老犬あすかの介護生活&みかん日記『うちの犬そろそろトシかしら』の感想。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







スポンサードリンク

『うちの犬そろそろトシかしら』の感想。

今回は、『うちの犬そろそろトシかしら 老犬との暮らし方ガイド』 著 ごしまれいこ、植松 一良 の感想を書きたいと思います。





うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
↓↓↓詳しい説明はこちら
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド





動物訓練士のごしまれいこさんが、沢山の犬に触れてきた経験を生かして老犬との暮らし方のヒントを書いています。
この本は、訓練士の方が書いているだけあって、訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違う感じでした。

基本や、やってはいけないことを羅列するばかりではなく、犬にとって本当に何が一番良いのかと言う事を自由すぎるぐらい自由にに書かれていますが、その後にしっかりと獣医師の補足が入るので、どちらからの観点も分かって納得できます。

大型犬や多頭飼いの老犬の事も情報量が他と比べて多いと思います。
例えば、先にいた犬、後から来た犬、の両方の気持ちを考えつつどのように接したり、リーダーだった犬が老いて弱った時、どう対処すれば良いかなど。
多分、他の本ではここまで細かく大型犬や多頭飼いについては説明されていないかと思います。
(経験談もとても参考になると思います。)



・いつかくる老犬生活に向けて、若いうちからやっておいた方が良いこと→お世話、食、病院、お金の心得


・老化のサイン→訓練士さんが書いているだけあって、老化のサイン+細かな気配りがありました。
例えば、目が見えなくなった時の接し方や配慮など、なるほど!と思いながら読んでいました。


・老犬との生活心得、気持ちの持ち方、多頭飼いの場合の注意点、ドックフードの疑問点、どれもマニュアル的な内容ではなく、参考になります。


・実際に使用しているお勧めの物や、こんなやり方もあるんだ!?と言うような工夫もありました。
生活する上での犬の専門知識が豊富です。


・お散歩に持っていくといいもの→これもかなり参考になりました


・ケア法→使用するグッツも犬専用や動物病院に売っている物ではなく、薬局で簡単に手に入るものなどでのケアの方法を紹介しているので、すぐにでも始められます。
安全性については、獣医師の補足もあるので、安心して行えます。


・寝たきり犬のケア→床ずれ防止や手当て、寝返りのうたせ方、排泄のうながし方(専用の手作り道具の作り方もありました)、人間用オムツの利用法、飲食のさせ方
大型犬向けの情報もかなり多いので、大型犬を飼っている方にも参考になると思います。



・老犬の医療と健康管理→獣医師との対談形式なので、こんな時はこの病気に注意など、頭に入りやすいです。


・緊急時の人工呼吸のやり方


・実際介護された方々の生活がいくつか書かれていますが、オリジナルのケア法、接し方、気持ちの持ち方、などとにかく参考になります。
いつもそうですが、実際の方々のお話しは読み入ってしまうのですが、ちょぴっり泣いてしまいました。



手作りのケアグッツもイラストで紹介されています。

・下半身保護→くつしたや長袖シャツを使用したやり方

・足腰が弱ってきた時の補助→飼い主の体に負担がすくない吊りベルトの作り方
キャスター付き歩行補助の作り方(車椅子に近い感じです)→これはかなりのオリジナリティがあって、これを自分で作れるのがすごいです。

・寝たきり犬の為の寝床の作り方→うまく材料を揃えれば、そこそこ安く作れます。

・散歩用台車(カート)の作り方→大型犬用はホームセンターで揃えられるような材料で作る台車の作り方、小型犬や中型犬は代用となる物が紹介されています。

・円形サークルの作り方、担架の作り方など




全体的な感想ですが、かなり良かったです。
訓練士さんの犬への愛情あふれる視点での老犬との生活のアドバイスなので、他の本とはとらえ方や見方もだいぶ違うし、使用するケアグッツも身近に手に入る物で安価に揃えられるし、手作りグッツも経験での試行錯誤の上での物なので、かなりの工夫がされています。

2001年に出版された本なので、この頃はもしかしたら犬の介護グッツもほとんどない頃だったから、ここまで考え抜かれて手作りグッツを作られたんではないかと思います。

他の内容的にも、若い頃からやっておいた方が良い事が、やはり経験の上でのやり方なので、老犬になってからでなくても、犬を飼い始めた人、若い犬を飼っている人にも是非読んで欲しい内容だと思います。
あすかが若い頃に読んでいれば…と本当に思います。
他にも、犬そだてシリーズも3冊出ているようなので、もし若い犬を飼う事があれば、そちらを読んでから飼いたいと思うぐらいです。

内容的には、ほとんど文章ですが参考になる事がかなり多いので、中身はとても濃いと思います。
オリジナリティ溢れる、マニュアルのようなものばかりの本ではないので、特にお勧めの本だと思います。



※あくまで私が読んだ上で思ったこと、感じたことを中心に書いているので、人によっては違う感想を持たれる場合もあると思いますので、完全に鵜呑みにせず参考程度にして下さい。





今日のあすか









大好きな、大好きな、大好きな、大好きなお鼻をしつこいぐらい、いぢり倒し、ぶいぶい触り、それを動画に録る!!
ひどい飼い主ですね
だから、お鼻の上がハゲハゲになっちゃうのかな~??

最近、動画にはまっちゃってます!










スポンサードリンク

コメント

本、早速注文しちゃいました(^-^)。
ウチには今、4歳と3歳の小型犬がいますが、若い時にしておいた方がいいこととかがあればしておきたいので『老犬』に関する本も何冊か持っているんですがこの本は知りませんでした。アリガトウゴザイマス♪
でも今ふと気がついたのですが、『犬の老い』だけではなく『自分のアンチエイジング』も考えなくちゃ…と。アラヤダ(^-^)

老犬の本も今はたくさんありますね。
私もコルトの時は後手後手にならないように今から少しづつ
勉強していこうと思っています。
すいかさんの本の紹介が役立ちそう。。。。
最近読んだのは「犬の老いじたく」です。
10歳くらいのワンコの今から出来る事が書いてあり役立ちそうです。

私もル-キ-の顔の匂い、特に耳と耳の間の匂いと手触りが大好きでした♡
今でもそこの毛は少しですが大事にとってあります。

それからブログリンクさせていただいてもよろしいですか?

画像のあすかちゃんもかわゆいけど、動くとまた格別ですなぁ~( ̄▽ ̄*)
あすかちゃんがぐじゃぐじゃにされながら、お口がぽこぽこ言ってるのがかわえぇ~( ̄▽ ̄*)
ぽこぽこ・・・ぺちょっぺちょ・・・
ふっふっふ ちゃんと音量MA~Xにして聞きましたから~v-221
でもちょっと迷惑そう??笑

★ こんばんわ!

>あすかちゃんを「いぢり倒し、ぶいぶい触り、それを動画に録る!!」

おかげで、動くあすかちゃんを見れて とっても嬉しいですヽ(^o^)丿
きっと、あすかちゃんもいい刺激になってますよね・・・

この本、興味あります
1回、立ち読みしてみよーかな。
あるといいんですが…

★ ポメラニアンファンさんへ

早速注文なさったのですね!
ご期待に添える内容だと良いのですが、だいたい老犬の本って同じような事しか書いてないので、この本はちょっと個性的だと思います。

今から老後の事を考えて、「若いうちからしておいた方が良い事」を意識なさってるなんて、本当にすごいです。
飼い主さんの鑑ですねi-189
2匹のわんこちゃん達は、ポメラニアンファンさんに出会えて幸せわんこだな☆

私なんて、老後の事など全く考えてなかったので、今となって反省する事ばかりだったりしてます。
やはり、「準備」は絶対にしておいた方が良いですしね。

ただ、私も自分のアンチエイジングは……。。。
介護が始まってから、特に老けちゃったし、今からでも自分のお手入れもしなきゃですねi-229

★ カルコさんへ

本って、知識が沢山詰まっているから、何かを知りたい、勉強したいって思う時にはとても役立ちますよね。
私も、最近になってかなり老犬本を読み漁ってますが、正直当たり外れも多くて、この本は内容が薄いな…。と思いつつ読んでる事も多いです。

読んで、まだレビューをUPしてない本が沢山あるのですが、いまいちな本はUPして良いものか迷いますが、それはそれで見た人が買うか買わないかの参考にしてくれるかもしれないので、やっぱりUPしようかな~なんて思ってます。
私的な目線ですが、この本は当たりだと思います。

ただ、犬に対しての考え方の違いもあるので、読む人によってはいまいちと思うかもしれないですね。
「犬の老いじたく」は、まだ読んでないのですが、なかなか良さそうですね♪
私も、今度読んでみますね!

わんこの顔の匂いっていいですよね!
私も、ほっぺとか耳とかお鼻とかしょっちゅうスリスリしながら、ついでに匂いも嗅いでます。
あんまり匂いを嗅ぎすぎて、たまに自分が犬じゃないかって思うぐらいです(笑)

ブログのリンク、OKですよ♪
もちろん、こちらも相互リンクでお願いします☆
今度、カルコさんのブログにも遊びに行かせて頂きますねi-179

★ KIKI AMBERさんへ

ありゃ、ぺちゃぺちゃの音聞こえちゃいましたか!
実は、あのぺちゃぺちゃは「喉が渇いたからお水をおくれ~」って言ってるぺちゃぺちゃなんです。
でも、いぢるとかわいいのでおあずけ~~と思いながら、しつこすぎるぐらいいぢくり倒してます(笑)

ちなみに、あすかは完全に迷惑がってます。。。
その時の仕草がまた私のツボをついてくれちゃうんですよね~。
本当に悪い飼い主ですよねi-278
旦那さんにも、お鼻いぢりをしてるのを見られると、かわいそ~なんて言われちゃったり。
お鼻いぢりは止められないけど、ほどほどにしときますi-237

★ おからさんへ

おからさん、こんばんは!

しつこすぎて、かなり嫌がられてるので、変な刺激になってないと良いのですが、どうしてもお鼻いぢりが大好きなので、止められないんですよね。
動画だと、私の悪っぷりもバレちゃいますね(笑)
変態宣言と言い、どんどん本性が出てきちゃってますね…。。。

この本は、ちょっと古めの本なので、本屋さんではあまり見かけないかもしれないです。
内容も2001年に出版なので、少し古いかなって印象もありますが、その分何も無い中での苦肉の策での工夫なので、オリジナリティとしては他の本よりあるかもしれないです。
古めの本は、図書館に置いてある事が多いですが、図書館って近場にあれば便利だけれど、遠いとほとんど行けませんよね。

しかも、介護中だと行くのはなかなかきびしかったり。
でも、たま~に本屋さんでも、古い本なのによく置いてあるな。なんて事もたまにあるので、覗いてみると良いかもしれないですね。

意外と、老犬の本ってちょっと古めぐらいの方がマニュアル化されてなくて、オリジナリティがあるし、読み応えもある気がします。

拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!

★ サトシさんへ

サトシさん、いつも応援ありがとうございます♪

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。