老犬あすかの介護生活&みかん日記『新・ペットフードにご用心!』の感想。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

『新・ペットフードにご用心!』の感想。

『新・ペットフードにご用心!』 著 押川 良一 の感想を書きたいと思います。





新・ペットフードにご用心!
↓↓↓詳しい説明はこちら
新・ペットフードにご用心!





・ナチュラルフードの危険な話→ナチュラルブームの真実、レンダリングの怖い話、「ナチュラル」「自然食」の表現、酸化防止剤について、ハーブ入りフード、サプリメントについて、「生肉食」の落とし穴




・疾患対応フードの真実→アレルギー対応フード、泌尿器系疾患対応フードについて、マグネシウムは悪者か?効能、効果表示について




・ペットフードの選択眼→便の量、形状の見方により質、栄養価が分かる計算式、缶容器のコーティングについて




・ペットの食の知識→栄養素にこだわりすぎないという知恵、知っておきたい犬、猫の栄養素、生肉食派への警告、タマネギ、ニンニク、ミルクについて



・現代ペットの疾患事情→危険な下痢、耳のジクジク、涙やけ、歯石予防、去勢、避妊と骨の異常、疾患の関係、股関節疾患、犬のてんかん発作、疾患と寿命の関係





まず、この本を読み終わって思った事は、読んでいて疲れました。
確かに、知識として知っておいた方が良い事が沢山書かれていますが、ほとんどが否定なので、読んでいて疲れます。
ペットフードはもちろん、獣医について、トリマーについて、アメリカのペットフード製造工場について、否定ばかりなので読んでいる方としては、全て鵜呑みにしたら何を信じれば良いの?と思ってしまうかもしれません。

元々、ペットフードには疑問がありますよ。と言う本ですが、否定の後に補足やフォローも全てにおいてある訳ではないし、著者の経験上、見方による憶測的な事も多く、その憶測の裏付けや獣医や専門家による裏付けによって納得したいところなのに、その裏付けがない部分も多いので、読んでいて疲れてしまいました。

ただ、具体的にメーカーの商品名を挙げて、第三者機関に成分分析を依頼して、結果を比べていたりもあるので、納得できる部分もあります。
憶測や裏付けなしの具体的な批判については、「う~ん」と思ってしまいますが、知識としてペットフードの製造工場での現状や、レンダリングについて、缶容器のコーティング(もう少し詳しく納得できるまで解説してほしかったですが)についてなども、ほとんど知らなかった事なので、知っておいて損はないな~と思いました。

否定されていたメーカーですが、主に海外の商品が多いですが、国内の物でいくつか見た事がある物も挙げられていました。
この本ではナチュラルフードやプレミアムフード、療法食などについて主に書かれています。
私的には、もっと全般的にナチュラルフードも含め、もっとメジャーな誰もが購入しているようなメーカーの解説もしてほしかったな~と思います。

ペットについては、人によってそれぞれ考え方がかなり違うと思います。
なので、避妊、去勢についてや他にもいくつかありましたが、この著者とは考え方が少し違うかもな~なんて思える事がいくつかありました。

この本の内容を全部信じてしまったら、何を与えれば良いのかってことになると思います。
例え手作りごはんを与えても、人間の食べる物にも同じような疑問点があるので、結局は添加物や残留農薬なども、厳選した食材選びをしっかりしないと摂取する事になると思うので、否定した分もう少し改善点なども述べて欲しかったと思います。

ただ、人間の子供にもアレルギーなどが物凄く増えているのも事実で、人の食べ物にもやはり問題があるのは確実なので、突き詰めればまずはそこから考えなければいけないんじゃないかと私は感じました。

この本の前に書かれた『ペットフードにご用心!』の方は、「ペットフードに疑問をもつ」という事を掲げた有名?な本らしいので、そちらも今度読んでみたいと思います。

読んでいて疲れてしまったりもありますが、納得できる部分や例え憶測であっても、確かにそれは疑問かも。と思えることもあるし、普通の人では知らないようなことも書かれているので、やはりペットフードについては疑問を持たなければいけないと改めて実感させられる本ですので、ペットを飼う以上、最低限の知識として目を通してみても良いのかもしれないです。



※あくまで私が読んだ上で思ったこと、感じたことを中心に書いているので、人によっては違う感想を持たれる場合もあると思いますので、完全に鵜呑みにせず参考程度にして下さい。






今日のあすか




あすか2-15



あすか2-14



やっと数枚だけクンクンされてる写真を撮れました~♪
このわんこ達が超大型犬のレオンベルガーです
写真で見るとそんな大きく見えないけれど、しゃがんだりするとじゃれて寄ってくるので、大迫力!!
しかも、とっても人懐っこいので大きな体をすりすりしてきます

いつもは、ちょっと離れた場所で自由に遊んでますが、体が大きいから遠くから見てても走る姿は大迫力!!
この後も、かわゆい顔した人懐っこいシベリアンハスキーが、あすかが気になるらしく、寄ってきてクンクン。
超モテモテのあすかぶぅです
あすかを抱っこしてたので、写真に撮れなかったのが残念…。

毎日のようにベビーカーで散歩に出てるお陰で、だいぶ見慣れられてきたので、お散歩もスムーズにできるようになったかな。
今度は、2、3匹に囲まれてるあすかぶぅの写真を撮りたい!!
すごいおばあちゃんなのに、あすかのフェロモンどうなってんだ!?ってぐらいなので、頑張ってシャッターチャンスを狙ってきます










スポンサードリンク

コメント

本については私も同じ感想です。
あすかちゃん!モテモテですね♪いいなぁ(^-^)。
レオンベルガーには会ったことはないのですが、グレートデーンはあります。もし、ドッグランとかでリードなしで走っていて、こちらに向かってきたら、それが友好的であったとしても、きっと私は腰を抜かしてしまうのではないだろうか、と思うほど迫力あるグレートデーンです。でもやはり同じ犬種でも個体差はあるのでしょうね。
あすかちゃんのお散歩をまた拝見できて嬉しいです♪モテモテだし~(^-^)♪

★ やるね~あすかちゃん

モテモテあすかちゃん、こんばんは。
レオンベルガ-みたいな男前(ってオスだったかな?)に
寄って来られるなんてなかなかやるね~~

ル-キ-も抱っこで病院へ行くとよく寄ってこられました。
ケアマネ-ジャ-さんに言ったら
「大先輩ワンコに挨拶して敬意をはらっているんですよ」って言ってました。
犬社会はステキです。
人間なら心ではどう思っているかわからないものね。

今はペットブ-ムでこの手の本はいっぱい出てますよね。
もちろんワンコには長生きしてほしいし
体に良いものを美味しく食べてほしいとは思います。
でもル-キ-は晩年までドライのドックフ-ドでしたし
大きな病気もなくほぼ老衰で17年生きてきました。
だからこればかりはなんとも。。。。。
小さい時から手作り食の子でも7歳ぐらいで
病気になって亡くなってしまった子もいるし。。。。
難しい所です。たしかにこういう考え方、知識として
知っておくにはいいかもしれないですね。
でないと最近までやってた「○○っきりテレビ」みたいに
体にいいけど放送された事全部やってたらキリがないし
一日中食べてなきゃ。みたいになってしまう。。
あれ?ちょっと違うかな?
まぁ あまり流されすぎずにってことでしょうか。。。

あすかちゃん、モテモテですねぇ♪
PAPAさんも、心配でぉ仕事が手に付かないかもしれないですね(笑)

私も、手作り食を始める前はフードの本を沢山読みました。
その後、サプリの本を読み出して、近所のサプリ屋さんに相談しながらやっていってます。
まだまだ修行中です・・・・・・
人間の食材にも危機が迫っている今、本当にワンやニャンは大丈夫なの?と、不安はいつもありますよね。
だけど、気にしだしたらキリがないんですよね。
フードにしても、やたら『プレミアム』って言葉が使われてて・・・・
種類も沢山あって、何を選んで良いのかって感じですよね。

オメガ6なんて、動脈硬化の原因になる確率大で、オメガ3とのバランスが大切なのに、毛艶を求める犬種別フードでは『オメガ6を豊富に含んでいます』とかって、書いてあるし・・・・・
..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!! って感じですよね。

老犬になると、やたら体重管理を目的としたフードが多いですが、体重もさることながら内臓が衰えてくるので、良質なタンパク質を少量(出来れば魚系)で、内臓に負担をかけず、酵素などのサプリを与えて消化し易い様にし、ビタミンCを与えて身体の内部で炎症を起こさない様に我が家ではしています。

私のお勧めの1冊は『そのペットフードが病気の原因かもしれない』です。
この本の共著者がサプリ屋さんで、Drショウキは温灸を習いに行ってたんです。
凄く、素敵なお二人です。

モテモテもそうだし、敬意をはらわれてるのもあるのかぁ~
へぇ~へぇ~わんこ社会って奥深いのねぇ。
で、あすかちゃんは昔からモテモテだったの??

みなさんに紹介するだけあって、良いものは良い、
ちょっと違うんじゃないかなと思うものはそのように、
きちんと伝えてくださってありがとうございます。

こういう本って、わんこのフードに限らずたくさんありますよね。
結局否定するだけなものとか、
他者を否定することで、自分のがいかに良いのかをしらしめようとしてるものとか。
疲れちゃうし、読み終わると充実感より焦燥感がありそう(^_^;)
不安感をあおるというか。
私は感化されやすいので、この本は読まないでおこうと思います。
フードに疑問を感じて、いろいろ読んでいるうちに
最終的にこの本にたどり着いたら読みますが、
はじめからこの本だけ!っていう風には読まないでしょうね~(^_^;)

ぺぺおじさんのハーネスの件、たくさん調べてくださって本当にありがとうございましたm(_ _)m
短い犬生躊躇してるヒマはないので、思い切って教えてくださったもの買ってみました。
両親には、また買って~( ̄_ ̄|||)って怒られるでしょうが、そんなの関係ね~!
ってな感じで、いそいそ購入しております♪


★ なるほど・・・

こんばんわ‼

う~ん。
色々な本が出回っているのですね・・・

疲労感ですか…分かる気がします。
「考え方」「知識」として知っておくには
いいかもしれないですけどね。
どんなにお勧めの食べ物でも
愛犬の体が受け入れてくれなかったら、意味ナイですもんね。
本当に悩ましい事です
この『食』に関しては・・・

あすかちゃん、モテモテですねーv-10
花子ちゃんと一緒だぁ~!
こんな時は、あすかちゃんも嬉しそうにしているのですか?

★ むずかしい・・。

こんばんは。
フードについては難しいですよね。
私も前に読んだ本で、あれこれダメって書いてあって、
うのみにしたら、何あげればいいの?ってかんじでした。
確かに、正しいことなのかもしれませんが、
それだけでは困りますよね。
その子にあったものがみつかれば一番よいのですが・・。

あすかちゃん、いいな。
毎日楽しいですね。
ほんと、花子ちゃんと一緒だv-10



★ ポメラニアンファンさんへ

グレートデーンも大迫力でしょうね!
このレオンベルガーちゃんは、物凄くひとなつっこいので、飼い主さんにじゃれるのも程々にしなさい~って、止められつつ加減してすりすりしてくるのがまたかわいかったですi-178

やっぱり大きなわんこは、やさしい性格の子が多いのかな~。
大きさによっても、犬種によっても、それぞれの性格とか特徴があって楽しいですよね♪
この間、他の場所で土佐犬を散歩してる人を見かけましたが、こっちはさすがにちょっと怖かったですが…。

ここは、ドッグラン並に色々な犬種がいるし、みんなしつけられてて性格の良い子ばかりなので、私もかなり楽しんじゃってます。
やっぱり、どんなわんこでもかわいいですよね☆

★ カルコさんへ

2匹とも、男の子みたいに見えるけれど、確か名前は女の子っぽかったので、夫婦か姉妹かって感じだと思います。
遠目から見てる時に、3匹ぐらいいたのでブリーダーさんとかなのかな?
今度聞いてみちゃおうかな♪

>「大先輩ワンコに挨拶して敬意をはらっているんですよ」

これを読んでなるほど~~!!
って思いました。わんこ同士だと、だいたい匂いで年も分かるのかな~。
人間でも加齢臭があるから、わんこにもあったり!?
あすかは、みんなに敬意を払ってもらってるのかなi-179

そうそう!世の中には色んな情報が横行しすぎてて、自分がしっかり見極めないと、流されて大変な事になっちゃいますよね。
あすかも実際、ほとんどドックフードをメインにちょっと食材を混ぜるだけ。ぐらいでここまできてるので、何が良いのかって一概には言い切れないんですよね。

でもやっぱり、原材料も気になるところですし、何より今は食べる事ぐらいしか楽しみがないだろうから、なるべくおいしい物を食べさせてあげたいって気持ちから、ドッグフードは減らす事にしました。

今まで、あまりにも何も知らなすぎたのもあったので、どれを実行するかは別として知識として知っておきたいな~なんて思ってあれこれ読んでます。
本当に、テレビでやっているような健康に良い事を全部実行したら、いくら時間やお金があっても足りないし、それは犬にとっても同じだから、ちゃんと情報は見極めるのが大事ですよね。

何より、手作りを少しプラスして、あすかが本当においしそうに食べてくれるのが、最高の楽しみだったりしてます♪

★ k-maruさんへ

すごい研究されてらっしゃるのですね!
私なんて、遅すぎるぐらいでやっと今頃気にし始めたので、まだまだ細かい栄養素やらサプリの名前を言われてもチンプンカンプンって感じです。
サプリも病院から勧められたのをなんとなく飲ませてる。ぐらいでしたしね。

そうそう!人間が食べる物にも危機が迫っているけれど、気にし始めたら何も食べられなくなるんじゃないかってぐらい、キリがなくなっちゃうんですよね!
食べ物じゃなくても、使ってる洗剤や歯磨き粉とか、調べれば調べる程、そうなの!?って事が多いですが、気にしてしまうと本当に大変。。。
なので、知識として知ってても割り切らないときついですよね。

なるほど~~。
老犬の献立の立て方、参考になります!!
まだ試行錯誤中で、最終的にはどこまでやるかって迷い中なので、色々試してみますね~。

お勧めの1冊も、手に入ったら読んでみます!!
意外と、まだまだこういう本って少ないので、お勧めしてもらえると助かります♪
本当に、勉強になりますね!!
もっと、お勧めな事もあったら、どんどん教えて下さいね☆

★ KIKI AMBERさんへ

敬意を払われてるなんて、本当に奥深いですよね!
私もへぇ~へぇ~でしたi-179
ちなみに、あすかの若い頃は暴れん坊だったので、興味を持たれてもあまり近寄らせなかったです…。。。
避妊してたからってのもあったのかなぁ。
老犬になってからは、これでもかってぐらいモテモテですが。

人間用の日用品とか食品関係でもこういう本ってありますよね。
ちょっと立ち読みしてみたら、え~これも?これも?これ全部ダメだったら生活できないよ…。。。って感じでした。
感化されすぎちゃったり、流されやすい人は読んだら大変な事になっちゃうかもですね。

私は、あまりにも否定されすぎると、うるさい!!これじゃ何も使えないし、食べられん!!って逆切れしながら読んだりするので、変な読者かもです。
やっぱり、否定した後にはじゃぁどうすれば良いのかってフォローがほしいですよね。
それでも知識として知っておきたいので、とりあえず興味を持ったら読んでみよう。ぐらいには思ってます。

ハーネス、少ししか見つけられなかったですが、お役に立ててもらえたなら嬉しいです♪
かわいいぺぺおじさんには、快適に過ごしてほしいですしね。
購入されたハーネスがしっくりしてくれると良いですね☆

★ おからさんへ

私も、こんなに色々な本があるなんて全く知りませんでした。
どの情報を信用するかどうかもあるけれど、結局はおいしく食べてくれなきゃ何も意味がなくなっちゃいますよね。

健康に良いからって、おいしくない物を与え続けて食べてくれないより、やっぱり食べてくれる方が良いと思うし、体に悪いと分かっていても、短い犬生だからおいしい物を沢山食べさせたいって考え方もあるし、どうするかは考え方次第ですよね。

中間ぐらいのバランスでごはんを作ってあげられたらな~なんて思うけれど、好みもあるから結局は偏り気味になっちゃいますよね。
でも、あすかの方が私なんかよりかなりバランス良く食べてるかも!?なんて、作りながらいつも思ってます。

あすかは、クンクンされるのも最初は物凄くビックリ顔でしたが、やっと少しずつ慣れ始めたみたいで、少しビックリぐらいです。
知らない人のなでなでも最初はビックリしてたぐらいなので、クンクンもそのうち慣れるかな。
今度、クンクンされてる時の表情も撮れるように頑張ってきますね!

★ すももさんへ

あれもダメ、これもダメってなったら、食べるものがない…。って事になっちゃいますよね。
確かに正しい事なのかもしれないけれど、主流の物が全てそうなのだから、なかなか別の道を選ぶのって難しい…。
結局、人間の食でも同じですよね。

中国産が嫌でも、スーパーでは中国産の物しか売っていない食材なんて沢山あるし。
本当は、根本的な所が問題なのかもしれないけれど、なかなか消費者としては選択権は少なかったりしますよね。

なので、ある程度は割り切らないと大変ですよね。
私も、そこは仕方ないかな~なんて思ってます。
何より、おいしく食べてくれるのが一番ですし。

お散歩に出るようになって、だいぶ世界が広がりました~♪
花子ちゃん程ではないけど、モテモテかなi-179
老犬って、実はモテるのかもですね☆

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク