老犬あすかの介護生活&みかん日記繋がる老犬介護。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

繋がる老犬介護。

またもや体調不良です。
風邪をひいてしまいました。

腱鞘炎もまだ完全には治らないし、ここのところの連続の体調不良を考えるとやっぱり今までの介護疲れがドッと出てきてるみたいです。
介護中は体調不良があっても、ここまで連続しての体調不良はなかったので、自分が大きく体調を崩すとあすかのお世話ができなくなるって事があったので緊張の糸が張っていたのだなぁと改めて思いました。

今はお世話もなくなってしまったので、生活に張りがない気がして少し寂しいです。
もう1ヶ月以上経ちましたが、まだまだ気持ち的にも、身体的にも上がり下がりが治まらないですね。




さてさて、暗い感じのスタートになりましたが、実はとても嬉しい事がありました。



ブログにコメントを頂いた『のどかさん』が、寝たきりのわんこをお散歩させるためのベビーカーを探している。との事でしたので、あすかのベビーカーを使って頂く事にしました。

元々、四十九日を過ぎたら少しずつあすかの物を整理しつつ、新品の物や使える物は現在老犬介護中の方に使って頂こうと思っていたので、これもあすかが導いてくれたのかな?と思って、ベビーカーを送らせて頂きました。



アイちゃん1-3





アイちゃん1-4



18歳のアイちゃんです。
とーーーっても気に入ってくれたようで、ベビーカーでのお散歩やお庭で幌を付けてお昼寝までしてくれているそうです。

こんなにも気持ち良く眠っていて、寝たきりのわんこはどことなくお顔付きが似ている気がして、アイちゃんの寝顔を見ていると、あすかと重なってその上あすかのベビーカーにも乗ってくれていて、写真を見ているだけで幸せな気持ちになれます。


なんだか、あすかの介護が次につながった気がして、本当に、本当に嬉しくて、あすかの祭壇の前で報告したり、嬉しさをずっと語ってました。
わんこによって、介護の内容も随分と違ってくるので、もしかしたらベビーカーも合わないかも。と思っていたので、余計に嬉しかったんですよね。



のどかさんに、アイちゃんの現在の状況と介護情報も教えて頂きましたのでまとめてみました。


アイちゃんは若い頃から白犬で、昨年徐々に足が弱くなってきて10月頃から寝たきりになったそうです。
写真だとちょっと分かりにくいですが、右後ろ足の腰骨のあたりに床ずれがあり、ラップ療法をしているそうです。



アイちゃん1-1






アイちゃん1-2



鳥谷部俊一という方が書かれた「褥創治療の常識非常識-ラップ療法から開放性ウエットドレッシングまで-」という人間の床ずれ用の本を見てラップ療法を試されたら、アイちゃんの床ずれはかなり良くなったと言う事です。

昨年12月から開始して、今では床ずれだった場所に少しですが産毛が生えてくるまでになったそうです。

この本は人間の床ずれの治療全般についても、解りやすく解説されているようで、治る過程が写真で紹介されているので写真のグロささえ我慢すればとても良い本だそうです。





褥創治療の常識非常識―ラップ療法から開放ウエットドレッシングまで
↓↓↓詳しい説明はこちら
褥創治療の常識非常識―ラップ療法から開放ウエットドレッシングまで



私はまだ実際に目を通せていませんが、床ずれについてはほとんど知識が無いに等しいので、機会があれば是非読んでみたいと思ってます。

老犬にラップ療法を試されている方も多いようですし、現在老犬の床ずれに悩んでいる方にはとても参考になるのではないかと思います。





アイちゃんは、昨年12月初旬にお腹を壊して獣医さんに診せに行ったところ

「もう高齢なので経口での栄養の摂取は難しく、このままお空に帰るだろう」

と言われ、しばらくは獣医さんの言うとおり重湯のようなものを食べさせながら天に召されるのを待っていたそうです。

12月中旬から下旬は、アイちゃんが痩せ細ってお腹を空かせて床ずれや痛い箇所があちこちにあるまま、お空へ帰ってしまうと思って泣いてばかりだったそうです。

ある時ふと思い立って、お腹を壊していた時に食べさせていた獣医さんに新たに出してもらった老犬用ドッグフードではなく、それ以前にずっと食べていたドッグフードの残りを食べさせてみたらお腹を壊さなくなって、更には元気も取り戻し始めたそうです。

以来、獣医さんには行かないで、本を読んだりしつつ介護されているそうです。


やはり、老犬にはやさしくない動物病院は存在するのですね。
他の方のブログでも「もう年だから仕方が無い…」と初めから諦めるような獣医師も居るような記事も見かける事がありましたが、実際にここまでひどい病院があると聞くと、怒りさえ覚えるような気がします。

人間と同じで、ペットも高齢化がどんどん進んでいるのだから、時代に合わせて動物病院もちゃんと対応していって欲しいものですよね……。



他には、犬用オムツの使用感も頂きました。

『最近、犬用おむつは家の近所のDSやホームセンターやペットショップではユニチャームのものしか扱わなくなってしまいました。
しかもユニチャームのおむつはリニューアルして股上が浅くなってしまい、素材もごそごそするし改悪されたと感じています。
リニューアルされたユニチャームのおむつを追加購入される場合はまず量の少なめのものを買って試すとよいかと思います。』


と言う事だそうです。
確かに、あすかを介護中の時もユニチャームもそうだし、他のメーカーの物も何度かリニューアルして、同じメーカーの物でもリニューアル前と後ではだいぶ使用感が違った気がします。

メーカーの方もまだ試行錯誤中なのか、原材料の価格の変化の影響もあったりするのかもしれないですね。
これから、犬用オムツを試される方は参考にされると良いかもしれないです。


のどかさん、貴重な情報をありがとうございました。
介護グッツも日々変わっていくと思うので、新しい情報はこれから介護の方にとても参考になりますし、本も実際に参考にされた本をご紹介頂いたので、今床ずれのわんちゃんが居て悩んでいる方にはとても貴重な情報だと思います。

介護で大変な中、とても詳しく丁寧に教えて下さって本当にありがとうございました。


今度は、アイちゃんのお散歩中のお写真も撮ってきて下さるそうなので、楽しみに待っていたいと思います。



アイちゃん1-5






私も、まだまだ気持ち的にも浮き沈みがあって、テレビで犬を見ては泣いてしまったり、何気なくあすかに話しかけたり、「あすか~」なんて呼んでみたり。
そんな日々を送っていますが、これからは老犬介護をされている方を応援する側になったのだな。と思って、少しずつですがブログも細々と続けつつ、応援していけたらなぁ。なんて思ってます。


まだまだ介護疲れが抜けない毎日ですが、小さな事から始められたらと思います。




あすかの思い出写真




あすか7-40


日付がなかったので、いつ頃の写真か分からないのですが、多分7、8歳ぐらいじゃないかと思います。
夏はいつも日陰の家の裏へ移していたので、この場所でいつもあすかと遊んでました。
この場所で、蚊に刺されながらいっぱい話しかけていたのがとってもなつかしいです。





NEC_0100.jpg

2006年の11月頃です。
介護が始まって最初の冬なので、歩けていたのでまだお顔もふっくらしています。

あすかのお口周り、お鼻周りが一番好きなので、しょっちゅうこうやってちょっかい出しては嫌がられてました(笑)
こんな写真を見ると、あ~ほっぺにちゅ~したい!お口をぐりぐりしたい!お鼻にすりすりしたい!って衝動に駆られるので、妄想の中で楽しんでます






200706012336000.jpg

2007年6月1日の写真です。
多分、ごはんにお鼻を突っ込んで一生懸命食べていた頃の食後の写真だと思います。
ほんの2年前なのに、こんな頃もあったな~と思うと、本当になつかしく思えます。








コメントへの返信、かなり遅れていてごめんなさい。
体調不良もあって、かなりゆっくりペースの返信になっていますが、すべて大切に読ませて頂いてます。
励ましのコメント、本当にありがとうございます。

ブログも相変わらず読み逃げばかりになってしまっていますが、いつも楽しみに読ませて頂いてます。
介護疲れが抜けて、もう少し元気が出てきたらコメントを残したいと思っていますので、また以前のようにブログに行き来させてもらえたら。と思います。










スポンサードリンク

コメント

★ ありがとうございます

すいかさん、おはようございます。
徹夜明けでこちらを拝見したらさっそくアイのことがブログにアップされていて驚きました! 丁寧に記事にしていただけてとてもうれしいです♪

インターネットにアイの写真が載ったのは今回が初めてなのでなんだかどきどきしています。下手な写真ですが掲載してくださってありがとうございます。

若い頃のあすかちゃんは凛々しいお顔をされていますね! 食後の写真もとてもかわいいです♪ 老犬ちゃんになると本当に子犬みたいな顔になるんだなぁと思って、子犬のあすかちゃんを想像してみたりしました。

体調など思わしくないご様子ですが、無理をなさらずすいかさんのペースでこれからもがんばってください。

これからも閲覧やコメントをしにうかがいますね。お散歩の写真も近いうちに撮ってきますね♪

もしも大変なようでしたらご返信のお気遣いは不要です。コメントを読んでいただけるだけでうれしいです♪

★ お久し振りです。

お風邪大丈夫ですか?
気を付けてくださいね…

アイちゃん、とても気持ち良さそうですね♪
きっと、あすかちゃんも喜んでいるでしょうね…

老犬に対する病院の対応も様々なんですね。
獣医さんも、老犬や介護に対応できる知識をつけて
「思いやり」のある対応をして欲しいですよね。

☆あすかちゃんの月命日だったんですね。
  え!もう?という感じです。
 あすかちゃんの思い出写真楽しみにしています。
 


こんにちは

アイちゃんがあすかちゃんのベビーカーを使ってらっしゃるのですね!
アイちゃんかわいい~♪気持ちよさそうですね。
今は気候が良いので日光浴も出来るから良かったですね。
ラップ療法~良く聞きます。
ご自分で勉強なさって治療されてるとの事、素晴らしいです。
心無い獣医さんはいますよね。。。でも人間もワンコも高齢社会。
もっと進歩して欲しいです。
オムツの件にしてもしかり
改悪されては困ります。人間の赤ちゃん用に比べて割高だし素材もごわごわだし。。。

またアイちゃんの様子を楽しみにしています。
そしてあすかちゃんのお鼻にご飯がくっ付いた様子がかわいくてかわいくて♪

すいかさん。。。お体大切に。。。
ゆっくり更新してくださいね。
「繋がる介護」。。。私たちにとってとても勉強になります。
ココには知識と経験が一杯!!
これからもよろしくお願い致します。

★ 幸せの糸・・・

こんばんわ!

すいかさん、大丈夫ですか?
季節の変わり目と疲れが重なってしまったのかなぁ~。
腰の方は、いかがですか?
レスなんて入りませんから、どうかゆっくりと休んでくださいネv-290

アイちゃ~ん、はじめましてv-291
気持ちよさそうに、日向ぼっこしていますね。
かわいいなぁv-10
あすかちゃんのベビーカー、ぴったしでよかったですね
私も嬉しい♪

あー、こんなところにも心ない獣医さんがいらしたのですね。
でも、のどかさんがきちんと勉強なさっていて、スゴイです
アイちゃんも心強いですね

あすかちゃん、かわいいv-343
前に食器にお顔を突っ込んでいたムービーか写真だったか…
思い出して、にんまりしちゃいました

また、調子が整ったら 見せてくださいネ

お大事に・・・v-300

こんにちは

アイちゃん とってもいいお顔してます。
あすかちゃんにとっても感じがにてますね。
私ももうすぐ20歳になる仔の介護していておんなじこと感じました。
獣医さんが言われることは教科書上の一般論であって
やはり飼い主が一番その仔にとって
最善の方法を見つけられると、つくずく思いました。
人間の子同様、「自分の子は自分で守る」です。
獣医の言葉よりも、私は
ブログの皆さんに教えて頂いたことを優先してます。
だって実体験ですから!!


あすかちゃんの鼻にごはんの写真
とっても素敵です。
ブログの更新は体調の良いときぼちぼちでいいですよ。
すいかさん 無理はしないでくださいね。

★ お久しぶりです

こんにちは。
ず~っと読み逃げしてました。ごめんなさい。
気分の浮き沈みは 私もまだあります。
きっとまだまだ時間が必要なんでしょうね。

ベビーカーがあすかちゃんからアイちゃんへ^^
とっても良い事ですね。

老犬介護をすると 本当に悩む事沢山あるけど
老犬ってスゴクかわいい!って思いませんか?
これから介護をする方は、不安もあるだろうけれど
老犬との生活は 本当に楽しいし 愛しいですよね。
私もポ~ちゃんの体中のニオイを嗅ぐのが大好きでしたよ~^^

すいかさん体調大丈夫でしょうか?ゆっくり休めるだけ休んで下さいね。あすかちゃんのベビーカーがアイちゃんの手に渡って良かったです。なんだか命のリレーみたいでみんなにそのベビーカーが幸せをあげてる様ですね☆

14歳のウィルもまだまだ歩く事は出来ますが、白内障がすすんで全く目が見えなくなってしまいました。2ヶ月前くらいまではまだ見えていたのに今じゃお水もどこにあるか見えなくて家でも散歩中でも頭ゴンゴンぶつけています…

ウィルのママとしてはどんどん老いていく姿が不安だし、相当戸惑っています。けれどあすかちゃんブログや本を参考に介護をしていきたいなと思います。
これからもブログチェックさせて下さい☆

すいかさん、こんばんは。
読み逃げしちゃっててすみません。
暖かくなってきましたね。
お散歩やお外でのひなたぼっこ、アイちゃんうれしいでしょうね。
あすかちゃんもアイちゃんに使ってもらってきっと喜んでますね。
おひさまにあたって、もっともっと元気になってもらいましょうね。

あすかちゃんの若いころの写真、
なんだか大きくみえますね。
立派なあすかちゃんだぁv-10

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク