老犬あすかの介護生活&みかん日記トイレの悩み。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

トイレの悩み。

みかんちゃんの最近のお悩み事。
お家の中で、上手にトイレが出来ない事。


最初の頃は、時々失敗しながらも何とかお家の中でトイレが出来ていたのですが、避妊手術の恐怖体験(こちらがその時の記事です→『トラウマな避妊手術。』)を期に、ほとんど出来なくなってしまいました。

一時期は出来ていた時もあったのですが、やり方が良くなかったのか、あちこちにするようになってしまい、その後全く出来なくなりました。。。


元々、トイレには相当なこだわりがあるらしく、トイレに関してだけは頑固で譲らず、自分で決めた場所にしかしてくれない傾向にはあったのですが……。




みかんちゃんのトイレの経過です。


家に迎える→本を参考に、ゲージをトイレに見立ててしつけをしようとする→まだ3ヶ月なのにゲージの中は嫌らしく、1日でも我慢してしまう
  ↓↓↓
自分で決めた場所に何度もトイレをする→仕方がないのでその場所にトイレを設置
  ↓↓↓
避妊手術を期に一切家の中ではトイレが出来なくなる
  ↓↓↓
少しずつ、少しずつ家の中でトイレをするようになる→以前とは違う場所に何度もするので、そこにトレイを設置する→トイレが出来たら、これでもかってぐらい褒めちぎる→褒めすぎて、褒めてもらいたくて、あちこちするようになる
  ↓↓↓
トイレが分かりやすいようにしっかりとしたトイレトレーを設置
  ↓↓↓
それ以来、我慢ばかりするようになる
  ↓↓↓
しつけのために雨の日などに、外に連れて行かないようにしてみるが、我慢しすぎておねしょなどで、自分の知らないうちにおちっちをしてしまう
  ↓↓↓
かわいそうなので、なるべく外にトイレに連れて行く




と、言うような状況です。

ワン、ツーのトイレコマンドも着た時から続けてますが、全く入らず。
と、言うかトイレコマンドを言われるとあまり良い表情をしないので、コマンドが嫌いなのかな?


このまま、外だけでさせるようにしても良いのですが、あすかの介護時代、外犬だったあすかは外でしかトイレができず、病後の辛い中でも外にトイレに連れて行かなければいけなかったので、みかんはなるべく外でも家でもトイレを覚えさせたいなぁと思っています。


それに、この間のカエル事件の時も、真夏の夜でも暑い中、具合が悪いのに外にトイレに連れて行かなければならなかったし、私が体調を崩した時も困るので、お家の中でのトイレはみかんが家に着てからの大大大目標になってます。








みかん3-33

最初の頃は、このトレーにもちゃんと出来ていた時期もあったのに、何とか出来ていた頃はワイドシートを4枚使ってスペースをとらないとしてくれませんでした。
















みかん3-30

あちこちしてしまうようになったので、大きめで高さもあってこれがトイレだ!!と分かるような物を設置してみようと思い、ペピィで購入。
アルミパネルを取り外しできて、高さも付けられるので、受け取ってすぐ組み立てると、ビビリのみかんちゃん、そのアルミが怖いらしく全く入らず。
仕方がないので、慣れるまでアルミパネルなしの状態でトイレシーツにおしっこをしみこませたりしつつ、中におもちゃを入れて遊ばせてやっとこさ慣らしました。














みかん3-47

やっと慣れてきたのでアルミパネルを取り付けたのですが、全くトイレをしてくれないので色々試行錯誤中です。
草と土を入れてみたりしたのですが、やんちゃなみかんちゃん、その草と土をいたずらして部屋中に撒き散らし全く効果なし。
つけたおちっちの匂いだけは嗅いでくれるんだけど、やっぱり狭い場所にはしたくないのかなぁ。
しつけ用のトイレシーツもダメだったし、今度は植木鉢や人工芝も試してみようかと思ってます。

多分、トイレシーツにおちっちをするって事は分かってるみたいなんだけど、みかんの様子を見ているとどうもトイレシーツの上にするのは嫌みたいなんですよね。

普通に散歩してても、うんちっちの時は物凄いこだわりがあるらしく、なかなかしてくれないので、そんなトイレのこだわりが強いわんこにお家の中でさせるのに無理があるのかなぁ………。







ちなみに、ペピィで購入したトイレトレーです。








icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
アルミパネル付トレー
icon

ワイドシーツ2枚分の大きさで、アルミパネルと入り口部分の取りはずしができるので、わんこに合わせて使い方を変えられるのが便利ですよね。
アルミが取り外せなかったら、怖がりのみかんには絶対無理なトレーだったかも。。。












せっかくのトイレトレー、みかんちゃんにかかったらベットに変身。。。





みかん3-49


実家に泊まったときに、少しでも慣らそうと持っていったら、完全にベット代わりにされちゃいました。














※私の声が入っているので、音量注意です。


おちっちの匂いをしみこませたシートが敷いてあるのに、その上に普通に寝ちゃうんだもんなー。
さすがの私もみかんちゃんに負けそうです。。。













私がネットで調べたり、あれこれ試行錯誤している間、のんきなみかんちゃん。







みかん3-44


トイレを尻目にそんなふしだらな格好!!














みかん3-45


まぁ
ポンポン丸見えですよーーーー♪











みかん3-46

何だか、茶色いごまちゃんみたい?(笑)
そんなんだから、おねしょしちゃうんですよーーだ。












みかん3-50


こんな小さい時はちゃんとこうやって出来てたのにね。
やっぱり、私のやり方がいけないのかなぁ。


獣医さんも言ってたけれど、トイレを我慢するのは柴犬に物凄い多いらしので、やっぱりみかんのトイレのしつけはきびしいかなぁ。。

何とか出来てはいたけれど、こんな小さい頃からトイレに関してのこだわりは物凄かったので、これからも根気がいるしつけになりそうです。


何か、良い方法があったら教えて下さいー。










スポンサードリンク

コメント

★ はじめまして♪

すいかさん、こんにちは。初めてコメントします。
先日、我が家のシニア犬(小型ミックス♀、痴呆有り)が急に夜鳴きを始めてしまい、
あちこちネット検索でお邪魔している時にこちらのブログを知りました。
幸い夜鳴きは数日で落ち着いてきましたが、
あすかちゃんの介護記録はとても参考になり
今後のために毎日少しずつ読ませていただいているところです(^^

ところで、みかんちゃんのトイレトレーニングですが
この記事の後、進展されていますか?
我が家も先住犬のトイレトレには苦労したので他人事と思えなくて・・・(^^;

どうもワン、ツーのトイレコマンドには反応が良くないようですが、
コマンドを別のものに変えて、まずはお外から始めるのはどうでしょうか?
お散歩中にみかんちゃんが自発的に用を足している間、
「チッチ」「ウーンよ」などと繰り返し声掛けをして、「ヨシヨシ」と褒めてあげます。
もし、みかんちゃんの中でコマンドとの関連付けが出来る様子だったら
そこから室内のトレーニングに移っていくと、いいかもしれません。
実は我が家の先住犬も、成犬で一度しつけ直しをする羽目になった事があり
その時はこの方法で始めてから5ヶ月かかりました(^^;
ちなみに仔犬の時の室内トレーニング中、うちも「褒めてほしくてあちこちに・・・」という状態になったことがあったのですが、その時は粗相したのを見つけても無言でサッと片付けるという事を徹底していました。
例え叱られてもとにかく飼い主が反応してくれるのを喜んでいる節があったので、
成功した時は褒めてご褒美をあげ、失敗した時は無視(可哀想ですが・・・)して片付け、
とメリハリをつけるようにしたら結構効果があったように思います。

あと、もしトイレシートが嫌なら、洗って繰り返し使える布製のシーツとか・・・
http://www.pawpawclub.com/wellcaredclub/chachasnurserybasket/poochpad.html
ちょっとお高いですが、これしか知らないのでスミマセン(汗)
探せばもうちょっと安価な物もあると思います。

本当にトイレトレーニングって思ったようにいかず、途中であきらめたくなりますよね。
どうか気長にがんばって下さい。長々とすみませんでした(^^;
 

★ たまさんへ

たまさん、はじめまして。
ブログにコメントありがとうございます。

あすかの介護の記事を読んで下さっているのですね。
夜鳴きは本当に大変ですよね。
夜鳴き対策もサプリメントなどを飲ませる以外、ほとんどないと言って等しいほど、対策を立てられないのでご近所への配慮もありますし、家族みんな眠れない事もあるので、難しいですよね。
それでも、夜鳴きは落ち着いたとの事なので、たまさんのお世話の賜物かもしれませんね☆

痴呆の症状1つとっても、わんこによって全く症状が違ったりするので、あすかの介護の内容がお役に立てるか分かりませんが、少しでも何かの参考にして下さると、とっても嬉しいです。

トイレトレーニングのアドバイスありがとうございます♪
あれから、1度だけトイレトレーにしてくれたのですが、それ以降全くしてくれないです。。。
気付いたのが遅かったので、褒めちぎったのですが、多分なぜ褒められたのか分かってないかな……。

トイレコマンドも、ワンツーからチーチーチーに変えて、外でする時は必ず試してみて、もちろんした後に褒めるのですが、コマンドそのものが嫌なのかな?
とにかくトイレに関してはデリケートなので、コマンドそのものがプレッシャーに感じるみたいです。

お家の中で別の場所に失敗した時も、絶対に叱らずに無言で片付けて、上手に出来たら褒めるを徹底していたのですが、とにかく褒めてもらうのが好きみたいで、無言で片付けても、片付けても粗相をしてました。。。
片付けに時間がかかってたのがいけなかったのかもしれないのですが。。。

家にもプーチパッドではないのですが、洗えるペットシーツが2種類あるのですが、1つは見向きもしてくれず、もう1つはかなり布っぽい製品で仔犬の頃はそのシーツにしてくれる事もあったのですが、逆に素材が下に敷いているラグと似ているので分かりにくいかな?と思い、今は使用していないです。

トイレシーツにするのはそこまで嫌ではないみたいなので、多分家の中でする事が嫌なのかな?と言う感じです。
たまさんの先住犬ちゃんも5ヶ月もかかったのですね。
みかんもありとあらゆる事を試していますが、たまさんの言うようにもう少しメリハリをしっかりと付けると成果が出てくるかもしれないですね。
とりあえずは、まず家の中でしてくれないと褒める事も無言で片付ける事もできないので、まずはそこからですね。

コマンドも、気に入ってくれそうなのを色々試してみて、根気強く頑張ってみようと思います。
経験された方からのアドバイス、本当に参考になります!!
何か進展があれば、またトイレに関してもUPして行きますね!

たまさんもシニア犬ちゃんのお世話、大変かと思いますが頑張って下さい!!
アドバイス、ありがとうございました♪

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク