老犬あすかの介護生活&みかん日記老化が進んだ老犬の下の世話。(圧迫排尿と強制排便)

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

老化が進んだ老犬の下の世話。(圧迫排尿と強制排便)

今回は、あすかの現在の下のお世話の方法を紹介したいと思います。

老化が進んできたり、脳からの神経伝達がうまくいかなくなってくると、自分でおっしこやうんちをできなくなってきます。
あすかも病気の後遺症なのか、老化からなのか、だんだんと自分だけではできなくなりました。

方法としては、おしっこは押し出してあげる。
うんちは指で掻き出してあげたり、肛門の周りを押して出してあげます。





おしっこの場合は膀胱あたりをやさしく圧迫するように掴んであげます。

お腹2

写真だとちょっと分かりにくいですが、おしっこがたまってくると袋状のものがこの辺りにぷっくりとあるので、それを圧迫してあげて下さい。
最初は分かりにくいですが、慣れてくると位置が分かるようになります。





圧迫排尿




圧迫排尿2

慣れるまで大変ですが、やり方にはちょっとコツがあって、必ず両手でやることです。
片手で背中の方をぎゅっとつかみ、片手で膀胱を圧迫してあげます。
両手で押さえると、膀胱があちこちに動きにくいので、後は風船を圧迫する感じ(表現が難しいですが)でしごいてあげるといいです。
膀胱はそんなに簡単には破裂しないそうなので、普通に押す分には大丈夫らしいです。(獣医さんから教えてもらいました)
だからと言って、あまり強くやりすぎても痛くてかわいそうなので、加減をしてあげて下さい。

おしっこが自分でできないわんこは、ちゃんと出しきってあげないと細菌にも感染しやすくなるし、おしっこも溜まったままになってしまうので、ちゃんと出し切るまで圧迫してあげた方が良いです。







うんちの場合は、介護用の手袋などを装着して、人差し指に薄めた石鹸水かニベアを指先に付けて、うんちがたまってきた時を見計らって掻き出してあげます。




↓↓↓詳しい説明はこちら
リリーフ おむつ取換え手袋 60枚


手袋はこんな感じのものや薬局で売っているもので大丈夫です。







石鹸水

これは薄めた石鹸水です。
石鹸水だと、肌が荒れてしまうわんこもいるようなので、気をつけて下さい。
ニベアを使用するのは動物病院で教えてもらいました。

石鹸水ですが、これは無添加の食器洗いせっけんをほんのちょっとたらして水で20倍ぐらいに薄めています。




↓↓↓詳しい説明はこちら
ミヨシ 無添加食器洗いせっけん スタンディング詰替 350ml


これを薄めています。
介護をするようになってから頻繁に手を洗うので、市販のハンドソープを使用していましたが、荒れて、荒れてどうしようもなかったので、この食器洗いせっけんを10倍ぐらいに薄めて泡タイプのボトルに詰めてハンドソープとして使用しています。

これを使ってからは、手荒れはほとんどなくなりました。(他の人も同じとは限らないです)
成分が安全なようなので、荒れにくいのかと思われます。
なので、犬に使用しても荒れにくいかなぁと思い、これを薄めて使ってます。
今の所、あすかに荒れはないです。
ただ、これは完全に我流なので安全性については保証できません。
ちなみに、これは薬局や大きめのスーパーなどでも売っています。





指で書き出す以外にも、肛門をマッサージして排便を促したり、肛門の周りを押してうんちを押し出すやり方もあります。




強制排便1

肛門のこの辺りを押してあげます。






強制排便2

あすかは主に指でかき出すやり方で強制排便をしていますが、便が出そうな時は肛門の周りを押してやるだけでも出るので、その時に合わせてやり方を使い分けています。
やはり指でかき出す方法は、肛門内を傷つけてしまう事も多いで、こちらのやり方と併用して行うと犬への負担も少し軽くなるかと思います。





おしっこをさせた後もそうですが、うんちをさせた後は下にティッシュやトイレットペーパーを敷いて、直接肛門にイソジン液をかけ(オムツをする前に。~準備編~を参照してください)キレイにふき取ります。
指で掻き出す場合は、汚れる範囲が狭いので毎回洗わなくても、イソジン液で充分キレイになります。

ただ、毎日指で掻き出してあげると、中が切れて出血してしまう場合があります。
そんな時は、市販のボラギノールを4つにカットして、1カケラを手袋をした指で押し込みます。

ボラギノール

ボラギノールの使用は動物病院で教えてもらったやり方なので、問題ないと思います。
ボラギノールはいくつか種類があるようですが、特に指定されなかったので、普通の物で大丈夫ですが、出血にも効くようなので、あすかにはA座剤を使用してました。
薬局で、他にも何種類かのボラギノールが置いてあるので、確認してみると良いかと思います。



いつから、このような下の世話をすればいいのかという境界線は難しいですが、あすかの場合は病院で教えてもらう前からなんとなくやり始めていたので、老化が進んでくると、なんとなく今かな?というのが分かるかもしれません。

あすかの今の状況はこんな感じなので、オムツカバーや紙おむつは必要なくなって、今はペットシーツの上に尿とりパッドをあてているだけの状態でいます。
ごくごくたまに自分でもしますが、自分でできる時はほとんどないに等しいです。
たまに、自分でおしっこをすると褒めてあげたりしちゃいます。

老化が進んだ事で、介護が楽になるのは寂しい事ですが、最初の頃の下の世話は洗濯とオムツ作り、おけつ洗い、外へ連れて行ったりと、昼夜問わずほとんど1人でしていたので、とてもきつかったです。
でも、老化が進めばおしっこやうんちもでにくくなり、出た時は喜んであげるぐらいの事になっていきます。
下のお世話は本当に大変だと思いますが、よく出るのは喜ばしい事で、面倒くさいなぁと思う時もあるでしょうが、出る事は元気な証拠です。
大変だと思いますが、粗相をしても怒らず褒めてあげるぐらいの気持ちで接してあげて下さい。

この方法はあくまで、自分でできない老犬のものなので、まだ自分でできるわんこに無理矢理実行したりしないで下さい。

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

コメント

うちも、おしっこ出してやっていました。
あすかちゃんは、立たせなくてもおしっこ出ますか?
ムクはねたままだと押してもしなかったので、外で片手で顔を支え
片手で膀胱のところを押して、胸で背中を押していました。
この姿勢はかなりきつかったです。
うんちは、肛門をマッサージしてやるとしてくれたので、助かりました。
”出た時は喜んであげる”私はおしっこ、うんちでるたびに「あ~~さっぱり、
いっぱい出てよかったね~~」って言ってました。うちは腎臓が悪かったので・・・
老化が進んでくるのを見ているって、辛いですね。
でも、腹をくくって?介護まっただ中って思って
夢中で過ぎてしまいましたが、介護できることは幸せなことだと思います。
老犬のかわいさって格別ですよね(^_^)/~

★ こんばんわ‼

うわぁ~~。
とっても参考になりましたm(__)m

今まで、このような介護をした事がありません。
犬を飼うのは、2匹目なんですが・・・(前の仔は、心臓が悪くて9歳でお星様になってしまったんです。)

そうですよね・・・
自力で排泄も出来なくなってしまうんですよね。
そうなったら、お手伝いしてあげないと苦しい思いをさせて、しまいますもんね。

「ボラギノール」も使えるんですね ( ..)φメモメモ

ホントに頭が下がります。
一生懸命、介護なさっているのですね。

うらんも“おしっこ・うんP“すると、手をたたいて褒めてます(^◇^)
若い頃は、当たり前に出ていたモノなのに。。。

この暑さで、すいかさんがダウンしないようにされて下さいネ。

★ ムクさんへ

あすかの場合は逆で、おしっこは膝の上に横にして、うんちはふんばりやすいように立たせてしてます。
あすかは、寝たきりになってもおしっこの量が多いのでちょっと圧迫するだけでよく出るんですよね。
出し方にもちょっとコツがあって、両手でやると上手に圧迫できたりします。

あすかも、最初は肛門マッサージだけで出たんですけど、やはり徐々にそれだけじゃ出し切れなくなっていきました。
最終的にはこういう下のお世話に行き着きますよね。

出たときは「いっぱい出てすっきりしたね~、今日もえらかったよ~」なんて話しかけてます。
徐々に老化していく姿は、今日はこれができなくなった。の積み重ねになってしまいますが、それでも介護できて一緒に居られるうちは幸せですよね。
若い頃も、もちろん大好きだったけど、老犬になってからの方が日に日にかわいさが増していくように思えます♪

★ おからさんへ

家もわんこは2匹目なんですけど、最初のわんこはぽっくりいってしまったので、介護は全くありませんでした。
なので、ここまでの介護をするようになるって事も全く想像できなかったです。

でも、今の下のお世話の方が、オムツもいらないので最初の頃よりはるかに楽だったりします。
ペットシーツに漏れることもほとんどないし、おけちゅ洗いの回数もかなり減りました。
ただ、自分でしてくれないのは寂しいですね。

老犬になるとおしっこ、うんちだけで、手を叩いて喜びますよね。
と言うか、表情もどんどん乏しくなるから、ちょっと表情を変えてくれただけでも、大喜びしちゃいますよね。
できない事も増えていくけど、その分感動も増えるかもしれないですね♪

はじめまして。
ブログ、参考にさせていただきました。
うんち出せました。ありがとうございました。
膀胱付近に癌が出来てしまい、骨まで転移してしまい、立ち上がることが出来なくなってしまいました。安楽死を考えていたのですが、どうしても諦められなくて..。
おしっこは尿カテーテルを入れてもらったのですが、うんちの排泄が出来ずにあまりにも苦しむ様なら、飼い主のエゴで延命させるのも残酷かなって思っていた矢先にこちらのブログに出会えました。
今はただ、ありがとうの気持ちと大きくて元気な(?)うんちに会えてホっとしています。この子が生きてる限り、諦めずに頑張る勇気をもらえました。本当にありがとうございました。

★ るなさんへ

るなさん、はじめまして。
ブログにコメントありがとうございます。

うんち、出たのですね!!
立ち上がる事ができないわんこのうんちやおしっこが出たときの嬉しさ、とってもよく分かります!!
私も、あすかが何日もうんちが出なかった時は、心配でかわいそうで毎日その事ばかりが頭から離れないぐらいだった覚えがあります。

安楽死、色々考えてしまいますよね……。
私も、あすかの時に安楽死の判断をしなければいけない時があったのですが、結局諦めきれませんでした。
きっと、どのような答えを出しても間違いではないと思いますが、頑張っている愛犬の姿を見ると、なかなか踏み切る事は難しいですよね…。

今は亡きあすかのお世話の内容が、今頑張られているわんこのお役に少しでも立てた事が心から嬉しいです!!
こちらこそ、参考にしたよ!!なんてコメントを書いて頂き、ありがとうございました♪

★ 勉強になりました。

はじめまして!

私も飼い犬の介護を行っています。

参考になりました。

ありがとうございます。

★ はじめまして

突然ですみません。
18歳の雑種と暮らしています。
うんちのかきだし方くわしく教えて下さい。
もう1週間以上うんちがでません。
よろしくお願いします。

★ 初めまして

19歳5ケ月シーズー♀です
昨日から食事も水も受け付けなくなりました
強制給餌のやり方を探していたらこちらのサイトに辿り着きました
とてもとても参考になります
有難うございます!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク