老犬あすかの介護生活&みかん日記犬の体温計、体温の測り方。~老犬の体温調節について~

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

犬の体温計、体温の測り方。~老犬の体温調節について~

この間購入した、フレキシブル体温計の使用感を書きたいと思います。
使用感と言っても、ただ先っぽが柔らかいだけなので、使用感を書く程でもないですが、こんな体温計を全く知らないと言う人も居るかもしれないので…。




↓↓↓詳しい説明はこちら
フレキシブル体温計






体温計


フレキシブル体温計は、先っぽが柔らかい体温計なので、こんな感じでクネクネと先が曲がります。
これを犬の肛門に入れて体温を測りますが、普通の電子体温計でも大丈夫らしいですが、先が柔らかい方が暴れられても危なくないし、安心して測れるかと思います。





いざ!!

体温計3


さすがのあすかでも、この姿をさらすのはちょっとかわいそうなので、お顔の表情だけで…。
最初、ちょっとビクッ!としてビックリしますが、先が柔らかいためその後はそんなに気にならないようです。
ちょっと、ビックリしてきょとんとしてるかな?






ピピピ……っと1、2分ぐらい?
そんなに時間はかからないです。

体温計2


本日の体温は38.8度でした。
毛布でぬくぬくしていた直後なので、少し体温が高めですがいつもだと37度台ぐらいです。
ちなみに犬の平均体温は、37.5~39℃前後。
老犬や大型犬は少し低めで、仔犬、小型犬は少し高めらしいです。

犬は元気で当たり前、のような感覚を持ってしまいがちですが、いざ熱が出た時に平熱が分からないなんて事でも困るので、犬用の体温計を常備しておいても良いかもしれないですね。
体温計で測らなくても、耳の辺りを毎日触って熱があるか、ないかチェックしてみてもいいですよ~なんて、獣医さんに教えてもらいました。

他には、後足の付根に挟んで測ったり、体温計にサランラップやビニール巻き付けて、ニベアやオリーブオイルなどの潤滑油を塗って差し込んで測るやり方もありますが、あまり正確ではないようですし、体温計は犬用と人間用で分けたいし、せっかく犬専用の体温計を買うなら、わざわざ人間用のを買わなくても、値段もそんなに変わらないしフレキシブル体温計の方が良いかな~なんて思って購入しました。







肛門だと暴れて測れない、嫌がって測らせてくれない。
なんて場合が、耳で簡単に測れる体温計もあります。





icon
icon
↓↓↓詳しい説明はこちら
ペット用電子耳体温計(PT300)
icon


耳に当てて1秒で計測できるとのこと。
これなら動き回る犬にも、肛門で測るのを嫌がる犬にもピッタリですね。
ただ、ちょっとお値段がお高めかな。
人間用でも、耳で測るタイプがあるからそちらでも代用できるかも?
犬用でも、今は色々あるんですね!




あすかの場合、寝たきりだという事もあって、特に体温調節ができにくいらしく、その管理の為にも犬の体温計を購入しましたが、体温調節の関連記事はこちらです。
↓↓↓
『老犬の寒さ対策。』


ここのところは、気候も安定してきたのでだいぶ落ち着きましたが、季節の変わり目は本当に悩ませられるので、この間も獣医さんに相談してみると、やはり寝たきりの犬は動いて体の熱をうまく発散する事ができなくなるので、ちょっと暑い日などは熱がこもりがちになり、体温調節がおかしくなるらしいです。

新陳代謝が悪い事や硬直して動かなくなった足は特に血の巡りも悪くなるので、1年中通してどうしても冷たくなってしまうようです。
あすかの場合、硬直した足を無理矢理動かされたり、本当に短時間のマッサージでやめておかないと、足に触れられる事さえ物凄く嫌がります。
ひどいと、鳴き叫んで拒否されるので、マッサージで血の巡りを良くさせるのも、なかなか難しいし獣医さんにも嫌がるなら、止めておいた方が良いと言われました。

そんなこんなで、とにかく寝たきりのあすかの体温調節には、いつも悩まされるのですが、今ぐらいの時期の場合、もし体が熱くなりすぎてしまった時は、濡れタオルを首にかけてあげて冷やしてあげるのが良いらしいです。
なるべく、頻繁にとりかえて治まるまで続けると良いらしいですが、それでは追いつかないと言う場合は、アイスノンを首だけに当ててあげて、10や20分など時間を決めて冷やしてあげると良いそうです。

足だけ冷たい場合は、全身を冷やすのは良くないらしいので、『首だけを冷やす』と言うのがポイントらしいです。
もし、寝たきりの犬で体温調節が異常だと感じたら、是非試してみて下さい。

あすかの場合はすごく体が熱くて、目も充血して真っ赤で、皮膚も赤味を帯びてるのに、ハァハァしてない!なんて異常な状況が多いです。
それだけ、体温調節も異常なんだと思います。
体温計がどこまで役に立つか分からないけれど、これで少しでも上手に管理できると良いな。なんて思ってます。




※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪





今日のあすか





あすか2-35






あすか2-36





ありゃ~~。
旦那さんのお膝の上でグッスリちゃん
お鼻の先っちょも毛布にめりこませて、気持ちが良いんだね。

いつも、私のお膝の上でもこんな感じで眠ってます。
でも、やっぱり私のお膝が一番好きだよね?そうだよね?あすかぶぅ?

「そうだよ~」

なんて言って欲しい今日この頃。
旦那さんとイチャイチャされまくりだから、せめて私も仲間に入れてよ~。なんてゴロにゃンと割って入りたい勢いです(笑)










スポンサードリンク

コメント

★ こんばんわ♪

そうですよね~~、
平熱を知っておく事って大切ですよね。

>耳の辺りを毎日触って熱があるか、ないかチェック
これは、簡単でいいですね。
確かに、微熱かな??って時は、お耳が匂ってるので
鼻で確認も大切ですよね~~  ← これって、うらんだけかな!?

あすかちゃん、今日もデレデレしちゃってて可愛いv-10
でも1番は、すいかさんのお膝だと思いまーすv-237

★ おからさんへ

そうなんですよね、具合が悪くなった時に熱いかな?と思っても、平熱が分からないと熱がどれだけあるかないかも分からない…。
なんて思ったのと、ちょっと前にあった異常に体が熱くなった事件で、やっぱり体温計は必要かな~なんて。

特にひどいのが季節の変わり目だけだから、ついついそのままにしてたので、今回はちゃんと購入しよう!なんて思いました。

>確かに、微熱かな??って時は、お耳が匂ってるので
鼻で確認も大切ですよね~~

あはは(笑)
匂いで確認って良いですね!
でも、あすかはお耳もお鼻も何度キレイにしても、匂うから分かりにくいんですよね。
慣れない人には強烈かも!?

温度が上がると香りも強くなるから、体温が上がった時も匂いが強くなるのかもしれないですね。
うらんちゃんのお耳の匂いも嗅いでみたいな♪

あすかは、最近デレデレしまくりですよね。
でも、旦那さんに抱っこされるのもすぐに飽きちゃうみたいだから、私のお膝が一番好きなのかも。
そうであってほしい……i-238

あすかちゃん、旦那様とラブラブなんですねぇ。
うちの主人が羨ましがりそうですw(笑)
うちは、皆主人にはご挨拶程度で・・・・・・
いつも嘆いてます(汗)

老犬の体温調整って、難しいんですね。
知り合いのとこでは、夏に冷房を20℃設定しないといけないと聞いた事がありますが、ボディーと足の温度が違ったりすることもあるんですね。
うちも、ボディーは温かいけど足先が少し低い気がするので、これからは気をつけてみます。

犬用の体温計はル-キ-の時に欲しいな~と思ってました。
よく体が冷たいな~と思ったのですが
やはり手だけで触っているのでは確信がもてなくて。。。

耳で測定するのはどうなんでしょうか?
人間用の耳のを持ってますが差し込んだ角度によって
体温が違い結局普通ので測ってました。
ブルブル。。。なんてされたら危なくないのかな?

あすかちゃんいつも抱っこされてぬくぬく
たくさん愛情を感じているだろうね~~幸せだね、あすかちゃん。

こんばんは。

モモは体温測ったのは、亡くなる少し前の2回だけです。
それも病院で。
体温で体調変化わかりますもんね。
人間なら当たり前なのに、
またまたダメ飼い主ぶり発揮ですv-12

すいかさん、あすかちゃんの体調管理バッチリですね。

あすかちゃん、今日もとっても気持ち良さそうv-10

★ k-maruさんへ

わんこって分かりやすいですよね~。
好きな人には物凄く愛想を振りまくけど、興味がない人にはぜ~んぜん興味がなかったり。
あすかは、ボケてない頃は知らない人には全くなつかなかったけれど、私の匂いが付いてるからか、私に付いてた匂いを嗅いでたからか、旦那さんにはすぐなついちゃいました。

でも、旦那さんの実家のJ君は物凄く分かりやすくて、旦那さん意外の人にはあんまり興味を示さないんですよね~。

あすかも真夏の間は、冷房の温度設定は低め+扇風機+保冷剤を使ってました。
寝たきりだと、ベットとの設置面が物凄く暑いらしくて、一緒の部屋にいる私は、長ズボンをはいてました。

老犬でも特に寝たきりだと足先は物凄く冷たいです。
普通の老犬でも冷たいですが、寝たきりになるとまた別な感じかもしれないです。
実際、身体が不自由になったり、寝たきりになってみないと、細かい体の変化ってどこにでるか知らない事ばかりですよね。
あすかも、もっと老化が進んだら他にも何か出てくるかな~なんてちょっと怖いですが、そのたびに上手に対処できればなって思ってます。

★ カルコさんへ

そうなんですよ!体温の変化は低かったり、高かったり、触っていてなんとなくは分かるけれど、熱があるのか、ないのか、体温調節がおかしいだけなのか、確信が持てない事が何度もあったので、思い切って購入してみました。
もしいらなくなっても、旦那さんとこのJ君もいるし、何かと役立ちそうです。

なるほど~!耳で測るのは場所によって誤差があるのですね~。
確かに、1秒で計測できるってあまり正確そうじゃないかもしれないですよね。
犬用と人間用での違いってのもあるのかな?
耳の体温計って目新しいけれど、便利すぎて逆に不便みたいな感じかもしれないですね~。

あすかは、昔は抱っこが大大大大嫌いだったんですよ~。
それも、かなり小さい頃から…。
相当頑固な犬だったと思います。
それが今じゃ抱っこを催促するまでに!!
昔できなかった分、今抱っこをできるのが楽しくて仕方がないです♪

★ すももさんへ

あすかも、これだけ体調を崩したり、体温調節がおかしかったりしてるのに、今になってやっと購入したぐらいですから、私もダメダメですよ~。
しかも、体温を測ったのなんてこれが始めてかもしれないです。

あまり犬の体温って気にした事がないから、普段から測ってる飼い主さんも少なそうですよね。
病院でも、お家で体温はどうでしたか?なんて人間の病院みたいに聞かれないし。
元気な若いわんこならいらないかもしれないけれど、介護中の老犬には1本あっても良いかもですよね。

今もあすかは、私のお膝の上でうつら、うつらしてます。
ちゃんと寝てくれたら、私も眠れるんだけどなぁ~。
でも、かわいいから、いっかなv-10

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク