老犬あすかの介護生活&みかん日記歩行補助ハーネス。~手作り編~

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

歩行補助ハーネス。~手作り編~

あすかは、体重の変化が激しかった事もありますが、市販の物だとサイズがなかなか合わないので、手作りしようとして材料を揃えましたが、前にも何回か書きましたが、ミシンが古いのと厚物が縫えないので、断念しました。

何度か紹介していますが、手作りのハーネスの作り方が載っている本はこちらです

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
↓↓↓詳しい説明はこちら
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り

著作権上、そのまま写真を載せると問題がありそうなので、ハーネスのイラストを描いてみました。


ドッグ&ウェア2


形的にも安定しているし、生地は自分の好みの生地にもできるし、身体に当たっている部分も擦れにくそうなので、なかなか良いんではないかと思っています。
作れるミシンがあれば、上手い下手は別として確実に挑戦してました。
この本だと、サイズも16サイズ対応ですし、型紙も実物大なので比較的作りやすいと思います。

手作りだと、自分でサイズ調節も可能だし、持ち手も好きな長さにできるし、後は手間と腕との闘いですね!





こちらにも歩行補助ハーネスの作り方がありあます。

わんちゃんの服&小物―うちのこに着せたい (レディブティックシリーズ―ソーイング (2346))
↓↓↓詳しい説明はこちら
わんちゃんの服&小物―うちのこに着せたい (レディブティックシリーズ―ソーイング (2346))


ただ、この本は型紙が付いていないので、どちらかと言えばお裁縫中級者~上級者向けだと思います。
手作りの犬服の本を買ったのがこの本が初めてで、型紙なんてよく分からず作ったので、始めて作った服は変な形になってしまいました。
それはまた別の機会にUPします。
こちらもイラストで。

わんちゃんの服2

形的には安定していそうですが、持ち手や足に直接当たる部分を(紐部分)平テープで作るので、歩いた時に擦れてしまわないかなぁとちょっと気になります。
ただ、後足をがっちり支えているので、後足がかなり弱った犬には良いのかもしれません。

(イラストは、なんとなく形が伝わればいいかな~と、少しデフォルメしてるし、絵はとにかく下手クソなので、あまり触れないで下さいね(笑))


市販のハーネスではどうしてもサイズが合わない方などには、作る手間はかかりますが、形も悪くないですし、とにかく応用が利くのでお勧めだと思います。
もし近くに、お裁縫好きな知人がいれば、お願いして作ってもらう!なんて事も良いかもしれませんね。




バスタオルで簡単に作れる後ろ脚用のウォーキングベルトの作り方が載っている本はこちらです。

老犬生活 完全ガイド
↓↓↓詳しい説明はこちら
老犬生活 完全ガイド

簡易的な歩行補助として、バスタオルは使いやすいです。
あすかのように、あごに引っ掛けたり、体に引っ掛けたり、市販の物や手作りをしなくても、それだけでもなんとか歩行補助に使用できると思います。
ただ、何も手を加えないでタオルなどを足に引っかけると、タオルに当たっている部分に変に力が加わりあまり良くないらしいです。


読んだ本は順々に紹介していく予定なのですが、その中にもいくつか補助ハーネスの作り方が載っていたので、そのうちそんなまとめも書いていこうかと思います。

私が思うのは、歩行補助のハーネスはかなり重要だと思ってます。
飼い主さんの身体の負担も軽減されるし、とにかく犬の寝たきり防止に一番役立つグッツだと思っているからです。
あすかが寝たきりになる前に病院で言われたのが、寝たきりになった場合ほとんどの犬が1ヶ月ぐらいしかもたないそうです。
特に大型犬は、身体の維持に多くのエネルギーを使うので、1週間もたない場合も多いそうです。

こんな事を書いて不快に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、統計的に(あくまで私が通っている病院の統計です)多いと言う意味なので、変な意味ではとらないで下さいね。
もちろんもっともっと長生きする犬もいますが、寝たきりという状況は犬にとって精神的にも、ものすごく辛い事だから、統計的にもそういう結果が出ているのかもしれません。

あすかの場合は1年以上寝たきり状態が続いていますが、完全に痴呆が進みきっているので、寝たきり状態に精神的に耐えられないという事さえ分からないんではないかなぁと勝手に思っています。
だから、できるだけ、できるだけ寝たきりにしない為には、歩行補助のグッツは重要だと思ってます。

お値段的にも高い物も多いですし、サイズ選びも実際に装着して買える事はなかなかできないので難しいですが、老犬達が少しでも健やかに暮らせるように、それぞれの犬に合った歩行補助が見付かれば良いな!と思います。


※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

コメント

イラストはすいかさんが書かれたんですかっ?!!
上手ですね~ってそこは褒め所じゃないのかな(^_^;)
でも上手!!!
相変わらずマメで、頭が下がります。
老犬生活のバスタオルでの簡易ハーネスは、確かにいいですよね。
見てて、おっ( ̄▽ ̄*)と思いましたもん。

ぴったり満足のいく市販品は難しいでしょうね。
老犬はいやでも体重が減ってきてしまうから、サイズの調整が難しくなってきますよね。
試行錯誤して、何度も手直しして
愛犬だけのものを手作りできるのが本当は一番いいんでしょうが。
作る自信ちょっとないかも(^_^;)


『老犬の飼い方』買ってしまいました。。。
両親には『また買ってきたん?』とちょっとあきれられましたが
ぺぺおじさんに快適に楽に過ごしてもらいたいだけなんですよね~(ノ_<。)

通販の介護用ハーネスは、いろいろありますね。
私も1つ買いましたが、使いがっては良くなく手作りをしました。
カタログのハーネスを着けているわんこは、みんな自分の足で歩けるわんこみたいで、
実際に足が弱い犬につけて試してみたのかな~~と思いました。
足が弱ってきたら、足を入れるタイプのハーネスでないと、しっかりと支えられないですね。
ほんとうは、人間のオーダーメイドのようなものがあったらいいですね!
私は絵をかくのがものすごーーーく下手なので、すいかさんのイラスト
本当に上手だと思います。私がかくと犬なのか猫なのかたねきなのか
わからない??と言われちゃいます。

★ うまい・・・

こんばんわ‼

みなさんのおっしゃる通り、絵がお上手ぅ~(ノ*^∀^)ノ☆♪
羨ましいです。

ムクさんのおっしゃる通り、
自分の足で歩けるわんこがモニターになっているならば、意味なくね???
って感じですよね・・・

お手頃価格で、イージーオーダー…なんてあるといいのですが。

明日こそ、本屋さんに行ってきまーす。

あすかちゃんのゲリPは、完璧におさまりましたか?
今日は、またまた暑かったですね~~((+_+))

★ KIKI AMBERさんへ

いやいやいやいや、イラストとか絵が本当に上手い人って、パッと見で上手い!!
って感じですからね…。
配色も途中で変更して失敗しちゃったし、ほとんど本のまま描いてるはずなのに、なぜ線が曲がる!!なぜにはみ出すのだ!!と独り言を言いながら描いてました。
たったこれだけのイラストなのに、かなりの時間が…。
まぁ、とりあえず伝われば良いかなぁと自分に言い聞かせつつUPしました。

「老犬生活」のバスタオルのはなかなか良いですよね。
何より、簡単に作れるし材料費も家のバスタオルだけで物凄く安いし。
やっぱり市販品は、サイズ調節が一番難関だなぁって思います。

手作りは手間がかかるし、生地を買いにも行かないとダメだし、ミシンがなければそれだけでアウトなので、なかなか難しいけれど、痩せた時に手直しできるのが一番強いなぁって思います。
でも、私もいざハーネスとなると、ちゃんと完成できたか微妙なんですけどね。
最悪、親戚に物凄く裁縫が上手なおばさんがいたので、頼もうかなぁなって思ってました。

『老犬の飼い方』買っちゃいましたか!!
あの本は、よく読んでみればみるほど欲しくなっちゃいますよね!!
私も買った後に、さっそくあの本のパーツ別のケアを実行しました。
愛するわんこのために!と思うと、ついつい買ってしまいますよね!

★ ムクさんへ

ムクさんすごいですね!!
オムツも手作りだったし、ハーネスも手作りしたんですか!!
本当に器用でいらっしゃる!

是非、是非、写真をUPしてください!っと言うか、作り方もUPしてほしいなぁなんて思います!
アクセス解析で検索されたキーワードで「犬 オムツ 作り方」なんてキーワードでこのブログに訪問する人も多いのですが、私オリジナルの作り方ではないので、UPできないのでもどかしかったりしてます。
それだけ、手作りで作ろうって思ってる人が多いのだなぁっていつも思ってます。

やっぱり、自分のオリジナルで作れちゃう人って本当にすごいです。
手作りこそ、歩けるモデル犬じゃなく本物の老犬に合わせた作りになっているので、一番機能的だなって思います。
オーダーメイド、ありそうでないですよね。
私に作れる腕があれば、そんなのもやってみたいな~なんて思ったり。
思うだけで、そこまで器用じゃないのが悲しいところです…。

イラストは……。。。自分の頭の中ではもう少し上手に描けていたはずなのに、なぜにこんなにゆがんでしまう…。と言う感じです。
何も見ずに描けと言われたら、私も犬だか猫だか、何の生き物なのか?ってなっちゃいます。
絵をUPするのは、やっぱり恥ずかしいです…。

★ おからさんへ

絵は…。。。。。なんだか、言われれば言われるほど恥ずかしくなってきますねi-202

犬の介護用品って、どれもこれもしっくりこない物が多すぎますよね。
介護してる人達で思ってる人はかなり多いし、やっぱりモニターは寝たきりの犬とか、かなり足が弱った犬とか実際のモニターは少ないんですかねぇ。
そこまで思ってしまうほど、しっくりこない物が多いですよね。

>お手頃価格で、イージーオーダー

これ、あったら物凄く良いですよね!
そんなシステムを作り上げてみたいと思いつつ、やっぱり裁縫の腕がなさすぎなので構想止まりですね。。。

あすかのゲリゲリぴっぴは、すっかり治まりました。
治まったのも束の間で、いつもの腹痛が激しく出てしまったので、2人で完全に昼夜逆転してしまいました…。
やっぱり寒暖の差が激しい時が、痛む確立も高いかもです。
明日からはまた気温が下がりそうだし、まだまだ気が抜けないですね…。

うらんちゃんはどうですか?落ち着いてますか?
しばらくは台風も多いだろうし、気候って老犬には直で影響受けるなぁってつくづく肌で感じてます。
台風が過ぎたら、また急に暑くなりそうで怖いですね…。

すいかさん、絵上手ですね。皆さんもほめてらっしゃいますが・・。
イラストで形状よくわかります。

ももの介護胴着が、胸回りにあわせて買いました。
ももは男の子だからか、胸板がしっかりしていて、
お腹周りは細いのです。
水泳選手の逆三角形ってかんじ??

そのため、お腹周りは余裕がありすぎました。
ワンチャンによっては、お腹のほうが大きい子も
いるそうで、どうしても手直しが必要になりますね。
やっぱ手作りいいですね。

バスタオルのベルトもよいアイデアですね。
これらの本も欲しくなっちゃいました。




はじめまして。
うちも、小型犬の老犬(年齢不詳)が家族に居て、この様なハーネスを持っています。
偶然、プーチーポーチーという商品のモニターをさせて頂いたのですが、凄く便利なお品ですよね。
まだ、ヨロヨロだけど自力では歩いてくれているので、現在は慣らす程度に使わせて頂いています。
洗い変えも欲しいので、一度作ってみますね。
作るという発想が無かったので、凄く勉強になりました。
有難うゴザイマス。

★ こんばんわ‼

本屋さん、いってきました。
でも、1件だけ。
「長生きワンコの本」しかなかったです(>_<)
また明日、違いとこに行ってみようと思います。

あすかちゃん、下痢Pちゃんは治ってよかったですネi-179
でも、激しい腹痛ですか・・・。
かわいそうi-241
この不安定なお天気も、あすかちゃんを苦しめているんですね。
すいかさんも体調を崩されないようになさってください。

うらんですが・・・
夜明け前に『音を立てながらの大下痢P~~~( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)』
飛び起きました!!
獣医さんで、v-74をしてもらいました。
食欲があるみたいなので、ごまかすのが大変です(きっと、半ボケのセイかな?)
ありがたい事だけど、治るまで我慢してね~~~。

★ すももさんへ

サイズ選びって本当に難しいですよね。
あすかもオムツカバーを選ぶ時に、胸周りが大きいし、体の長さもある割りにお腹周りが細かったので、中型犬と小型犬の調度中間ぐらいらしく、どれもこれもほとんどサイズが合わなかったです。

そのうち痩せてきて今度はぶかぶかになってしまったり、市販の物だとなかなかピッタリとはいきませんよね。
その点手作りなら、縫い直したり、自分で作ったのならサイズ直しもお手の物だし、応用が利くから良いんですよね♪

ただ、その分それなりの知識と腕と根気がないときびしいですが…。
そう考えれば、バスタオルのだったら誰でも作れるますね!
ちょっと持ちにくいかなぁとは思いますが、これでも充分役割は果たしてくれそうな気はします。

歩行補助のハーネスだったら、断然これ!!なんて商品が早く開発されると良いですよね!

★ k-maruさんへ

はじめまして!ブログにコメントありがとうございます!!

プーチーポーチ、ネットで検索してみました。
海外製品?のようなので、まだまだ扱っているお店は少ないようですが、見た感じ物凄く良い物だと思います!
服のようになっているので、ガッチリ体を支えてくれるし、担いだり、背負うことまでできるのがすごいですよね!!

私も、こういう商品は始めて見ました。
動物の介護は海外の方が断然進んでいるようなので、介護用品も進んでいるのでしょうね!
とても、良い物だと思うので記事として紹介してもよろしいでしょうか?
お返事待ってますね!

★ おからさんへ

本屋さん行けましたか!
わんこが体調崩したりすると、なかなか外に出かけたりもできないから時間を作るのも難しいですよね。
私も、本屋や買い物に行く時はしっかりあすかを寝かしつけてからじゃないと出かけられなかったりしてます。

本はありませんでしたか。
本当に本屋さんってお店によって品揃えが全く違うから、大きければあるって訳でもないし難しいんですよね。
意外と小さな本屋に沢山種類があったりとか。
店長さんの趣味なのかな?不思議ですよね。

うらんちゃん、夜明け前に大下痢P~ですか。。。
下痢ぴーは痛がるし、後始末も大変だし、痩せちゃうし、本当に心配になりますよね…。
でも、食欲があるだけ救いですね!!
おからさんも、動物病院に連れて行ったりと大変でしょうが、この気候ですから無理しすぎないようにして下さいね。
せめて、気候だけでも早く安定して欲しいものですね!

(。・"・。)ノ バンワ♪

是非是非、紹介して下さい。
何通りもの使い方が出来て、便利だと思います。

うちは1.5kgなので一番小さいサイズでも大きかったのですが、体長は充分家庭でも調整(お直し)できます。
胴回りも、マジックテープでかなり調整が効きました。
生地も、ソフトだけど丈夫なので、私は良いお品だと思いました。

外にポケットでもつければ、冬はカイロ・夏は保冷剤を入れれて便利かなと思います。

★ k-maruさんへ

使用感もコメントして下さって、ありがとうございます!
使用感を含め、記事にUPさせて頂きますね。

サイズも調節しやすいとなると、痩せてしまった時にも対応できて、ありがたいですよね。
あすかも、オムツカバーなどは痩せてしまって、2サイズも落ちてしまったので買いなおし、買いなおしで大変でした。
海外の製品だと、きっともっと良い物がありそうですよね。
日本でも、もうちょっと使い勝手の良い商品を発売して欲しいものですよね☆

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク