老犬あすかの介護生活&みかん日記蚊対策。~フィラリアとは~

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

蚊対策。~フィラリアとは~

この間、大きなペットショップに行ったのですが、時期的なこともありフィラリア予防の為の蚊対策コーナーが大きく作ってありました。





そんな訳でフィラリアについて調べてみました。



フィラリアとは、犬が蚊に刺されて感染する、心臓や肺動脈に寄生する寄生虫のことを言います。
犬から犬へ直接的に感染するものではなく、蚊を媒介として感染します。
フィラリアに感染した犬の血を吸った蚊に、犬が刺されてることによって感染します。

症状としては、咳をしたり、運動量が減って散歩の休憩が多くなったり、食欲が落ちたり、極端な体重の減少、皮膚病など。
症状が進行していると、血尿や呼吸困難が起きたりします。

対処としては、月一回投与する予防薬が多く使われています。
ただ、予防薬を使用する注意点としては、感染している犬に予防薬を飲ませてはダメだと言うことです。
感染している犬に飲ませた場合、寄生しているフィラリアが一気に死滅し、その死骸で心臓や肺動脈が詰まってしまうからです。

例えば、昨年の飲ませ忘れがある場合など、別に平気かな~と思って感染しているか検査をしないで飲ませてしまうと、飲ませていない期間がある為に感染率も高まっているので、とても危険です。
フィラリアの薬を飲ませていない期間が開いた場合は、検査をしてから飲ませる事が良いかと思います。

飲ませる期間としては、春から秋終わりぐらいです。
あすかも、春先に検査をしてだいたい12月近くまで飲ませています。
介護で家の中にずっといるとしても、蚊はあちこちから入り込んでくるので、予防は必要だと思います。





あすかも今では、すっかり家犬になってしまいましたが、ほんの2年前までは外犬だったので、蚊については色々と試していました。
薬を飲ませていても、気分的に蚊は近寄らせたくなかったし、何より自分が刺されるので色々と試しました。
まず、一番効くのがやはり一番原始的な蚊取り線香だと思います。








いくつか種類を試しましたが、試した中ではこれが一番長時間持った気がします。





↓↓↓詳しい説明はこちら
アースペット用アース渦巻きE 52巻 缶入り


今年は特にそうですが夏は突然の雷雨などが多いです。
いつも屋根がない場所に置いていたので、雨が降ってくると屋根の下に動かすなどの手間がちょっと面倒だったです。

それと、煙が出るものなので風向きによってはあすかに煙が直撃するのが気になって、なるべく遠めの場所に置いていたので、あすかの周りにいる蚊には効き目が薄かった気がします。










あすかの近くも対策をしよう!と思い火を使わないタイプを購入しました。




↓↓↓詳しい説明はこちら
ハヤシ 虫よけ安線香

薬用蚊取り安泉香



家の周りはあまりに蚊が多かったので、これも効いているんだか、いないんだかよく分からないけど、なるべく切らさないように置いていました。
他で大量に飛んでる割には、近くには1、2匹ぐらいしか飛んでなかったので、少しは効いていたのかなと思います。
ただこの商品は、開けた時の香りがちょっときついです。
私の場合は人より鼻がかなり利くので(犬並って噂です(笑))気分が悪くなるぐらいの香りでした。
家族に聞くと別に気にならないようだったので、私だけかな。

でも、あすかは平気な顔をしていたので、犬には大丈夫な香りなんだと思います。
香りは何日かすると治まります。
あまりきついと思う場合は、パッケージを半分ぐらいはがすだけにとどめておくのが良いかと思います。
風向きによっては、ものすごく減りが早いので気をつけて下さい。









大きなペットショップのコーナーに他の同じような商品が置いてありました。




↓↓↓詳しい説明はこちら
アース 虫よけ香 オレンジの香り

アース 虫よけ香 ミントハーブの香り

アース 虫よけ香 ラベンダーの香り

アース 虫よけ香 虫よけ&消臭 スカッシュミントの香り



見本で香りを確認しましたが、ラベンダーはトイレの香りっぽく感じたので、お勧めはオレンジの香りです。
グリーンもさわやかでしたが、断然オレンジの香りが良かったです。
スカッシュミントは新商品のようなので、香りを嗅いだ事はないですが、消臭成分が配合されていてパワーアップしているみたいです。

この虫よけは、使用した事がないですが、香りも強弱で調節できるしオレンジなら部屋の中に置いても、そこまで香りが気にならなそうだな~と思いました。
購入したかったのですが、他のものを買ってしまったので、予算オーバーの為買えませんでした。














↓↓↓詳しい説明はこちら
アース ネットで虫こない


こちらは、薬剤ネットで虫除けをするタイプです。
ゼリータイプではないので、雨の降る場所などでも使用できるので便利です。
吊り下げる事もできるので、外犬の火を使わない虫除けには向いているかもしません。








こんな商品も置いてありました。






↓↓↓詳しい説明はこちら
アース電子ノミとりホイホイ










icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ダニ捕りシート3枚組
icon


あすかのベットは長座布団だし、薬液を直接振り掛けないので体にも安心だし、これは欲しいな~と思って手を伸ばしたら、またまたかなりの予算オーバーだったので諦めました。
あすかのためにと思うと、買いたい物が尽きなくて本当に困ってしまいます。
しかも、老犬グッツはまだまだ少なくても、普通の犬グッツはかなりの種類が出ているので、いつも買いたい欲求との戦いです。

外犬の場合は、蚊を全く寄せ付けないようにする。と言うのは無理ですが、対策をするとしないでだいぶ寄ってくる数は違うと思います。
蚊が気になる方は是非試してみて下さい。










NEC_0195.jpg





NEC_0197.jpg

2年ぐらい前の外でお昼寝中のあすかです。
まだ、毛もふっさふさでぷくぷくにお肉がついてました。
こんな無防備じゃ、何もしなかったら蚊の餌食ですね(笑)

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

コメント

私が子供のころ飼っていた犬はフィラリアにかかってしまいました。前に病院の先生が、何もしなければ3年お外で飼っていると必ずフィラリアにかかりますよっていってました。今は予防薬ができてよかったです。
フィラリアの検査、毎年する理由知りませんでした。勉強になりました。
お薬もいろいろなタイプがありますね。錠剤は飲ませにくかったので、今までジャーキータイプを食べさせてましたが、かかりつけつの病院では今年からチュアブルに変わりました。
ちゃんと食べるかと心配してましたが、ジャーキー同様おいしそうに食べてました。

お昼寝中のあすかちゃん丸っこくってかわいいです。

★ こんばんわ‼

ホント、フィラリア対策 怠ってしまたらダメですね。
わんこ達は、自分で予防できないのですから・・・

最近の蚊は、1年中いるような気がします←気のせい?
困りもんですね。

ウチでは、注射をしています。
安全性の面で不安はあるのですが・・・i-238
ボケボケ飼い主が投薬し忘れるような気がして。
(今のとこ、問題はナイようでホッとしてます)

あすかちゃん、日向で気持ちよさそ~にねんねしてますね。
モフモフで可愛いi-233

うらんも暑い日に、「ハァーハァー」言いながら、日向で寝てました。
さすがに、おじいちゃんになった今は やりませんけれども・・・

今日は、過ごしやすかったですね。
あすかちゃんの所もそうでしたか?

★ すももさんへ

実家で最初に飼っていたわんこも、実際は何が原因か分かりませんが、多分フィラリアで亡くなってしまったんじゃないかと思います。
そんな事もあったので、フィラリア対策はちゃんとしなきゃと思って、色々使ってました。

私も今回調べなおして、なんで検査しなきゃいけないかって分かったので、勉強になりました。
何気なくやっていることで、知らないことって沢山ありますよね。

あすかも前はチュアブルでしたが、食べにくそうなので今年から錠剤にしてもらいました。
そういえば、あすかが飲んでいるカルドメックは虫下しもしてくれるらしいです。
最近まで知らなかったので、知らずに飲ませたりしてるものも多いなぁって思いました。

★ おからさんへ

私も、最近は蚊が1年中いるって思います!
これも温暖化の影響なのかな。
家の周りは田舎なので、虫がやたらと多いので蚊も多いです。

フィラリアは注射でもできるんですね。
確かに、忙しかったりするとコロっと1ヶ月分ぐらい忘れる時があるので、注射だったら確実ですね!

あすかも日向ぼっこが大好きで、さすがに夏はあまりしませんでしたが、歩けてた頃も歩行練習の合間、合間で敷いておいた敷物の上に転がって日向ぼっこをしながら休んでました。
今じゃなつかしいです。

今日も、過ごしやすくてちょっと寒いぐらいでした。
あすかには調度良いぐらいみたいでしたが。
この後、またうだるように暑くなるのが怖いですよね。
温度差でのわんこの体調にも気を付けないと!ですねi-179

フィラリア 怖い病気ですね(o´Д`)=з

ハリーは毎年飲んでいた予防薬を
去年から飲んでいません・・・

ドクターストップ・・とゆうか 
基本家だし。胃腸に負担がかかるし。他の薬との飲み合わせもあり。

アースの虫除けのグリーンを愛用してまーす

★ にゃもさんへ

老犬になると、狂犬病の猶予証明を出されたり、薬や注射自体に耐えられなくなることって多くなりますよね。
若い犬頃は、平気で予防薬を投与したりしてたけれど、今では何を飲ませてリ注射するのも、副作用が気になってます。

薬を使えなくも、今は色々なグッツが出てるから助かりますよね!
昔は蚊取り線香しかなかったし、犬も暮らしやすい世の中になりましたよね♪

我が家も、外では蚊取り線香を使っています。
蚊取り線香も犬の体にいいものをと、少し高いのですが除虫菊で作ってある蚊取り線香を使っています。なかなか売っていないので、見つけたときには思わずまとめ買いしちゃいます。(人間用です)
室内では、マットタイプを使ってます(私が煙が苦手なので)

実家で以前飼っていた犬がフェラリアでなくなりました。
その当時はまだ、薬もない時だったので仕方ないのですが・・・
最後は、下半身が膨れ立てなくなっていました。
もう、あんなにかわいそうな姿は見たくありません。
今は、毎月1回薬を飲ませています。

★ みもざさんへ

人間用の蚊取り線香って、結構お高いですよね。
金鳥のでさえ、他のメーカーより2、300円高いので、ロンちゃんに使っているのは高そうですね。

家でも、人間用の物ですが家に蚊が入ってこないように、外2箇所で焚いています。
他を試そうとしたら、旦那さん、蚊取り線香が一番効く!と言って譲らないので、これに頼ってます。

フィラリアにかかったわんこは、長期間苦しむし、とてもかわいそうな状態になるようですね。
初期症状が分かりにくいので、発見もしにくいみたいです。
私も、前の犬がそうだったのであすかにはと思って、気をつけてます。
蚊を見たら、すごい形相で襲いかかってますしね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク