんかもあげられる。
ケージを外してそのまま車に乗せられるので、今はもうどこに行くのもコレなしでは無理。
また、洗うのもケージのみでOKだし、乾きも早い。
ケージだけたためるのも便利です。
車族の私的にはこのケージ単体使用可がポイント高かったです。
ただ、肩紐付きですが、ケージに犬を入れてキャリーとして肩から下げるのは無理です(笑)
あと真横に寝て脚を伸ばすのは13インチのビーグルでも
サイズ的に無理です。伏せ姿勢で横向きが限度かな。
雨よけが幌じゃなくふた式なのもイマイチ。
満足度は85%です。』


ちなみに、カルソニックセーフティーカートはこんな感じです。



↓↓↓詳しい説明はこちら
ペットセーフティーカート


ちなみに、重さは15キロまでOKです。

やはり、ゲージが取り外せて車に載せられるタイプはすごく便利ですよね!
しかも、洗えると言うのは嬉しいです!
粗相をしたり、汚しても洗えると思えば、とても心強いです。


執事さん、今回もまたまたとても参考になる使用感、ありがとうございました!!
商品説明を見ても、良い事しか書かれていないので、どこが満足で、どこが不満かって事が分かればより読んだ人は選びやすいですよね!
いつも、いつも、参考になるコメントありがとうございます!!






カートについての詳しい使用感ですが、シニアーズとの暮らしのミスママさん(チャクルスさん)が突撃介護モニターと言っても過言ではないぐらい、色々と試している上にとても詳しい使用感を書かれているので、これから買おうかと思っている方にはかなりの参考になるんではないかと思います。


ミスママさん(チャクルスさん)のカートについての記事はこちらです。
↓↓↓
シニアーズとの暮らし     『カート遍歴』

私の記事よりも、使用感がかなり具体的なので、何倍も参考になると思います。

ミスママさん、また他の介護突撃モニターの記事、楽しみにしてますね♪



とりあえず、いくつかザーーっと並べてみましたが、他にもいくつかカートはあります。
ただ、どうしても小型犬のカートが多くて、ネットで選ぶには似たり寄ったりにしか見えず、やはり使ってみない事には分からないという感じだと思います。

こうやってみるとよく分かりますが、小型犬用と大型犬用に分かれてしまっていて、中型犬ぐらいにピッタリなカートはとても少ないです。
それと、完全に寝たきりになった犬用の商品もとても少なく、底が深い物ばかりです。
この作りは、やはり元々は介護向けではないからって事なのでしょうね。

ベビーカーを使っていて思うのですが、折りたたんだ時に自立する物の方が、持ち運びも収納もしやすいと思いますが、自立できる物はあまり多くないようです。
やはり、人が使う物と比べるとだいぶ性能が落ちる感じがしますよね。
寝たきり用で一番の理想は、人間用のベビーカーのかなり大型バージョンだなぁって思います。
サスペンションも多分、ベビーカーの方が良いのではないかと思ってます。
結局、老犬それぞれで状態も違うから、ピッタリの物なんてある訳がないんですけども。

それでも、犬用で選ぶならおでかけカートHGと対面式ビックスローラーあたりで、どうしようかな~と迷いましたが、やはりあすかに合わせるにはちょっと違うように思えました。
しかも、値段もお高いのでちょっと試しに…なんて言って、失敗したらあすかの場合は工夫の使用がないので、ゴミ同然になってしまいます。

やはり、高額なものになるとどうしても、商品選びは難しいですよね。
あまり参考になるような事は書けませんでしたが、だいたいこんな商品があるよ。ぐらいな感じで見てもらえると嬉しいです。
いざ探すとなると、意外と大変ですしね。
もし、カートやバギーが必要かも…なんて思われた方は、だいたいの参考にしてくださると嬉しいです。





今日のあすか


あすか1-87




あすか1-89


今日は、お天気が悪いのでお散歩はなし
つまらないので、毛布の中でイチャイチャしながら、テレビをみたり、こねくり回したり、かぶせたりして遊んでます♪

今日も、

「仕方がないから遊ばせてあげるよ!」

ぐらいの勢いでとっても迷惑そうにしてるあすかぶぅです。




※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク