老犬あすかの介護生活&みかん日記犬の靴。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

犬の靴。

老犬の散歩や歩行は、寝たきり防止のためにも、気分転換にも、とても重要なものになってきます。
前脚や後足が弱ってきても、できるだけ歩行補助のハーネスを使って、少しだけでも歩かせてあげる事が必要だと思います。

ただ気を付けてほしいのは、老犬になってくると足の筋力が落ちてくるので、足を引きずってしまったり、変な歩き方になって爪から血を流していたりすることがあります。
あすかも足の筋力低下、前庭疾患の後遺症で足を引きずって歩いていた為に、左の後足の爪からいつも血を流して、肉球も少し削れていました。

足

写真では少し分かりにくいですが、爪が変な形に削れてしまっています。
この頃、介護を始めたばかりであまり詳しくなかったので、仕方なくガーゼをぐるぐる巻きにして、テープで貼り付けて散歩に出ていました。

それでもアスファルトにジョリジョリ擦ってしまうので、他の方法をネットで調べてみると、犬の靴があると言う事が分かりました。
実際、購入したばかりの時の写真です。

NEC_0095.jpg

写真がこれだけしか残っていませんでした。
大きいペットショップに実際に見に行って購入したので、ついでに靴下も買ってきました。

NEC_0115.jpg

暗くて分かりにくいですが、履かせている時の写真です。
アスファルトに耐えられるように、裏が皮の商品を購入しました。
しっかりとサイズを測って購入しましたが、ブカブカで中に靴下を履かせたりしましたが、すっぽ抜けるので、試行錯誤の結果、足をガーゼか、ティッシュなどのようなものでくるんでから履かせると脱げにくかったです。

家の中を歩くのでも、かなり足をひきずるのでいつもガーゼを巻いて、サージカルテープでぐるぐる巻きにして止めていたので、その上に靴を履かせて脱げにくくしていました。

靴を履かせた感想としては、靴の種類にもよるでしょうが、なるべくなら履かせたくないな…。
と言う感じでした。
たまに先っぽの方がつっかかって、変な歩き方になったりしてちょっと怖かったです。

でも、慣れればそこそこ平気でしたが、これを履かせないとアスファルトの上を歩くのは血を流しながらなので、歩けてた頃の必需品でした。
靴底は皮で二重底のようになっていましたが、引きずる足だけはかなり削れていたのでそれだけひどく足を引きずっているんだなぁと思いました。



犬用の靴です。


↓↓↓詳しい説明はこちら
エピックス シューズ(01・02・03)

エピックス シューズ(04)

グリップがよく柔軟なラバー底が、夏の熱い路面から愛犬の足を守ります。
かかと部分は、犬の足のカーブに合わせフィットするように作られています。
通常の靴より30%も軽く、インソールが形状記憶素材のため、初めてでもフィットしやすいようです。
高性能ジッパーと弾性ステッチで脱げにくく安心です。

お値段が少し高めなだけあって、作りがしっかりしているように見えます。
あすかが履いていたのは、ここまで作りがしっかりしていなかったので、底の面はすぐに剥げて壊れかけました。
足を引きずるわんこの場合は、靴はとても壊れやすいので丈夫そうな商品を選んだ方が良いかもしれません。








↓↓↓詳しい説明はこちら
ファンタジーワールド ドッグブーツ 2号

ファンタジーワールド ドッグブーツ 3号

ファンタジーワールド ドッグブーツ 4号

ファンタジーワールド ドッグブーツ 5号

ファンタジーワールド ドッグブーツ 6号


撥水加工がしてあるので、雨の日も安心です。
マジックテープで止めるようになっているので、ずれにくいかもしれません。(実際使用してないので、脱げにくいかは分かりませんが)
簡単に洗えるようなので、お手入れも楽そうです。






icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ドッグブーツ
icon

サイズはS、M、L、XL,2個セットと4個セットのどちらかを選べます。
厚みのあるウェットスーツ素材なので、柔らかいので履かせやすく、フィットするので脱げにくいかもしれません。
ウェットスーツ素材なので、防水性にも優れ雨の日も安心かと思います。

裏はゴム素材で丈夫そうですが、他は柔らかい素材なので足を引きずるわんこには、もしかしたら壊れやすいかもしれません。



犬のオムツ。~手作り編~でも紹介しましたが、犬の靴と靴下を手作りすることもできます。
出来上がりの写真もこちらにあります。
   ↓↓↓
犬のオムツ。~手作り編~

この靴下と靴の作り方が載っている本はこちらです。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
↓↓↓詳しい説明はこちら
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り

靴下はタオル素材で作りましたが、マジックテープが引っ付きやすいのが難点ですので、生地を代えて作るなどすると良いかもしれません。
靴の方は、撥水加工の布地を使用しますが、ただ縫いっぱなしで底面には何も工夫が施されていないので、厚みのあるゴムを貼り付けたり、ナイロン生地で少し丈夫に作るなり、何かしらの工夫は必要だと思います。
私はナイロン生地で作ろうかと思い、生地まで買いましたがミシンがかなり古い上に厚物が縫えなかった為、断念しました。



余談なんですが、靴を履かせて散歩をしていると、とにかくすれ違う人に話しかけられます。
「靴を履かせてるんですね~」
ぐらいだったら良かったのですが…。

ある時、タクシーの女の運転手さんがわざわざ車をゆっくり走らせながら、窓から声をかけてきました。

「靴を履かせて散歩してるの?かわいそうにね~。そこまでする必要あるのかね~」

それって飼い主のエゴでかわいいから履かせてるんでしょ?と言うニュアンスで。
その後、老犬で足を引きずって血を流しながら歩くんで、仕方なく履かせてる。
と、ちゃんと説明しても、全く聞いてないし。
ひどい事を言う人、何も考えずに話しかける人は、だいたい人の話も全く聞かないです。
心無い言葉をかけられる事も中にありましたが、さすがにこの時は私も頭にきました。

何も知らないくせに…。
それじゃぁ、散歩をしないで家に閉じ込めればいいのか?
血を流しながら、肉球を削りながら歩かせればいいのか?
散歩を止めて、寝たきりにさせればいいのか?
と、怒鳴ってやりたかったですが、グッと心の中で叫んで我慢しました。

私だってできれば履かせたくないし、苦肉の策なのに…。
何も考えずにものを言うのは、言葉の暴力だな~と思いました。
せめて、もう少しオブラートにかぶせて言えばいいのに…。

だいぶこういう事には言われ慣れていたので平気ですが、あすかにあやまれ!と言ってやりたかったです。
話しはだいぶそれましたが、靴を履かせるとまず話しかけられるので(人とすれ違うたびに話しかけられると思った方がいいぐらい、話しかけられます)、ある程度は覚悟がいるかもしれないです。


ちなみに、犬の足のサイズの測り方です。

まず、床に犬の足より大きな紙を敷きます。
その上に、犬を立たせてしっかりと紙に足を踏みつけさせ、えんぴつなどで上下左右の4ヶ所にしるしをつけるか、足の形をそのままえんぴつでなぞるなどして下さい。
後は縦、横を定規で測って下さい。
前足と後足でも足の大きさは違うので、注意して下さい。

通販や、犬の靴を販売しているところでサイズの測り方があると思うので、そちらも参考にしてみて下さい。

最近では、災害用に犬の靴を購入される方もいるようです。
特に大型犬だと、災害時の道路はそのまま歩くのはきびしいと思われるからです。
かと言って抱っこもできないので、普段履かせなくとも緊急用として、常備しておいても良いかもしれませんね。

足の裏や爪の異変は気付きにくいので、特に外犬の場合で犬に老いを感じたらなるべく足の裏もよくチェックしてみて下さいね。

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

コメント

犬の靴は難しいですよね。あすかちゃん上手に履いてますね(^.^)

うちも足の力が弱くなり、マットや肉球ケア、靴、靴下などいろいろ考えました。靴は結局買いませんでしたが、随分調べました。買ったものが全くはかせることができなかった方も多く、通販で買うのは勇気がいります。

モモの介護用品をよく買っていたお店はなかなか信頼できるものばかりで、そこでイーポックという商品がありました。爪がでるタイプ。これははかせやすそうです。、最初は歩きづらいかもとのことですが、慣れれば大丈夫とのことです。試してないのでなんともいえないのですが。

できるだけ歩かせたいという気持ちは飼い主みな同じですよね。
時にはあまりわかっていない人にも出会います。私も介護胴着を着せて、補助しながら、ゆっくりゆっくり散歩しているとき、ジロジロみられたりしてました。でも中には以前犬を飼っていた人がやさしい声をかけてくれたりしてうれしかったです。わけわかんない人は無視無視(^.^)/~~~






★ こんばんわ‼

そうそう・・・・

足腰が弱ってくると、爪・パットなどいろんなとこが擦れてきますよね。

なんていうか、人で言ったら「手の甲」で歩いてる感じかなぁ~!?
足が上がらないんですよね。

お洋服にブーツ姿のあすかちゃん、とってもチャーミングですv-238

うらんも靴を履かせた瞬間にフリーズしたました(~_~;)
まっ、若い頃だったので…
超・超イヤだったのでしょう。
以来、お蔵入りでございます

デリカシーのない方、多いですね。

似たような経験あります。
私は、大きな心を持ち合わせていないので、
「マジ、ムカつくi-231」って思いながら、うすら笑いしてフェードアウトしちゃいます
ホントは、気の利いた事でも言って 去っていきたいのですが・・・

でも、やっぱり無視が1番ですね!

辛い事(愛犬に対してではなく)がこれからもあるかもしれませんが、
お互いに頑張っていきましょうネ!!

愛しい、私達の仔の為に・・・・・i-203

うちも、靴は履かせたことはありませんでした。
足をひきずるようになったとき、獣医さんに「犬用の靴がありますよ」
と言われたにですが、買おうかなと考えているうちに
、靴下で歩かせていてひどく擦れるようになったので
もう外を歩かせるのはやめようと思い、家の中を少しずつ歩かせていました。
私も心ない人の言葉に何度傷つけられたことか・・・
飼い主は、1日でも寝たきりになるのを遅らせたい一心で必死なのに・・・
知らない子どもに”虐待”と言われたときは、かなりショックでした。
でもそんな人ばかりではなく、”がんばってるね!えらいね!”
て声をかけてくれる人もたくさんいました。なかには涙流して応援してくれる人もいたり・・・
いろんな人がいますよね~~

★ すももさんへ

犬の靴は本当に難しいですよねぇ。
私も迷いに迷って、とりあえず見てみないことにはと思い、大きなペットショップまで行き、最初は下見して2回目で購入しました。

かなり長いタイプのブーツとか色々あったのですが、高いのにすぐ壊れそうな縫製だったり、やっぱり手に取ってみないと分からないですよね。
あすかも最初は慣れるのにかなり時間がかかったのですが、歩く速度もかなり遅かったので、ちゃんとフィットさせれば大丈夫でした。

イーポック、良さそうですよね♪私も前から気になってました。
爪をひきずらなければ、このタイプが一番歩きやすいかなと思ったので、若いわんこには向いているかもしれませんよね!
多分、レトリバー専門店の有名なお店かと思うのですが、リンクの都合上載せられなかったりします。
あのお店は介護にも力を入れていて、手作りの物も紹介してるし、とても親切丁寧ですよね♪

それにしても、珍しい姿を見ると冷やかしてきたり、ジロジロ見たりする人って多いですよね。
見るだけなら良いけど、嫌な気持ちにさせるために話しかけてはこないで欲しいといつも思います。
できれば珍しいだけなら、そっとしておいて欲しいな~と。
でもやっぱり無視が一番ですよね!

★ おからさんへ

そうなんですよ!

>人で言ったら「手の甲」で歩いてる感じかなぁ~!?

まさにその通りです。
靴を履かせるとよく分かるけれど、足の甲の方まで靴が削れているので、足にはかなりのダメージがあるんですよねぇ。
後遺症のせいで、体全体が斜めになるので余計にひどかったみたいです。

あすかの服、100円ショップのネックウォーマーの代用品での腹巻と(メスなのでマナーバンドじゃないですよ(笑))、すぐに泥んこになるので100円ショップで買った400円ぐらいの犬服です。
外犬で服を着せる習慣がなかったので、コーディネートは一切無視なので、ちょっとお恥ずかしいです。

変な人って本当に、本当に多いです。
怒鳴り返したり、言い返してやりたいって思うけど、それをやっちゃうとその人達と一緒のレベルになり下がるかなぁと思って、グッと我慢します。
世の中、相手の気持ちも考えずに言いたいことを何も考えずに言えたら、本当に楽ですよね。

そんな時は、適当に流すか、無視が一番効果ありですよねぇ。
よくある事なので、老犬介護をしてる人たちはみんな通ってる道ですよね。
でも、あすかを守ると思えばそんな事、な~~んの苦にもならない!!
愛する天使ちゃんのために!ですねi-179

★ ムクさんへ

そうなんですよねぇ。
あすかも引きずりがひどくなって、長い距離が歩けなくなって、ダメージの少ない庭のみの散歩から、歩けた最後はやっぱり家の中だけの散歩になってました。
靴を履かせても、ダメージが大きくなりすぎると、アスファルトはかなりきびしいですよね。

>1日でも寝たきりになるのを遅らせたい一心で必死なのに・・・

本当にそうですよね。私もいつもその気持ちでいっぱいで、そうやって必死で試行錯誤したり、ケアしている時に言われる心無い言葉って、すごく辛かったりするんですよね。

でも、その子供もずいぶんな…。
子供は残酷だって言うけど、残酷すぎますよね。
あすかも子供に「きつねが歩いているーっ」て指をさされた事があったけど、これにはちょっと笑っちゃいましたが、子供って何を言い出すか分からないですよね。

でも、やっぱり断然応援してくれる人のが多いです。
家の前を通るたびに聞いてくれる人もいるし、今でも実家の家族はあすかちゃんどうしてる?って聞かれるらしいです。
「お嫁に連れて行ったよー」なんて返してるらしいですが(笑)
変な人も多いけど、応援してくれる人たちには感謝、感謝ですよね!

いろんな老犬介護の方法を教えてくれて、ありがとうございます。心強いです。でも台湾の老犬介護の商品が少ないです。ちょっと困ります。

★ はじめまして。

きっと同じように保護という部分で使うために
とっても小さいワンコの靴を作って欲しいという依頼があり
色々検索していてお邪魔いたしました。

やっぱり靴は異色な目で見られたりするんですね・・・

洋服を着せているだけでもそうなのに
靴はもっとなんですね・・・

ワンコのコトを1番に考えてのことですもんね
きっと依頼主も何を言われても負けませんね♪

もっといっぱい色々な靴を見て
履きやすい靴をがんばって作ろうという気持ちになりました^^

ありがとうございました☆

★ asukaさんへ

asukaさん、はじめまして。
ブログにコメントありがとうございます。

あすかの介護に片寄った介護法ばかりですが、少しでもお役に立てて頂けると嬉しいです。
台湾では、あまり老犬介護の商品は多くないのですね。
日本でもやっと少しずつ色々なバリエーションが増えてきた程度なので、介護をする者としては辛いですよね。

これから、日本でも台湾でも、もっと沢山の老犬介護の商品が発売されてくれると良いですね。

★ Kiiさんへ

Kiiさん、はじめまして。
ブログにコメントありがとうございます。

小さいワンコの靴の製作をされるのですね。
わんこの靴、とても難しそうですね。
あすかに履かせていた靴も底は皮でかなり丈夫に作られていましたが、保護目的の靴なので、変な場所に体重がかかっているため、すぐに擦り切れてきてしまった気がします。
足の甲を引きずるようになったら、足全体をカバーするような靴に買い替えないとダメかとも思いましたが、多分どの靴でも脱げやすそうですし、そもそもそこまで多くの種類も販売されていなかったので、介護目的専用の商品があれば良いな。なんて思っていました。
きっと、ご依頼された方もあまり多く売られていないので、依頼されたのかもしれないですね。

ベビーカーで散歩している時もよく話しかけられましたが、靴を履いている時の方が悪意がある内容で声をかけてくる方がかなり多かったです。
きっと、ベビーカーの時は介護だと一目で分かったので、暖かい声をかけてくれる人が多かったのですが、靴の時はまだ何とか歩けていたので、介護目的とは全く思わず声をかけてきたのだと思いますが、それにしても嫌な気持ちにさせられました。

まだまだ、犬にも介護がある。と言う事はあまり知られていないようなので、何年か先に老犬にも介護があるという事がもっと当たり前になれば、そんなことは減っていくのかもしれないですね。
ご依頼主さんとそのわんちゃんの為にも、是非ステキな靴を作ってあげて下さい!!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク