老犬あすかの介護生活&みかん日記老犬パワー。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

老犬パワー。

ここにきて、寝たきりで徐々に衰えているのが目に見えていながらも、あすかのたくましい老犬パワーに驚かされてます。
少しずつですが、いつもの表情が戻ってきてるようです。




あすか6-73




あすか6-75


だいぶ状況に慣れてきたとは言え、まだまだ心配なのでこうやって座らせて抱っこしたり、横にして抱っこしてる時間を以前より更に多く取ってます。
座らせる状態にすると分かりやすいのですが、首が下を向いてきてしまっています。
首がだいぶ硬直しているので、ごはんをあげるのも一苦労ですが、そんな状態もなんのその!相変わらずの食欲で、まだまだお顔はふっくらしてます。






あすか6-76

お顔に生気が戻ってきてお目目もキョロっとしてるので、少しずつ表情も戻ってきているみたいです。








あすか6-78

お膝の上で横にすると、とにかく爆睡してしまうので、やっと起きてかわいいお顔!と思ったら……。






あすか6-79

いつものように、3秒後ぐらいはもう眠ってます(笑)
(目は開いてますが、これで眠ってます)









あすか6-80

少しずつ、少しずつですが、いつものあすかに戻りつつあるみたいで、本当にホッとしました。
たまに少し痛がってるかな?ぐらいの時がありますが、そこまでじゃないみたいなのであすかのたくましさにはいつも、いつも驚かされます。

でも、抱え上げる動作、ごはんを上げる時、薬を飲ませる時、とにかく動かす時の一つ一つ全てにかなり気を付けないといけない状態なので、まだまだ気を抜けないですが、少しずついちゃいちゃしたりもしているので、そんな介護日記が書ける日もそう遠くなさそうです♪







実は、腱鞘炎で何をするにも時間がかかってしまうのもそうですが、腱鞘炎になり始めた頃から介護疲れが一気に出てしまいまして、すべての緊張の糸がプッツリ切れてしまっていました。
昼夜逆転生活や不規則な生活でお日様を見る日もほとんどなくて、気力がかなりなくなった状態でした。
何かで読んだ事がありますが、お日様を浴びないと気力が沸かないなんて事も本当にあるらしいのですが…。

そんな生活だと、外に出かける事もほとんどできないので、旦那さん以外誰とも会わない、全く話しをしない。なんて事がほとんど毎日でした。
ちょっと外出した時でも、結局はあすかの事が気になって早めに帰ってきてしまう始末ですし、あすかは大好きで一緒にいたいけれど、外にも出たい…という気持ちもあって、でもどうにもならなくて、期間もかなり長くなってきていますから、そんな状態にちょっと疲れていました。

今回の骨折事件もそうですが、私の事も含め、色々な意味で老犬介護の難しさを感じてます。
まだあすかが少しでも動けていた頃の方が、気が張っていて体力的には辛くても、精神的には頑張れた気がします。
そう考えると、あすか自身も寝たきりの今の状態の方が精神的には辛いのでしょうが…。

腱鞘炎の療養の為に、実家でしばらくゆっくりできたので、少しずつ気力も取り戻しつつありますが、皮肉な事にあすかの骨折があったから現実に戻ってきました。
ただ、骨折のせいで更に外には出られなくなりましたが…。

1人でポツンとあすかのお世話と家事だけをしている時は、またちょっと辛くなってしまいますが、それでもあすかの笑顔には本当に癒されるので、少しずつ、少しずつ、いつものように戻れたらな…なんて思います。

そんな状態なので、しばらく更新の頻度もゆっくりになってしまいますし、読み逃げばかりになってしまいますが、またいつもの状態に戻れたら、パワー全開イチャイチャ日記を書きたいな~と思っているので、気長に覗いてみて下さいね。

かなり暗い事を書いてしまいましたが、あすかのお世話とイチャイチャだけはいつも通りしてますので、大丈夫です。
今日も、あすかの鼻がもげそうな程ちゅ~してます

介護は難しい事や色々な問題が起きたり、体力的や精神的に大変な事が本当に多いですが、それでもやっぱりあすかはかわいくて仕方がないのです。
わんこがかわいく愛おしく思えることが、老犬介護の一番の原動力になりますね!










スポンサードリンク

コメント

今日はたくさんあすかちゃんのかわいい写真が見れてこちらまでHappyになりました(^-^)とてもいいお顔ですね!

食欲があるのはすごく良い事ですよね。獣医さんにもいつもきちんと食べさせる様に言われてます。食べることで免疫力もアップし食事は老犬にとって何より大切ですね。


確かに老犬の介護は精神的にも体力的にも参ってしまう時ありますよね。
私も仕事行っていますが、夜中に何度も起きなければならない事があって寝不足だったり早く寝てよー(イライラ)と愛犬に思ってしまったり…(;_;

けれど、顔を見ると全く罪の無い顔。痛いのにわがまま言えずただ黙って私の下手な介護を受けてこっちを見ている。あと何十年も一緒に過ごしたいけど、一緒に過ごせるのがもう長くないと思うとただただ残りの人生快適に過ごしてそして甘えたいだけ甘えてね…と思うものです。

あすかちゃんは本当に幸せだと思いますよ(^_^) みんなで介護頑張りましょう(*^_^*)

お日さまに当たるのは 鬱の治療になるんですよ
目から たくさんの日光を取りいれると良いんです
でも お外へ行くだけが その方法ではありません
お部屋の1番日当たりのいいところで あすかちゃんだっこして まどろまばいいんですよ(経験者は語る)

誰にも会わない 話さない 確かにメゲテきます
わたしもそういう時がありました
可能なら パパさんに預けて お買い物に行くとかされてみたらどうでしょう?

わたしの場合 うちのおとぅさんは 信用できませんが(* ̄m ̄)プッ!

すいかさん 辛かったら お話し聞きますよ
いつでもメールくださいね(=^_^=)

★ Willママさんへ

老犬にとって、食欲は本当に重要ですよね。
あすかも、病院に行くと毎回食欲が全く落ちない事に驚かれますが、それでも徐々に体重が落ちていってしまうので、どんなに元気に見えて食欲旺盛でもやっぱり老犬なんだな~って実感してます。

年を越してから、急に色んな疲れがどっと出てしまったみたいで、まぁ他にも色々重なったのもあるのですが、ちょっと休憩が必要な状態になってしまいました。
今はだいぶ回復して、いつも通りに近くはなっていますが、腱鞘炎もあってか、なかなかスッキリと言う訳にはいかないですね…。

でも、Willママさんはお仕事されながらの介護なんですね。
お仕事されながらだと、夜中のお世話は本当に大変ですよね。
私なんて家事と介護のみなので、更にお仕事されながら介護されている方は本当にすごいなぁと、いつも思います。

でも、疲れてしまっても不思議とあすかのお世話はもうしたくない!とは全く思わないのが不思議で、どちらかと言えば家事を放棄したくなる感じなので、やっぱりあすかのお世話そのものは好きみたいです。
何があっても、あすかのお顔を見ると癒されちゃいますしね♪

まだまだ、悩みところも多いですが、みんなで介護を頑張るって元気付けられますね!
少しずつですが、いつも通りのラブラブ日記が書けるように、頑張っていきますねi-179

★ くうちゃんさんへ

やっぱりお日様に当たるのは、元気の素なんですね!
ここ数ヶ月、お日様が昇ったら眠りについて、日が落ちたら起きる。なんて生活がほとんどだったので、余計に気力がなくなっていったのかもしれないですね。
これから、なるべく意識してお日様を浴びるようにしてみます♪

家族以外誰にも会わなかったり、話しをしなかったりって、本当に元気がなくなってきますよね。
家の実家は、家族が多くて賑やかなので、結婚してからあすかと2人だけの時間が延々と続いているので、ちょっと疲れちゃったみたいです。

旦那さんに預けてお買い物。いいですねi-179
でも、ちょっと頼りなさ過ぎてやっぱり早く帰ってきちゃいそうです。
旦那さんは、お水をあげる事と抱っこぐらいしかできないので…。。。

それに、最近はあすかがデリケートなのもあって、実家に預けても心配でダメなんですよね。
なので、なかなか外に何時間も出るって事ができないので、余計に引きこもっちゃってます。

でも、とりあえずは少しずつ元気になってきて、いつも通りに戻りつつあるので大丈夫そうです。
色々ご心配頂いて、本当にありがとうございますi-179

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク