老犬あすかの介護生活&みかん日記書き途中だった日記。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

書き途中だった日記。

あすかの思い出を語ったり、書きたい事もあるのですが、時間が経てば経つほど、あすかが居ない寂しさが募ってしまって、涙を流す事はずい分減りましたが、気力が少し出ない状態が続いてます。

身体は元気なのですが、やはり3年間ずっと続けてきた生活が一変してしまう事は、なかなか慣れないので余計に寂しいのかもしれないです。

こんなに寂しがってばかりいたらあすかに怒られちゃうけれど、もうちょっとだけ寂しがらせてね……。
本当に少しずつだけど、前には進みたいから、今だけはいっぱい哀しませてね。




今日は、あすかが旅立つ少し前にUPしようとしていた書き途中の日記をUPしたいと思います。
腱鞘炎の痛みがあった為に、少しずつ書き進めていた日記でした。
今、冷静な目で読んでみると、やっぱりかなり急激な衰えがきていたな……と思えました。

冒頭の旦那さんとのやりとりもなつかしく、今はあすかを挟んでこんなやりとりができないのが少し寂しいです…。





<3月7日に保存していました。>


この間、旦那さんがあすかぶぅの匂いを嗅いでいたので、羨ましいな~と思いながら眺めていたら


「くさ!あすかの臭い耳の匂いが俺の鼻の周りに付いた!」


なんて叫んだので、羨ましすぎて


「私もあすかのお耳の匂いを鼻の周りに付ける!」


と叫びつつ、自分の鼻をあすかぶぅのお耳に突っ込んだら、直接鼻を耳の中に入れすぎ!って思いっきり突っ込まれました(笑)
旦那さんでも、マッハのスピードでツッコミを入れるぐらいなので、知らない人が見たら完全に変質者に見えるのだろうなぁ……。






さて、ここの所急激にあすかの老化が進行してる。なんて書いていましたが、今日はその進行具合をUPしていこうかと思います。
本当に、かなり急激に目で見て明らかに少し前より衰えたと分かったぐらいなので、老犬介護に慣れていてもやっぱり少しショックで、自分の中で受け止めるのに時間がかかりました。

それでも、これから年老いていくわんこ達のためにもほんの少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。


分かりやすいように、以前の経過と共にUPしたいと思います。





NEC_0059.jpg


2006年11月頃の介護が始まって半年ぐらい経った時の写真です。
この頃は、よたよたと歩いていた頃でした。
初めてオムツをはいた時にかわいくて撮った写真です。

最初あすかは8キロぐらいありましたが、この頃は確か7キロぐらいだったと思います。








2007年6月

2007年6月頃です。




2007年8月


2007年7月の胃捻転で死にかけて、なんとか持ち直した直後の写真です。
この時を期に寝たきりになりました。





2007年9月


胃捻転後、1月経った頃の写真です。
この頃はまだ前足を少しバタつかせたり、かなり元気で夜泣きもひどい頃でした。








2007年12月-1




2007年12月の寝たきりになって半年ぐらいです。
こんな写真しかなかったのですが、まだ前足を曲げる事もできたし、、首も左右上下に自分でしっかり動かしていました。
夜泣きもまだまだひどかったですが、鳴けるだけ元気があった証拠だったのだな~と今では思います。
体重も6キロちょっとあった頃だと思います。










9月


寝たきり1年ぐらいです。
ブログを始めて少し経った頃ですが、この頃はもう手足が硬直していて全く動かせませんが、首だけはしっかり動かしていたし、何かを訴えて時は「わん!」と吠えていました。

体重は6キロ前後をうろうろしてました。










あすか7-24




あすか7-26




あすか7-25



現在です。
骨折のせいもあったと思いますが、ここ2ヶ月ぐらいで急激に足が細くなりました。
腰周りも小さくなっていたのが、更に小さくなってしまいました。
体重は前回の測定だと5.6キロ。
痩せてしまう時だと、5.3ぐらいになってしまいます。








首が下に曲がってしまうという事も書いていましたが、座らせるとこんな状態になります。




あすか7-27





すか7-28




最近は、他の硬直が更に進んだのか口を開きにくくなっているらしく、とてもごはんを食べにくそうで、しっかり食べる事は食べるのですが、以前より時間がかかってしまうのと、飲み込む力も少し弱っているようです。
そのせいで、口の脇にごはんのカスが沢山たまるので、それを取る作業を毎日していたのですが、この間とうとう閉まる力が強すぎて噛まれてしまいました。。。
(今考えると、もう食べたくなかったのかもしれないです)



目に見えたり、症状として出てきたのはここ2ヶ月ぐらいなのかもしれないのですが、気が付きにくかっただけで、前から少しずつ症状が進んでいたのかもしれないですが、骨折が原因なのか、ただ老化が進んだだけなのか、目に見える老いは急激に出てきました。
寝ている時間も更に増えてしまったし、吠えるのは食べ終わった後気持ちが悪い時だけです。

血便も以前よりかなり回数が増えてしまったので、本当に心配なのですが、どんなにかわいくて思えても、老犬と一緒に過ごしているのだから、「老い」や「持病の悪化」は避けて通れない道ですね。


向き合わなければいけないこと、受けとめなければいけないことが沢山出てきますが、それでも最後の最後まで「楽しい介護♪」を目指して、あすかぶぅと一緒に穏やかに過ごしていきたいと思います。









これが、あすかの介護日記の最後のものになりました。
読み返してみると、最期が近くて生きる力を振り絞っていたのかもしれないです。
現在の写真を見てみても、身体も細いですし、表情もちょっとくもってました。

アップのお顔はこんな表情をしていました。




あすか7-30


この頃は、以前のような満面のいいお顔をほとんどしてくれなかったので、すごく寂しくてなるべく、なるべくいいお顔をしてくれそうな事を一生懸命していたので、「宝物だよ~」なんていいながら、長い時間なでなでしていたのかもしれないです。









また祭壇が賑やかになりました。




あすか7-29





あすか7-28


いつもあすかの事を応援して下さった、かわいく頑張っているうらんちゃんの飼い主のおからさんから頂きました。
あすかの写真入りの目覚まし時計とストラップ、シール、ひまわりも頂きました。
落ち込んでいる私の事を想って、いつもあすかと一緒に居られるように、すごくすごく考えて下さった贈り物です。

とても心のこもったおからさんとうらんちゃんからのメッセージもあって、うらんちゃんのお手紙には涙してしまいました。
こんなにも心のこもった贈り物、本当にありがとうございました。

あすかの居ないお家が寂しかったですが、起きる時も電話をする時もあすかが傍にいてくれるみたいで、本当に嬉しいです。


いつもかわいく頑張ってるうらんちゃんにもとっても癒されていて、あすかもうらんちゃんの元へ飛んで遊びに行ってるだろうな~。

時々、うらんちゃんの近況をすももさんが更新していますので、是非是非うらんちゃんやすももさんのもこちゃんに会いに行ってみて下さいね。
↓↓↓
『* おっとり ももちゃん *』





少しだけ気持ち的に元気がある時に、ほんのちょっとずつですがコメントもお返ししているので、時々覗いてみて下さいね。
ゆっくりペースのコメントのお返しですが、本当に心のこもったお言葉が沢山ありますので、お礼のコメントをどうしてもしたいので、少しずつですが返信していきたいと思います。


本当に沢山のコメント、メッセージ、メール、ありがとうございました。










スポンサードリンク

コメント

こんばんは。
こんなに細くなってるあすかちゃんなのに床擦れも出来ずに
いたなんて。。。すいかさんの介護が痒い所まで手が届いてた証拠だと
思いました。
あすかちゃん。。。ほんとによいお顔。優しくってかわいくって。。。
私もすりすりしたいですよ。

おからさんの優しいお心遣いにも涙が出ました。
私の大好きな笑ってるあすかちゃん。

どうかあすかちゃんのためにも少しずつ元気になってくださいね。

こんばんわ!

sachikoのおっしゃるように、床ずれが出来なかったなんて
すいかさんの介護がどれだけのものだったのか…
見習たい事ばかりです

あすかちゃんのお顔も年を重ねるにつれ、
かわいいお顔から優しいお顔になってきていますね。
すいかさんに向かって微笑んでいるようです。

あすかちゃん、本当に幸せな犬生だったのだなぁ~
って また改めて思いました。

私もうらんとそんな関係になれるようにしたいです

おはようございます。

私も、あすかちゃんとすいかさんの様な素敵な関係を築いていきたいと思います。
いつも笑顔で側にいてくれた、すいかsan。
あすかちゃん、きっときっと幸せですね。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク