老犬あすかの介護生活&みかん日記犬用のミルク。~食欲がないときに~

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

犬用のミルク。~食欲がないときに~

あすかは大好きな食べ物がいっぱいありますが、その中でも牛乳が大大大大好きです。
ごはんに牛乳を混ぜると、食欲が増してよく食べてくれます。
病気のとき、あすかの犬生で初めての食欲不信になりました。
そんな時も、牛乳を混ぜると食い付きが少し違ったので、よっぽど好きなんだと思います

でも、犬に牛乳を飲ませてはいけないって言いますよね。
せっかくなので、なぜ飲ませてはいけないのか調べてみました。

犬は幼犬の時期を除いて、牛乳に含まれる「乳糖」を分解をしにくいらしいです。
牛乳に含まれる乳糖はラクターゼと言う分解酵素によって消化されますが、個体差もありますが、特に犬は成長するにしたがってその酵素が減少していき、充分にないため軟便・下痢を引き起こしやすいようです。

ある研究によれば、体重1kg当たり20ml以上の牛乳を飲ませると下痢をすると言われていますが、個体差があり、大量に飲んでも平気な犬もいれば、少量の牛乳でも下痢になってしまう事があるようです。

あすかは病気をする前は下痢をすることもなく、ごはんに混ぜて与えていたので平気でしたが、前庭疾患後は、原因不明の腹痛を起こすようになったので、犬用の粉ミルクに切り換えました。
牛乳が原因ではないと思いますが、獣医さんにもできれば犬用を飲ませた方が良いと勧められたので、切り換えることにしました。



ワンラック ドッグメンテナンスミルク
↓↓↓詳しい説明はこちら
ワンラック ドッグメンテナンスミルク



あすかに与えている粉ミルクです。
さすがに人間の飲む牛乳と比べたら、味も香りも違うようですが安心してあげられるし、栄養バランスも良いようなので続けています。
食いつき感としては、やはり人間用の牛乳には劣る気はしますが安心なので犬用を与えてます。

あすかはすっかり赤ちゃん犬みたいなのに、粉ミルクまであげていると本当に子犬のようですよね。
他のわんこにも好みはあると思いますが、あすかは本当にミルクが好きで、薬の飲ませ方。~その1~でも紹介したペットの牛乳inゼリーも大好きです。
スイカを食べる時と同じで、まるで顔付きが変わります。



病気で食欲がなくなった時、ミルクを混ぜたり、少しでも食べてくれるように試行錯誤して工夫しましたが、前庭疾患中に本当に助けられたのはこのチューブ状の栄養剤でした。





↓↓↓詳しい説明はこちら
Virbac ニュートリプラスゲル (総合栄養食) 120.5g



動物病院から処方されたのですが、体重に合わせて何センチか口に入れ舐めてさせるように与えるだけで、ほとんどの栄養素が補われます。
前庭疾患で、車酔い状態のお目目くるくる状態が続いた為、何を食べても気持ちが悪かったらしく、もどしてしまったり、口に入れても食べてくれなかったので、一番症状がひどい時を乗り切るのに大活躍してくれました。

もちろん、これのみでは栄養素を補っているだけなので、補いきれないし体重もどんどん減少しますので、病中の一時を乗り切るような時や小食なわんこの栄養素を補うのに向いているかと思います。

老犬の食欲って、飼い主にとっては心配の元ですよね。
あすかは、薬の作用もあってよく食べてくれますが、毎日ごはんをあげながら今日はちゃんと食べてくれた。と思ってホッとします。
少し食欲が落ちただけで、物凄く心配になります。

あまりに腹痛がひどい時は、食事を与えられなくて1食抜くということもよくあるのし、1食抜いただけで目に見えて痩せるので、食欲はいつも気になります。

わんこがおいしそうにごはんを食べてくれる事が、老犬介護をする私達にとっては最高の喜びですよね(^-^)


※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

コメント

★ こんばんわ‼

あすかちゃん、ミルクも好きなんですね・・・☆

この間、食欲がない時に子犬用のミルクをあげてみたんです、うらんに。
でも、飲んでくれなかったんですよねーi-240
キライなのかな?
『ガキんちょの飲み物なんか飲めないぜぇ~~』
って感じだったのでしょうか?(手のかかるガキんちょのくせにi-278)

で、その後“ヤギミルク“を買ってみました。
まだ与えてないんですけど・・・(~_~;)
(お腹の調子があまり良くなかった時が続いたので)

あすかちゃんは、成犬から老犬用のなんですね。
やっぱり、人間の方がおいしく出来てるのかな~!?

「ニュートリプラスゲル」は、以前勤めていたペットショップの子犬達にも使用していました。
生後50~60日で、母犬から放されてしまうんですものね・・・
かわいそうな事をしてました。
そういうのも辛くて、その後 トリミング専門店に移動したんですけども。
って、関係ナイ事を書いてしまって、スミマセン。

老犬になると たった1食でも抜くとスコンッって体重や体力が落ちてしまいますよねi-238

<わんこがおいしそうにごはんを食べてくれる事が、老犬介護をする私達にとっては最高の喜びですよね(^-^)>
ホント、そう思います♪

すいかさん、本当にいろいろ勉強されていますね。
手作り食にも工夫されていて。私なんかドライのフードを食べてくれるようにと
肉や魚を混ぜてやっていただけなので。
うちの獣医さんがドッグフード中心の考えだったこともあるのですが・・・
ムクも牛乳は好きで飲ませていたのですが、獣医さんによくないといわれました。
下痢をすることがあるのもそうですが、アレルギーがでる場合があるそうです。
でもおいしそうに飲むのを見ると、少しだけならと思いやってしまいました。
すいかさんの 今日はちゃんと食べてくれた。とほっとする気持ち、とーーーてもよく分かります。
私もムクがちゃんと食べてくれたときは「ああよかった」と思い「えらいね~~」てほめていました。
若いときは食べることは普通だったけど、老犬になると食べてくれることが喜びになりますね。
食べてくれることに一喜一憂していましたもの。

私は飲ませたことがないのですが やぎみるく を飲ませている飼い主さんも多いようですね。
あすかちゃん、最近お腹の痛いのはどうですか?

★ おからさんへ

うらんちゃん、ミルクゼリーもダメだったからミルク嫌いなのかなぁ?
でも、それはそれでなんだかかわいいですね。
あすかは、与えれば与えるだけ食べたり飲んだりしてしまうので、そこら辺の節操が全くないです!

好みはあるみたいだけど、嫌なのは苦いお薬ぐらいかなぁ。
若い頃は、スーパーから帰ってくる近所のおばさんに、チーズやら色々もらってましたしね。
本当に節操がなさすぎてお恥ずかしいです…。

ヤギミルク!忘れてました…。
そうですよね、飲ませてる方結構いますよね。
あすかには試した事がないのですが、栄養価が高いって言いますよね!
うらんちゃんが飲んでくれたら、是非感想を聞かせて下さいね。

生後50~60日で、お母さんと引き離されてニュートリプラスゲルですか…。
それはかわいそすぎますね…。
私も、動物関係の仕事に就いてみたいと思ってたのですが、多分内情は動物好きには辛いんだろうな…。と思って、敢えて選びませんでした。
でも、やっぱり動物関係の仕事はいつかしてみたいって思ってしまいますね。

老犬って1食抜いてしまうと、こんなに!?って思うぐらい体重落ちますよね。
あすかも、1食抜くと顔がゲッソリするので、抜かなければいけない時はちょっと辛いです。
老犬の1食って本当に重要ですよね!

★ ムクさんへ

私も、手作り食とは程遠くて、ムクさんと同じようなドッグフードに少し食材を混ぜる程度です。
前はパンと卵と犬用ミルクを混ぜるぐらいだったので、今はそれにちょこっと足す程度なので、手作り食とはまだまだ程遠いです…。
他の皆さんが、こんなに手作りをしてるなんてブログを始めて色々調べるようになってから始めて知ったぐらいですしね。

意外とドッグフード派の獣医さんって多いみたいですね。
添加物は確かに気になるけれど、やっぱり栄養バランスは良いからなのかな。
牛乳はアレルギーが出てしまう事もあるんですねぇ。
もうここまでくると、人間とほとんど変わりませんね。
今の小さい子は本当にアレルギーが多いみたいだし、やっぱりそれだけ人間も犬も添加物を摂取してるからかもしれませんね。

老犬の食欲って本当に気になりますよね。
私も食べ終わるごとに毎回ムクさんと同じように褒めてます。
まさに一喜一憂って言葉がピッタリ当てはまる感じですよね。
老犬の食欲とうんち、おしっこの出とか毎日褒めてあげたくなるぐらい気になりますよね。

あすかのお腹の調子はやっぱり相変わらずですね…。
夜中にいつもおならをぶーぶーするんですよね。
でも下痢はしないし、お腹がただゴロゴロ言って痛いだけみたいなので、本当に不思議です。
ぶーぶーするとちょっと痛みが治まったり。

かわいそうなんだけれど、犬のおならってちょっとかわいいですよね。

わんちゃん、ミルク好きですよね。
モモも大好きでした。
昔は知らずに、牛乳やヨーグルトあげてました。
やぎミルクを知ったのは、やはり最近で試せなかったですが、
あすかちゃんのミルクもよさそうですね。
いろんなのあるんだー。
モモは、最期のほうお水飲みのをいやがって
(まだ自分で飲めた頃です)、
スキムミルクをほんの少しだけ溶かすと、飲むんです。
体には悪かったかもしれませんが、
とにかく水分とってもらわなきゃっと思って。
こんなとき、あすかちゃんのミルク知ってればなー。残念。

モモもよくおならしてました。
おならしても「知らん顔」ですましてまいた(笑)
あすかちゃんもそうかな?

すいかと牛乳が大大大好きなあすかちゃん、こんにちは♪
顔つきがかわってしまうほど好きなんだねぇ。
あ~その嬉しそうなお顔みてみたいわぁ( ̄▽ ̄*)
お鼻ちゅーちゅーくらいじゃすまないカモ・・・
こねくりまわして、ぶーぶー言われて
ちゅーちゅーして・・・(妄想中)

土日の手作りご飯の日記、すごく参考になりましたよ!
みなさんのコメントも自分のかわいいわんこのため・・・という感じのアドバイスで、
すいかさんとあすかちゃんはみんなに愛されてるんだなぁと感じました。
『私があすかちゃんにご飯を作るとしたら・・・』というコメントに泣きそうになりましたもん。
私も手作り食に興味を持ち始めたところだったので、
アドバイスはできませんが参考にさせてもらいたいと思います。

あすかちゃんも手作りを試し始めてから、ふっくらしてきたんだね。
自然なものがやっぱりいいんだね。
人間だってレトルトなどの加工食品ばかりで、新鮮なものを食べないと
どこかに不具合がでてきそうだし。
気持ちのうえでも、身体にやさしいものたべてるな~って思うし。
手作りはすごく大事ですね。

★ すももさんへ

ミルク好きのわんこって本当に多いですよね。
家もなんとなく牛乳はあげちゃいけないって知ってましたが、量も少量ですし、悪い症状は何もでなかったので、ずーっとあげちゃってました。

良いのか悪いのか、詳しくは分からないですが、意外とスキムミルクをあげている人もいるみたいですよ~。
話したりしてる時にそんな事を言ってる飼い主さんもいました。
私も犬用を知ったのは、介護が始まってからだったので、もっと早く知ってればな~って。
ホームセンターでもたまに売ってますが、子犬用ばかりでなかなか他の種類は置いてないんですよね。

あすかのおならは、なかなかすごいです!!
もちろん常に知らん顔!!物凄くくっさい時もあるし、臭くてもなんだかおちゃめでかわいいんですよね。
外犬だったので老犬になってから知った事っていっぱいあるけど、どれもこれもおちゃめでかわいい事って多いです☆

★ KIKI AMBER さんへ

KIKI AMBERさんもなかなかの妄想族ですね!!
私もかなりの妄想族なので、あちらこちらのブログ中にいるわんこ達とたわむれたり、がしがし撫で回したり、ちゅ~ちゅ~しまくったり、ムツゴロウさん状態になったり、妄想の中で遊んでます♪
もちろん、KIKI AMBERさんのポメちゃん達やぺぺおじさんとも♪

みなさんの手作り食へのアドバイス、本当に詳しく説明してくれて、感謝感謝です!
成犬のための手作り食はよくあるのですが、老犬のためというのは少ないので、経験者からのアドバイスが一番参考になりますよね。

さすがに自然の食材は栄養価が高いのか、少しずつですがふっくらしてきました。
床ずれ防止にも、お肉がついていた方が良いので、もっとふとれ~なんてつぶやいてます。

でも、やっぱり老犬になってから移行するのはなかなか難しくて、様子見っていう言葉がピッタリなぐらいスローペースです。
若い頃からちゃんとしてあげれば良かったな~って後悔ですが、今からでも少しずつおいしいものを食べて欲しいな~って思います。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク