老犬あすかの介護生活&みかん日記『7歳からの老犬ごはん』の感想。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『7歳からの老犬ごはん』の感想。

『7歳からの老犬ごはん』 著 獣医学博士 須崎恭彦   の感想を書きたいと思います。




7歳からの老犬ごはん
↓↓↓詳しい説明はこちら
7歳からの老犬ごはん





この本は、前半部分が文章でドッグフードや手作りごはん、老犬の健康などについて書かれています。
後半部分では項目別レシピが写真付きで載っています。



・医食同源の考え方→ドッグフードと病気の因果関係、手作りごはんという選択肢について


・食事と生活習慣での病気予防→口内ケアと病気について


・成犬から老犬への食の変化→活動レベルと基礎代謝の変化


・病気の原因になる排泄不良について


・病気の早期発見に繋がる健康管理のチェックリストがあります


・塩分、栄養バランスについて


・食事に対する間違った認識


・手作りごはんによって現れる変化、症状について→手作りごはんに変えた時に起こる下痢、嘔吐、脱毛、目ヤニ、耳アカ、食いつきについて


・手作りごはんの導入→「およそ」の栄養計算


・手作りごはんへの移行について→香り付けや工夫など


・サプリメントの効果、選び方について


・老犬の食生活で気をつけること→抵抗力アップ、血流、体型、肝臓、口内、関節


・食事の量、食材、作り置きについて


<レシピ>

・老犬のアンチエイジングレシピ→あえごはん、ロールキャベツ、あんかけごはん、肉じゃが、ココット、ミートローフ、オムレツなどの18のレシピが掲載されています



・病気対策のスペシャルレシピ→糖尿病対策レシピ、肝臓病対策レシピ、心臓病対策レシピ、骨強化対策レシピ、血行促進レシピ、パワーアップレシピなどの項目で18のレシピが紹介されています。


レシピの紹介では、項目ごとに何の食材が向いているのか挙げられていますが、お勧め食材とその説明の一覧表のようなものが欲しかったな。と思いました。
ちなみに、他の須崎先生の本には、お勧めの食材が分かりやすく説明と一緒にまとめて書かれていました。
こっちの本にも老犬向けの一覧表が欲しかったなぁ~と思いました。



全体的な感想としては、まずレシピの写真を見て「おいしそう!」です。
レシピの写真は人間でも普通に食べられそうなぐらいおいしそうなレシピばかりです。

この本は、手作りごはんの本ですが、ドッグフードを完全に否定している訳ではなく、「手作りという1つの選択肢がありますよ」と言っているので、「こうしなければいけない!!」などと堅苦しく考えずに読める本だと思います。

著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれています。

文章もとっつきにくくないので、難しく考えずに本を参考にしながら手作りごはんを始められると思います。
ただ、他の本には「移行プログラム」という徐々に手作りごはんへ移行するやり方が書かれていましたが、老犬はまた別なのか、この本には「移行プログラム」については書かれていないのがちょっと不思議でした。

私のわがままを言えば、15歳以上用の超高齢犬用のレシピも欲しかったな。なんて、わがままですよね(笑)
他の手作り食のサイトや、色々な方からのコメントと合わせてこの本を参考に手作りごはんを始めました。
成犬と老犬(特にあすかは寝たきりなので)では、向いている食材、お勧め食材なども微妙に違ってくると思うので、老犬で手作り食を考えている方にはとっても参考になると思います。

この本は、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。
老犬になってから、手作り食への移行を考えている方の初めの1冊としてお勧めの本だと思います。





今日のあすか



あすか1-70


今日は、とっても寒いので肌がけやら毛布にくるまって、ぬくぬくちゃんです。
毛布の隙間から手を入れて、デヘデヘ言いながら、あすかの体を撫で回してます(笑)
この時期、ふとんの中のあすかはぬっくぬくなので、抱っこするのも気持ちいい♪
ほんっと、楽しい季節ですな~





あすか1-72



そして、いつものごとくこねくり回して遊んで激写して!
やりすぎ!?てお顔がぐしゃぐしゃの巻です(笑)



次回は、「手作り食への移行プログラム」が載っている別の須崎先生の本の感想の記事をUPする予定です。


※あくまで私が読んだ上で思ったこと、感じたことを中心に書いているので、人によっては違う感想を持たれる場合もあると思いますので、完全に鵜呑みにせず参考程度にして下さい。










スポンサードリンク

コメント

★ こんばんわ‼

うーん、老犬の食事は特に難しいですよね(/_;)

数年前までは、ドッグフードが1番って思っていました。
そう習った事さえ、あったような??(違ったら、すみません)

だから、今更 フードジプシー。
少しでも長く、一緒にいたいから 頑張らなきゃ…
って、思ってます。

すいかさんや他の方の情報、有り難く拝見しています。
とても、参考になります

ホントに今日は寒い。
1~2日前の日中は、暑かったのに。
暖房→冷房→暖房(;一_一)

あすかちゃんは、毛布かぶって気持ちよさそうですね!
私も一緒にぬくぬくしたいよ~~

やり過ぎたあとのあすかちゃん、ホントにぐちゃぐちゃだぁーv-290

あすかちゃん、気持ち良さそうに寝てますね。
ぬくぬくでいいなあ。

老犬の食事、ほんと難しいです。
こちらもよさそうな本ですね。
読んでみたいな。

前にモモの散歩してとき、
16歳というおじいさんわんちゃんにあったのですが、
体格はモモとそんなにかわらない大きなわんちゃんでした。

ごはんのことを聞いたら、キャベツゆでてたべさせているって
いってました。ロールキャベツで思い出しました。
キャベツっていいのかな?

こんばんは^^
手作り食ひとつでも、色々計算したり難しいんですね。
そんなこと一度も考えずにやってきてしまいました(笑)
深く考えたら何も出来なくなっちゃいますしね。毎日のことですから。
獣医さんでも、絶対ドッグフードじゃないとダメ!っていう先生もいれば、手作り食に限る!っていう先生もいれば、人間と同じもので十分!という先生もいるので、これが絶対って言うのはないと思います。
その子その子に合ったやり方が一番ですよね。

あすかちゃん、人参が苦手なんですね。
ひかるも嫌いなようです。チビのくせに生意気(笑)

お顔ぐしゃぐしゃのあすかちゃん、めちゃ可愛いv-238

昨日
かんたん!手づくり犬ごはん
買ってしまったんですよ~
これで犬ごはん本は3冊に・・・(^_^;)
↑に手を出す日も近いかも。。。参考にさせてもらいま~す♪


毛布の隙間から手を入れて、デヘデヘ言いながら、あすかの体を撫で回してます(笑)

↑だけ見ると中年のいやらしいオッサンが、いたいけな女の子にいたずらをしてそうな感じ(朝からスミマセン…汗)

最後のぐしゃぐしゃのあすかちゃんは、喜んでるのかイヤがってるのか
判断に難しいお顔になってますね~(*^_^*)かわゆい♪

★ おからさんへ

私も、ちょっと前までドッグフードの方が良いものだと思ってました。
私も、そっちの方が栄養バランスが良くて安心だって教えられたと言うか、擦り込まれたのかなぁ。
ぶっかけごはんよりかは、良いって意味だったのかもしれないですね。

なので、私も今更って感じです。。。
多分、あすかが要介護になる前は、物凄い悪い飼い主だったんですよね。
だから、反省して今更だけど色々やってあげたいなぁって。

わんこは、要介護になったら色々してもらって、「もういいよ」って満足すると旅立っていくのよ~。なんて言われた事があるので、今までほとんど何もしてあげなかった分、まだまだ満足してないのかなって思ったり。
それだけ、ほっぽらかしだったと思います。

ここの所、冷房、暖房、とめちゃくちゃな感じですよね。
冷えて、冷えて、眠れないので湯たんぽを出そうかなんて思ってます。
あすかのぐちゃぐちゃは、普段はこんなもんじゃなかったり!
写真を撮る時は、小奇麗に整えたり。
これ以上なんて、やっぱりこねくりまわしすぎかな!?(笑)

★ すももさんへ

寒いとぬくぬくでぐっすりちゃんです。
今も、旦那さんの腕に包まれながら毛布にくるまって気持ち良さそうにグッスリ。
あすかにとっても、夏よりは冬の方が過ごしやすそうです。

16歳でモモちゃんと同じぐらいの大きさだったら、かなり頑張ってますよね!
しかも、普通に散歩できてるなんてすごい!
この本だったか、どの本だったか、何かで読んだのは二十いくつかまで生きた長寿のわんこが、主にゆでたキャベツを食べさせてた。ってどこかで読んだ覚えがあります。

その16歳のわんこもきゃべつを食べさせてたなら、きゃべつは物凄く良いって証拠かもしれないですね!
今日から、あすかも毎日きゃべつを食べさせようかな♪

やっぱり、人間と同じようにわんこにとっても食って大事ですよね!

★ こぐまさんへ

手作り食って、色々やり方がありますよね。
でも、この本だとおよその計算、だいたいでいいんですよ~って感じなので、とっつきやすかったです。
きっちり、きっちりやると続かないですよ。なんて事も書いてありました。

そうそう!獣医さんによって絶対的ドッグフード推薦派とか色々みたいですね。
柔軟に対応してくれるのが一番良いな~って思いますよね。
好みもあるし、やっぱりそのわんこに合った食が、私も一番良いと思います☆

散歩仲間の人が、いけないって分かってるんだけど、もうあと何年かって限られた犬生だから、我慢させないで好きな物を食べさせる事にしたの~。なんて言いつつ、から揚げとかあげてるらしいです。
多分いけないんだろうけど、相当喜んで食べてそうですよね♪
やっぱり、その人の考え方次第だし、一番はおいしそ~~~に食べてくれるのが嬉しいですよね!

ひかるちゃんもニンジン嫌い!!
ひかるちゃんとあすかは他人!?他犬!?とは思えないですね~v-10

★ KIKI AMBERさんへ

犬ごはん本、3冊目!!
またまた、やっちゃってますねi-278
でも、その気持ちが物凄くよく分かるので、私も色々立ち読みしながら、この本も、あの本も欲しいよ~~~。なんて犬本コーナーの前でいつもうろうろしてます。

そうそう!実は私もデヘデヘとかニヤニヤとか書きながら、いっつもエロイ変態おっさんみたいだな~なんて思いながら書いてます。
実際、あすかに対してはエロイ変態おっさん並のおさわりとかしてるのかもだけど。
かわいすぎると、我を忘れてついついおっさん化しちゃうんですよね~。

あすかは、ぐしゃぐしゃにされて嫌がってますよ。(断言)
嫌がってるって分かっててやるなんて、父親みたいですよね。
子供にやる、おひげじょりじょりに近いかも。
そういえば、小さい頃父親に同じように猫っかわいがりされて嫌がってたような…。
血は争えないですね(笑 )

(。・"・。)ノ バンワ♪

うちも基本は『手作り食』なんですが、ヨーヨだけはフードをふやかして生肉・生魚・サプリのトッピングだったんですよ。
最近、ヨーヨが皆が食べ終わったフードボールをぺろぺろしてるのを見てると、この子も手作り食にしたほうがいいのかなぁ・・・・と、悩んでいました。
1.5kgという小さな身体を維持するのに、カロリー的な不安が大きかったのですが、ちょっとこの本読んで勉強してみます。
いつも、素敵な情報&あすかちゃんのいいぉ顔、UPして下さってありがとうございます。

★ k-maruさんへ

老犬の食って本当に難しいですよね。
若いうちなら、潰したりかなり細かくしなくても食べられるし、よく動くだけに消化も良いだろうし。

ドッグフードならふやかしたり、つぶしたりすれば詰まらないし消化も良いし…。
でもやっぱりおいしさを考えると、手作りには敵わないですよね。
多分、フードジプシーしてる人って物凄く多いし、迷ってる方もかなり多いんじゃないかって思います。

本を読んだり、よく調べてみると意外と難しく考えず始められる事が分かるから、こういう本ってありがたいですよね。
老犬向けの本って、手作りごはんに限らず本当に少ないから、もっともっと出版してほしいものですよね!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク