老犬あすかの介護生活&みかん日記犬と一緒にいられる幸せ。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

犬と一緒にいられる幸せ。

久しぶりのわんことの生活で、犬と一緒に居られる幸せをかみ締めてます。
まだ色々と揃えたり、病院へちょくちょく行ったりしていてバタバタしているので、なかなか更新できないですが、みかんぶぅはすくすくと育ってます。



みかん1-9


本当に大きくなるのが早くて、一晩眠るごとに身体がにょきにょき大きくなってます。
あすかの時は、しつけらしいしつけなんてほとんどしなかったし、若い室内犬を飼うのは初めてなので、実は分からない事だらけで試行錯誤と子犬について、しつけについての勉強の毎日だったりしてます。



さて、前回みかんが肝が据わったわんこだと言いましたが、みかんはちょっと頑固?なわんこらしく、トイレのしつけをしようと、まずはサークルをトイレ代わりにセッティングしましたが、そこを寝床と決めたらしく、最初の数回うんちとおちっこをしたら、その後はおちっこも限界まで我慢。。。
うんちは絶対にしません……。。。


来て3日目の事だったので、おちっこの間隔が子犬なのにやたらと長いので、どうもおかしいなぁと思ったら、完全に我慢していたらしいです。
次の日に、嘔吐、ひどい下痢ぴっぴをしてしまったので、病院に連れて行くと入院。。。


コクシジウムという原虫が出てしまったのですが、次の日にはケロッとしていたのですぐに退院しましたが、その嘔吐と下痢の原因は原虫のせいなのか、我慢のせいなのか……。
普通、2ヶ月の子犬ちゃんはそこまでうんちやおしっこは我慢できないらしいのですが、さすが生粋の柴犬ですねぇ。


絶対我慢!なので、結局みかんがここだって勝手に決めてしまった場所にトイレを設置する事となりました。。。
獣医さんいわく、逆にそれぐらいの方がトイレのしつけはしやすいらしいのですが、本やマニュアル通りにはなかなか行かないものですね。。。


更には音にもほとんど動じなくて、唯一ダメなのが掃除機。ドライヤーもちょっと怖いようですが、それ以外一切動じません。
と、言うかほとんど吠えないです。
耳が悪いのかな?と思うぐらい吠えなくて、ピンポンにも何も反応なし。
くしゃみをしようが、ガシャン!と大きな音をさせても全く動じないです。

でも、外で旦那さんのバイクの音がかすかにすると反応するので、ちゃんと耳は聞こえてるみたいですね。
どうやら、物凄く肝が据わったわんこらしいです。



みかん1-5


頑固ちゃんの肝が据わったわんこではありますが、こんなとこで寝ちゃうところは子犬ちゃんですね。






みかん1-6


吠えないですが、とにかく甘噛みがひどいので、天罰方やら無視、ビターアップル、あれやこれやしつけを試してます。
なんか良いしつけ方あったら、教えて下さい





あすかが旅立ってからの5ヶ月間、道行くわんこと飼い主を眺めながら、当たり前のように一緒に居られる時はあまり気付かなくても、こうなってみて初めてどれだけわんこと一緒に居られた事が幸せな事だったのかって、思い知らされてました。


だから、今わんこの傍に居られるだけで本当に幸せを感じます。
ここにあすかも居てくれたら、もっともっと幸せだったかもしれないけれど、あすかが居たからみかんと出会えたし、きっとあすかが送り出してくれたわんこだと思うので、あすかの分もみかんをかわいがってあげないとな。

そんな事を言われなくとも、私がデレデレにかわいがっちゃうのは、今までブログを読んでくれた人達にはバレバレだと思いますが(笑)




みかん1-7


頑固ちゃんですが、とっても甘えんぼちゃんのみかんぶぅでもあります。



まだ、バタバタしていて以前のようにはなかなか更新できないですが、古い介護の記事の手直しや書きたい事も沢山あるので、ゆっくりペースですが更新していきたいと思います。







本当は、新たにみかんのブログを立ち上げようかとも思いましたが、できるだけ老犬介護の事を沢山の方々に知って頂きたいので、なるべくブログが更新された方が良いと思うし、まだ老犬介護について書きたい事もあるので、このブログの中でみかんの日常を綴って行く事にしました。


今、みかんのしつけやこれからの日常生活を考えていると、子犬の今から年老いた時の事を考えてしつけをしたり、日常の色々な事を考えながら育てていくべきだな。と強く思います。

あすかにしつけをしなかったせいで、老後になってから不自由だったこと、かわいそうな思いをさせてしまった事も沢山あったので、本当に色々と考えさせられます。

あすかは本当に沢山の事を私に残してくれたんだなぁって、実感しています。
そんな事を考えていると、どれだけ時が経っても、やっぱりあすかぶぅはかわいくて、かわいくて、大好きで仕方がないなぁって思っちゃいますね。




NEC_0077.jpg

あすか大好き





相変わらず読み逃げしたりで、ほとんどコメントを残しに行けなくてごめんなさい。
落ち着いたら、少しずつ皆さんのブログにもご挨拶に行かせて頂きますね。










スポンサードリンク

コメント

こんばんは。
またかわいいみかんちゃんが拝見できてとってもうれしいです♪
あまり吠えないところ、アイに似ていると思いました。若い頃のアイもほとんど吠えなくて、しつこいわんちゃんにワンするくらいでした。アイと似た性格の柴犬の女の子をもう1頭知っています。柴犬系の女の子はあまり吠えない強い子がけっこういるのかもです。

人間への甘噛みがひどい子でペットショップから来た子の場合、わんちゃん同士での交流が足りていない場合があるとなにかで読んだことがあります。わんちゃん同士だと強く噛みすぎたら相手の子から教育的指導(笑)があって、子犬ちゃんはどのくらいの強さで噛んだらいいかとか噛まない方がいいとか自然に覚える、とたしか書いてありました。
まだ小さすぎるとかなにか問題がないようでしたら、ドッグランとかご近所の公園とか、わんちゃんがたくさんいるところで別なわんちゃんからたくさん指導してもらうとよいかもしれません。
物に噛みつく場合の甘噛みのことでしたら的外れですみません……。

これからもあすかちゃんが残していってくれたことなど、いろいろ教えていただけましたらうれしいです。私もあすかちゃんが今でも大好きです♪
みかんちゃんのことも元気ですくすく大きくなるよう応援しています。
これからも更新楽しみにしています♪

★ のどかさんへ

のどかさん、こんばんは。

そうですよね、アイちゃんもあまり吠えなくて、怪しい人がいるとワン!と吠えて守ってくれてましたもんね。
アイちゃんも年をとっても、守ってくれて本当に良い子でしたよね。

あすかはとにかく吠える犬だったので、吠えない子犬が不思議で仕方ないのですが、よく考えたら昔のスピッツの血が入ってるからなんですよね。
最近のスピッツはあまり吠えないらしいのですが、柴の女の子もあまり吠えないんですねぇ。
近所の犬を飼っている方に、吠える声が聞こえないので、本当に吠えない子犬ですね。なんて言われたので、逆にちょと心配になってました。
でも、それを聞いてちょっと安心しました。

そうなんですよね、甘噛みは犬同士交流がやっぱり良さそうですよね。
パピーパーティーに行こうか迷っていたのですが、家の周りは物凄くわんこが多いので、家の前にいるだけで、何匹も通るんですよね。
それで、交流できそうだなぁなんて思ってましたが、相手にしてくれない成犬もいるので、やっぱりパピーパティーの方がいいのかな。
あともう少しで、狂犬病の注射があるので、ドッグランはその後に考えてみますね。

獣医さんには、かまいすぎだと手にじゃれつくよ。なんて言われてるのですが、かわいすぎて、かわいすぎて、「かまわない」って事は一番難しかったりしてます。
でも、みかんのためにも噛まないわんこにしたいので、頑張らないと!


私も、アイちゃんが大好きです♪
若い頃のアイちゃんのお話しも是非教えて頂きたいので、ゆっくりと気が向いたときにでも是非UPして下さいね!

まだまだ、バタバタしてるのでゆっくりペースではありますが、これから少しずつみかんの成長とあすかの思い出話しもしていきたいと思っているので、時々覗いてみて下さいね。

すいかさん、初めまして。
みかんちゃん、本当に可愛いですね~。

うちにも、来月に16歳になる柴ワンコがいるんですが、
みかんちゃん位の頃は、毎日写真を撮るたびに、大きくなってました。
寝てても、遊んでても、何をしてても癒されますよね。 (●^o^●)
なんか、ものすごくその頃が懐かしいです。

今は、半分寝たきりの状態なので、
すいかさんの、あすかちゃんへの愛情たっぷりのこのブログで、お勉強させてもらっています。
本当に、ありがとうございます。




初めまして、いつもあすかちゃんを見せて頂いておりました。
可愛い子でしたね。
今は虹の橋の向こうで、走り回っている事でしょう。

そして、すいかさまをなぐさめるために、あすかちゃんが送り込んでくれたみかんちゃん、
何だかよく似ていてうるうるしちゃいます。

甘噛みが激しいようで、そういう時手を引っ込めるのではなく、反対にそのまま奥に押し
込むようにすると割と早くに噛まないようになります。

うちのシロちゃんは捨て犬だったので何の躾もしていなくて、怯えて怯えて可哀想だった
んですが、慣れてくると今度はすぐ人の手に噛みつくようになりました。

でも、この方法をとって以来、どんな事があっても噛まなくなりましたよ。

よその子供にでも嬉しくて噛んだりしたら大変ですから、噛み癖がつかないようにしたい
ですものね。

お役に立ったら嬉しいなと思います。

少しずつ元気になって行かれますように。

★ かわいい~ですね♪

おじゃまします。
前に介護の参考にするために、ちょこちょこ覗かせて
もらってた者です。
そして前にちょっとコメントした時に、わざわざお返事
ありがとうございました。

新しい家族がふえてたんですね!
「みかん」って名前可愛すぎです!!

すいかさんの事が気になり久々に覗いたら
みかんちゃんがいたのでなんか嬉しくなりコメントさせてもらいました。
私も愛犬を亡くした後、少し前ですが新しい家族を迎えた所でしたので。

なんていうか、やっぱワンコっていいですよね~
先代のワンコと比べて性格が違う所があったりで
新しい発見を楽しんでいます。
躾のことであたふたしてますが・・・。

先代のワンコを思い出す事も多いですが笑って話せるようになったし、
そのワンコがいなかったら今のワンコに出会わなかったと私もすごく
感じています。

これからも体に気をつけて、みかんちゃんとの生活を
いっぱいいっぱい楽しんでいってください!
また覗かしていただきます!
(あ・・・決して怪しいストーカーじゃないので安心して
くださいね 笑)

★ ケンタの姉ちゃんさんへ

ケンタの姉ちゃんさん、始めまして。
ブログにコメントありがとうございます。

ケンタの姉ちゃんさんは、柴ちゃんを飼っていらっしゃるのですね。
みかんも毎日、毎日大きくなって、首輪も毎日のようにサイズを大きくしてます。
中型犬の柴でこの成長っぷりだから、大型犬だともっと毎日の成長がすごそうですよね!

ケンタの姉ちゃんさんのわんこは半分寝たきり状態なのですね。
身体が不自由になっても、どんな状態になっても、やっぱりかわいくて仕方がないですよね。
あすかの片寄った介護法ばかりですが、少しでもお役に立ててもらえれば嬉しいです。
今はゆっくりペースの更新ですが、介護の息抜きにでも時々覗いてみて下さいね。

★ ぢゅんこです♪さんへ

ぢゅんこです♪さん、はじめまして。
ブログにコメントありがとうございます。

なるほど!その手がありましたね!
甘噛みには色々方法があるようなんですが、いったいどれが一番効くのか分からなくて、どれも中途半端に試していたんですよね。

どうもみかんは根性が座っているようで、マズルコントロールとか色々試してるのですが、なかなか効果が上がらないんですよね。
今度はその方法を根気良く試してみますね!

やっぱり、大人になって噛むわんこには絶対したくないですもんね!
わんこを飼うって、日々勉強ですね。
みかんの根性に負けないように頑張ります!

★ いぬさんさんへ

いぬさん、おはようございます。
いつもブログを読んで下さってありがとうございます。

いぬさんも、新しくわんこを迎えたのですね!
そうですよね~本当にわんこっていいですよね♪
確かに、あすかとは違うんですが、あの毛のやわらかな手触りとか、犬臭い香りとかたまらく大好きで、犬と一緒に居られる幸せをかみ締めてます。

そうそう!私もあすかと違う所を比べて楽しんでみたり、しつけがなかなか上手くいかなくて、あれやこれや試したり、大変だけれども嬉しい悲鳴ですよね。

私も、みかんが来てからだいぶ以前の明るさを取り戻したと思います。
自分が明るくなったのが、あんまり久しぶりすぎて、私ってこんなにあほっぽかったっけ?(笑)なんて思っちゃうぐらいです。
それだけ、わんこパワーはすごいですよね。

まだまだ、ゆっくりペースの更新ですが、また時々覗いてみて下さいね。

こんばんわ

あー、このポンポン触りたーい(^^)
仔犬ちゃん独特で可愛いですよね・・・

入院、大変でしたね。
シニアもだけどパピーも体力がないから、下痢するとコワイですよね。
でも、元気になったようでよかったぁー!
やんちゃっぷりも最高です

これからも、あすかちゃんの事やみかんちゃんの事
楽しみに待っています

幸せな日記、ありがとうございます(*^^*)

みかんちゃん迎えたこと、あすかちゃん喜んでるよ!元気なすいかさんのこと好きだったはずだし☆

うちはしつけ教室に通わせてます。とにかく吠えがすごくて(;´д`)

ハルクは先生が大好きでウキウキしながら勉強してるよ♪

★ おからさんへ

おからさん、こんにちは。

子犬のぽんぽんって、ホントかわいいですよね~♪
あすかのぴんくのぽんぽんを思い出されて、かわいくて、かわいくて、なでなでしてはちゅ~して、かなりの勢いで愛でてます(笑)

来てすぐ入院する事になって驚きましたが、元々強い犬だなぁ~と思っていたので、次の日には何もなかったようにケロっとしてました。
強いわんこでも環境が変わってやっぱりストレスもあったのでしょうね。
一度、子犬を来て一週間ぐらいで亡くした事があったので、ケロっとしてたけど帰ってきたときは本当にホットしたました。

やっと、あすかの思い出も少しずつ話せるぐらいに元気が戻ってきました。
あれだけ落ち込んでいたけれど、子犬ちゃんパワーは本当にすごいですよね!

★ だいすけさんへ

やっと、明るい内容の記事が書けるようになりました。
さすがあすかが送り込んでくれた!?わんこですよね。
私のツボを心得ていて、見ているだけで元気をもらえます。

ハルクちゃんは、吠えがすごいんですね。
みかんは吠えないけれど、とにかく甘噛みがひどいです。
やっぱりしつけ教室の方が、ちゃんとしつけできそうですよね。
私も、近くで良いしつけ教室がないか、調べてみます。

わんこ育てって、ホント楽しいですよね♪

みかんちゃん、見る見る大きくなっていきますね。

ホント、お鼻が黒くて、あすかちゃんの子犬の頃に
似てますね!

犬といられる幸せ・・・って言葉、なんだかとても心に響きます。
うちも豆ちゃんという老犬がいますが、残された時間
大事に過ごしたい・・・
少しずつ弱っていく豆ちゃんを見るといつもそう思います。

★ 豆ぴっこジャン さんへ

豆ぴっこジャン さん、おはようございます。

みかんの成長は本当に早くて、今日はしっぽが太くなった、今日は足が長くなった。なんて、物凄い成長のスピードに驚いている毎日です。
この頃の写真だとまだまだちびっこですが、すでに今はもうちょっと大きくなってます。
どれぐらいの大きさで落ち着くのか、楽しみでもありますね。

私の場合、一人で家に居る事が長いので、傍にわんこが居てくれるだけでお家の中がパッと明るくなったように思えるんですよね。
結婚した時からあすかを連れてきたので、わんこが傍にいない事が逆に不自然で、わんこが傍に居る喜びをこれでもかってぐらい毎日かみ締めてます。

豆ぴっこジャン さんも老犬ちゃんがいらっしゃるのですね。
老犬だと、特に一緒に居られる時間が濃くなるから、毎日を大事に過ごしたいと思えますよね。
犬と一緒に居る時間て、子供と一緒にいるような、親友と一緒にいるような、不思議な感覚ですよね。
こんな幸せな時間は、大事に、大事に過ごしたいですね☆

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク