老犬あすかの介護生活&みかん日記手作りごはんへ変更の巻。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

手作りごはんへ変更の巻。

だいぶ前から、ドッグフードから手作り食に切り換えようかどうしようか悩んでました…。
あすかのごはんは、ドッグフードをベースにここまできて、毛並みも良いし、これで内臓の数値も結構安定してます。

ただ、ドッグフードが添加物いっぱいなのは分かってたんですよね…。
それに、ここのところの原材料の高騰の影響なのか、ドッグフードも質が落ちている気がして…。
ウェットの方は、量を変えずに油を増やしてる感じがするし、ドライの方も前と香りが変わったような?

気のせいかもしれませんが、ウェットの方はリニューアルという形でパッケージも名前も少しだけ変わりましたが、前のバージョンのが残っていたので比べてみたら、香りも油の量も明らかに違いました。
そんな事もあったしここのところ、色々な本を読んでいるので、やっぱり変えた方が良いのかなぁと…。

ドッグフードにパンやら卵の黄身をトッピングしたりはあったのですが、それぐらいで食いつきは物凄く良いし、変に手作りに変えたら数値が上がっちゃうんじゃないか…とか、もう寝たきりでかなり消化が良い食べ物じゃないとダメだし、かと言って流動食だとゆるすぎで、そこら辺の加減も難しいし…。(あんまりゆるすぎても栄養を吸収せずにそのまま出てきちゃう事があると獣医さんに教えてもらいました)

でも、数値が上がっても今となってはおいしいものを食べる方を優先した方があすかも幸せなのかなぁとか。
とにかく悩みどころが多くて、迷ってたのですが思い切って様子を見ながら、少しずつ始める事にしました。

いきなり代えてはダメらしいので、お肉をゆでてちょっとトッピングしたり、お肉のゆで汁を入れたり、野菜を茹でて細かくして混ぜ込んだり。
あ~~~~、全然香りが違う!!
これならあすかも喜ぶでしょ!!と自身満々にあげてみると、

「これは何ですか?????」

とものすご~~~~く不思議な顔をされちゃいました。。。
両手がふさがるので、写真は撮れませんでした。残念…。
ウマいのか、まずいのか、サッパリ分からんです。
とりあえず、全部食べたので嫌いじゃないみたい。

意を決して2回目!!
食べさせると、力がふにゃ~と抜けて首がどんどん後ろにのけぞって…。
またのどに詰まらせたのか!!と思い、あすか!!あすか!!と叫んだら………寝てただけでした。。。
普通に起きてたのに、物凄く眠かったらしく1口食べたら眠っちゃったみたいです。

たまに、ごはんを食べた直後に眠るって事もよくあったので、不思議な犬ちゃんです。
特に果物系の時が眠る率が高かったり。
口に含んだだけで、満足して寝ちゃうのかなぁ…。
その後、目を覚ましたので食べさせたのですが、完食したけどうまいかまずいか分からず…。

完食しても、もう自分では食べられないので強制給餌だから、強制完食って事なんですよね。
うんちっち君も問題ないので、何日かちょいちょい食材を代えてトッピングしてるけど、目のキラキラがないからまだビックリモードなのかなぁ。

ちなみに、スイカとかメロンの一番おいしいところを潰してジュースにしてシリンジであげると、もう目の輝きがキラキラキラキラ
ものすご~~く果物が好きらしいです。
それぐらいの顔してくれるかなぁなんて思ったから、ちょっと意外でしたー。

手作りごはん3

食べさせてる途中ではっ!と気が付いて写真を撮ったのでとっちらかってますが、いつものドックフードとパンと卵の黄身をベースに茹でた余りものの牛肉を少しと茹でた大根とトウモロコシを少しずつ。
栄養過多かな!?余り物を適当にトッピングなので、やっぱり偏っちゃうかな。
腎臓、肝臓の数値も気になるから、やっぱりもうちょっと勉強しないと。
んー難しいです。

まぁ、始めたばかりなので気長に挑戦してみます。
ネットでちょいちょい調べつつの知識ぐらいしかないので、これからお勉強していかないと!
ごはんの変更の経過報告もこれから少しずつしていこうかと思うので、何か手作りご飯でお勧めのやり方とかトッピングがあったら、教えて下さいねー!


餌やり

前に撮ったごはんを食べてる時のあすかです。
少し口に入れてあげるごとに、お鼻にちゅ~
一回のごはんで何回ちゅ~してんのよ!!ってあすかに怒られてそうな、うざい飼い主です(笑)










スポンサードリンク

コメント

あすかちゃん、ごはんおいしかったのかな?
すいかとメロンは大大v-238大好物だからキラキラなんですね。
好物くらいになってくれるといいですね。

ドッグフード、質が落ちていたら困りますね。
うちもドッグフード悩みましたよ。
すっごく食いつきがよいものを食べさせると下痢したり・・。
でも食べられる時に好きな物をもっと一杯食べさせてあげればよかったと思ったりもします。

あすかちゃん、眠いけど一杯食べてね。




★ すももさんへ

ごはんがおいしいのか、おいしくないのか、私でもほとんど分からないぐらいの表情の変化しか表してくれないし、お腹が空いてる、空いてないでもかなり違うみたいなので判断がとっても難しいです。

本当に美味しいときは、お目目がキラキラなので分かりやすい!
なので相当果物は大好きなんだと思います。

ドッグフード悩みますよね。
でも、調べてみると本当に賛否両論でドッグフードを勧めている獣医師もいるとか。
ただ、たまたま今日立ち読みした本の中には、ドッグフードは食い付きを良くするような添加物や人工の食いつきを良くするものが加えられているとか。

あすかもここまでほとんどドッグフードできているので、変えていく事でどういう変化が出るのか、ちょっと不安です。
バランスの事もあるし、これは本当に悩みどころですよね。
おいしいものは身体に悪いって言いますしね。
とりあえず、様子を見ながら少しずつ、少しずつ試していこうかと思ってます。
でも、すでにちょっと太った気がしてたり。
今度、ビフォー、アフターの写真もUPしますね♪

★ こんばんわ‼

あらまっ、
大好きなメロン・スイカとは違った反応なんですね。

「これは何ですか?????」に(爆)
そうですよねー。
今までとは違った物が出てきたから、i-84がテンになちゃったんですね。

手作りご飯って難しいですね。
栄養不足も過多もダメ。
数値をあげてしまう食品もNG
で、お腹を壊さない物・・・・・・・・・・・etc

う~ん。悩みます。
だから、うらんもトッピングだけです、今は。
卵の黄身は、ウハウハ言いながら食べます
あと最近、自然食で無添加のカリカリにかえました。

ご飯を食べながら寝てしまうあすかちゃん、超可愛いi-233
人間の赤ちゃんもビデオなんかでよく撮られてますよね。
でも、お姉たんをあまりビックリさせちゃだめよん。
寝る時は、軽くウィンクi-236でもして、合図してあげてねー!!
なんつって。

食事、大変ですよね。
我が家では、タンパク源は小さい鰯かササミ、野菜はキャベツかブロッコリーです。
これを水から煮て(水は多めで)ドックフード(関節サポートタイプ)と混ぜてあげています。
病院の先生にすごくバランスが良いですといわれました。
キャベツは、胃にいいのでお勧めだそうです。他はブロッコリー、カリフラワー、アスパラガスが良いようです。
お肉は、老犬には脂の少ないササミにするように指示がありました。
内臓の為だそうです。
他には、脳のために少しの糖分も必要だそうです。
先生に話を聞くまでは、1度も甘いものをあげたこと無かったので、菓子パンを少しあげてみたら食いつくように食べてくれました。

でも、私も喜んで食べてくれたらそれが1番だと思います。

あすかちゃん、すいかさん、こんばんは。
なるほど~。ドッグフードの質が落ちてるのかもしれないんですね。
それでうちの花子もおなか壊したのかもしれません。
(会社でアキのご飯を盗み食いしておなか壊した 笑)
食べすぎもあるけど、あれぐらいで・・とも思ったんです。

手作り食ですが、ここのサイトが参考になるかも・・です。
時間があるときにでも見てくださいね。

http://www.q-fukuoka.com/angelpet/food01/index.html

愛情いっぱいの手作り食であすかちゃんも元気いっぱいになりますように♪

こんばんは。手作り食を始められたんですね。
うちもご飯とおやつはいつも手作りです^^

パンは塩分が心配なので、なるべくならお粥のほうがよろしいかと思います。
ご飯は犬にとってあまり消化によいものではないので、うちでは粉状になっているお米を使っています。 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/lima/0336.html

もし私があすかちゃんにご飯を作るとしたら、こんなレシピにしてみます^^

①おだし用(1種類くらい)
少量のかつおぶし、トロロコンブ、にぼしなど。

②メインのたんぱく質(1~2種類)
牛肉の赤身、鳥のささみ、胸肉、豚の赤身、ラム、馬肉など
アジ、サンマ、ブリ、マグロ、カツオなど
(脂身の少ない部位じゃないと下痢をする可能性があります。また、レバーなどの内臓系も合わない子は下痢をする可能性があるため控えたほうがいいかもしれません。小ぶりの魚は重金属を気にせず食べさせてもよいと思いますが、マグロやカツオなどの汚染が気になる魚は月1くらいのほうがよいと思います。)

③緑黄色野菜(淡色野菜と同量程度が望ましいと思います。)
にんじん、ピーマン、トマト、ほうれん草など

④淡色野菜(緑黄色野菜と同量程度が望ましいと思います。)
キャベツ、かぶ、大根、白菜など

⑤キノコ類(1~2種類)
えのき、マイタケ、しめじなど
(キノコ類は免疫力アップのため、毎食食べたほうがよいと思います。
出汁に栄養が溶け出すため、キノコを煮た汁で粥を作るとよいと思います。)

⑥海草類(1~2種類)
ワカメ、こんぶ、ひじき、もずく、海苔など

⑦炭水化物(1~2種類)
白米、玄米(あげておられる方も多いですが、粉状のもの以外は私はオススメしません。)じゃがいも、サツマイモなど

野菜やお肉類をフードプロセッサーで細かくし、これらの材料でおじやをつくります。
野菜などに火が通ったら、それらを再度フードプロセッサーで粒がなくなるくらいまでドロドロに粉砕したほうが食べやすいかと思います。

私は加熱食と生食を交互に与えていますが、生食は移行に時間がかかるので、あすかちゃんには向いていないかもしれません。
ですので、あすかちゃんには液状の酵素がよいと思います。
http://www.rakuten.co.jp/kusurinoq3/596502/668972/#544912
うちの子たちにも与えていますが、ほんのり甘く、大好きです^^
スイカやメロンのおいしさには負けるかもしれませんが(笑)
こちらに詳しい説明があります。
http://www.super-wannyan.net/data/3dai-2.htm

長々とすみませんでした。

少しでもお役に立てましたら幸いです。




★ おからさんへ

この間、梨をジュースにしてあげたら、やっぱりお目目をキラキラさせてましたi-189
でも、やっぱり一番大好きなのはスイカかな。
もっとくれ、もっとくれ!!的な目をするので、昔から食べてるだけに一番なんでしょうね♪

手作り、本当に難しいですよね。
手間もかかるし、お金もかかるし、その辺の兼ね合いもあるのでしばらくは様子を見ながら試行錯誤って感じになりそうです。

あすかも、卵の黄身は大好きで入れると入れないとではやっぱり顔付きが違うかな。
でも、やっぱり老犬から変えるとなると、余計に難しいなーって。
この状態だと、良い意味でも悪い意味でも常識では通じなそうな変化とかも起きそうで、本当に恐々試し見てる感じです。

あすかは、食べながら寝ちゃうなんて本当に赤ちゃんみたいですよね。
のどに詰まらせながら眠っちゃわないかドキドキですが、やっぱりこんな姿もかわいいな~なんて。
でも、「寝るねi-236」なんてウィンクされちゃったら、あまりのかわいさに、ちゅ~攻撃で起こしちゃいますよねi-175
どっちにしろかわいいんじゃん!ってまた突っ込まれてしまいそうですが(笑)

★ みもざさんへ

やっぱり、フードは色々と工夫されてるのですねー。
とっても参考になるので、...ψ(。。)メモメモ...

獣医さんのお墨付きだったら、間違いないですよね!
確かに、前に病院で食事の事を話していたら、野菜が足りないかも的な事を言われたんですが、その時は食事を変えられるような身体の状況じゃなかったので、そのまま忘れてました…。

良くなってから、もう一度ちゃんと相談すべきでした。
甘いものも必要だとは私も知りませんでした。
果物が好きなので、時々あげていたのですが、それはそれで良かったのかもしれないですね。

それでも、何よりわんこがおいしそうに食べてくれるのが一番ですよね!
ロンちゃんも大好きなパンをほおばってる姿が目に浮かぶようです♪

★ こぐまさんへ

ありゃ~花子ちゃんお腹を壊しちゃったんですね~。
あすかは、色々トッピングしても見事なうんちっちなんですけど、今日は私がお腹を壊してました…。。。
ただの食べすぎなんですが…。
花子ちゃんとおそろいですねi-175

さっそく、お勧めのサイトを見てきました。
なるほど~と思いながら...ψ(。。)メモメモ...
まだ本当になんとなくの知識でしかないうちに始めてしまったので、かなり勉強になります。
老犬バージョンもあるので、安心して実行できそうです。

いや~、本当に皆さんお詳しくてビックリです。
あすかも内臓が強いので、今までそこまで気にしなかったからかわいそうだったなーって。
あんまりおいしい物ばかり食べさせて、太らせすぎないようにしないと!ですねi-179

★ みっちさんへ

いや~みっちさんは、本当にお詳しいんですね~。
専門家?と思うぐらいのお詳しさなので、本当に参考になります!!
みっちさんのコメントだけで、かなり濃い内容の記事になってしまいそうですね!

あすかは、この状態なのでなかなか完全移行とまではいかないかもしれないですが、様子を見つつ好みもあるでしょうし、ゆっくりゆっくりやっていこうかと思います。
老犬だと、どんな変化が出るか分からないので、怖い部分も大きいんですよね。

若い頃から、ちゃんとやってあげてらば良かったな~って後悔の日々です。
その分、今色々やってあげたら。とも思ってます。

コメントもしっかりコピペして、プリントアウトしたので、参考にして少しずつ取り入れていこうかと思います。
とても詳しく説明して頂いてありがとうございました!
本当に、みっちさんの知識だけで豊富な情報量のブログが1つ成立しそうなぐらいですよね!

手作り食、始められたんですね。
介護しながらは大変だと思います。
無理のないように続けてくださいね。
私はうちのシニアーズがまだ若い頃に
食事を変えただけで見違えるようになったのを
目の当たりにしているので、他の何よりも
食事は大事だと思っています。
あすかちゃん、おいしいもの、これからも
たくさん食べさせてもらって長生きしてね。

★ ミスママさんへ

まだ、手作り食とは言えるようなごはんではないですが、少しずつ取り入れていこうかなぁと思ってます。
少し混ぜているだけでも全然違うらしく、今までどうやっても増えにくかった体重が少し増えたようです。
それでも、内臓の数値の関係もあるので、バランスを考えるのが一番難しいのですが、焦らずあすかが喜ぶ程度にやっていけたらなぁって思ってます。

ミスママさんの経験談も始めようかと思ったきっかけの1つでもあります。
やはり毎日口にするものなので、食事は本当に大事ですよね。
あまりあすかにも負担がかかりすぎない程度に美味しいものを食べさせてあげたいです♪

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク