老犬あすかの介護生活&みかん日記虹の橋 『雨降り地区』

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

虹の橋 『雨降り地区』

久しぶりの更新です。

扁桃腺が原因でまた風邪をぶり返したり、ショックな事は重なるもので、他にも色々と考えさせられるような事もあり、軽くふさぎこんでました。
あすかが旅立ってから、暗い内容ばかりでごめんなさい…。


身体が弱ったり、他の事で落ち込んだりするのと同時に哀しみもひどくぶり返してしまう時期もあったりして、こういう時は特に私はあすかの事を心の支えにしていたのだなぁと思わされるような日々でした。


そんな中、哀しみを紛らわすためにネットでペットロス関係のものをあれやこれや気の向くままに見ていました。
以前もちらっと目にした記憶があるような気もするのですが、今の私の心境にピッタリな虹の橋の続きにあたるような『雨降り地区』という詩を見付けました。




~虹の橋~

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
…まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと…。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです…。





けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。





『雨降り地区』  作者 芝山弓子様

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。








虹の橋は作者不詳のとても有名な詩ですが、『雨降り地区』は故芝山弓子さんが書かれた詩です。
芝山弓子さんは平成17年にお亡くなりになられているようですが、生前に「無断転載は大歓迎」とおっしゃられていたようなので、掲載させて頂きました。

こんなにも素敵な詩を遺されて、最愛のペットを亡くした人たちの心に響く詩ですよね。
この詩を見つけてから、何度も何度も読み返しては、


「そうか、私が寂しかったり悲しかったりするように、あすかも天国から見守る事はできても、以前のようには私とは一緒に居られなくて、寂しかったり、私が悲しんでるのを見て悲しかったりしているのだろうな……。
あすかも私と一緒の気持ちなんだろうな……。」


なんて、思いました。
それでも、哀しみは理屈じゃないのでまだ時間はかかりそうですが、泣いてしまうような思い出ばかりではなく、思わず笑顔になるような楽しかった思い出も沢山思い出したり、振り返ったりしてます。


色んな事が重なりすぎて、やっと少しずつ気持ちが浮上してきたところなので、更新やコメントやメールのお返しが遅くなってしまうと思いますが、少しずつですが更新とコメント、メールのお返しもしていきたいと思います。





あすか思い出写真
(以前UPした事を忘れている写真もあるので、かぶっていたらごめんなさい)


あすか8-10




あすか8-11


前回と同じポラロイドで撮った写真です。
長座布団がまだ1つしかないので、おととしの秋ぐらいかな。
旦那さんに包まれて、ぼけ~っとしたお顔をしてます。
この、おとぼけな表情が大好きです







2006年6月


2006年6月の写真です。
介護が始まって少ししてからの頃です。
前庭疾患から回復して、なんとか歩けるようになって、歩きつかれて抱っこしたまま眠ってしまった写真です。

介護が始まる以前は、抱っこするなんてもっての他でしたので、前庭疾患を境にこんな感じで抱っこさせてくれるようになっただけでも嬉しかったのに、ましてや腕の中で寝ちゃうなんて!

多分、「寝顔がたまらん!!」なんて言いながら撮ってると思います(笑)








2007年9月


2007年9月の写真です。

この頃はだいぶ痴呆が進んでいたので、感情表現も乏しくて、尻尾も垂れ下がっていたし、こんなにハッキリとお耳をぺた~んとしてくれる事はほとんど無くなっていたので、嬉しくて撮ったのだと思います。

このぺた~んとしたお耳の間のおでこをつるん、つるんとなでなでしまくりたいな~なんて思ってしまいますね。










スポンサードリンク

コメント

すいかさんの人生はまだまだ長いし、ゆっくり考えて前に進めばいいと思いますよ(*^^*)

「DOG FUN」今月号が最後みたいですね(*_*)あすかちゃんのことを知るきっかけを作ってくれた雑誌。本当に残念です。

すいかさん こんにちは
『雨降り地区』のことはしりませんでした。
ピクを送った後はなるべく泣かないようにしないといけませんね。

お体の具合はいかがですか?
また梅雨まじかになりました、ご自愛くださいね。
ご主人とののほほんツーシットの写真
とっても素敵です。

すいかさん、こんにちは。
どうなさっているかとても心配していました。またブログを更新してくださってありがとうございます。

『虹の橋』の詩、何度読んでも泣いてしまいます。
『雨降り地区』もとてもよいですね。これだけ読んでも泣いてしまいました。

『雨降り地区』のこと、私も知りませんでした。アイを送ったらきっとたくさん泣くと思いますが、せめて長期間にならないよう気をつけようと思いました。

お耳ぺたんのあすかちゃん、とってもかわいいですね♪ なにかよっぽどうれしいことがあったのでしょうね。なにがあったのかな?

またペットロスのことやあすかちゃんのこと、すいかさんの近況など教えてくださいね。ブログの更新、楽しみにしています。

★ お久しぶりです

こんばんわ

そろそろ関東地方も梅雨入りするみたいですね…
その後、体調の方はいかがですか?

久し振りに、あすかちゃんのお顔が見れて嬉しいです(^^)
やっぱり、かわいいv-10

『雨降り地区』のお話、
豆さんの所だったかな??
~虹の橋~と一緒にあって、その時初めて見ました。
何回読んでも、心に響きますね。
うらんがお空にいっても、出来るだけはやく虹の橋に
行けるようにしてあげなければ、なりませんね。
できるかな。。。

お身体 ご自愛くださいね

すいかさん、おはようございます。
ちょっとごぶさたですね。お体大丈夫かな?

雨降り地区のお話、私は知りませんでした。
私もモモのときは、何してても涙がとまらなくって、
モモも心配していただろうなと思いました。
もうすぐ一周忌なんですよ。
今は時々胸がつまるような思いになるときもありますが
涙がとまらないってことはなくなりました。
もこがときどきももちゃんの行動をするので、うれしいです。
多分来週くらいから訓練学校にだしますけど。

あすかちゃん、本当にかわいいなあ。
これからもあすかちゃんの写真みせてくださいね。
すいかさんもお体お大事にしてくださいね。

体調は、いかがですか、
2回目のコメントのa-tanです
いろいろの疲れが、たまって、休みなさいのサインだったんでしょうね。
介護されてるときは、あすかちゃん1番だから、寝込んでられないと
気がはってたんですよ!
あすかちゃんも、虹の橋の向こうのお友達のところに、安心していけるよう
ムリしない程度に、元気だしてください!
と言うa-tanもまだ、お骨をかたずけれず、リビングにいます。
相変わらず、果物は、きらさず、お菓子をいただくと
tanuちゃんよかったネーと、はじめは、お供えして、いただいてます。
でも元気ですよ

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク