老犬あすかの介護生活&みかん日記老犬の寒さ対策。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

老犬の寒さ対策。

ここのところ昼は暖かくて夜は寒かったり、物凄く暖かい日もあれば、暖房なしではいられないぐらい寒い日もあって、気候が安定しているようで寒暖の差が激しい日も多いです。
そんな季節の変わり目になかなかついていけてないあすかですが、とにかく悩ませられるのがこんな時の体温調節です。

介護が始まった頃からありましたが、体が異常に熱くて足だけは氷のように冷たい。と言う状態が、寝たきりになってから特にひどくなりました。
今のような季節の変わり目は特に調節が難しく、毛布をかけたり、はいでみたり、肌がけに変えてみたり、タオルを足だけにかけてみたり、体が異常に熱いだけに、足だけ上手に暖めるのがとても難しいのです。

気温や室温が高くて足だけが冷たいという時は特に調節がしにくくて、足だけを暖めても気温が高い為に体も異常に熱くなったりという状態も多くて、春から夏にかけてもそうですが、季節の変わり目には毎年悩まされます。
あすかの冷たくなった足をモミモミしたり、握って暖めたりしますが、どんな事をしても気温が微妙に高い時の体温調節は本当に難しいです。

ここの所夜だけはかなり涼しくなってきたので、少し調節もしやすくなってきましたが、涼しくなったり、寒くなったりして始めてできるあすかの湯たんぽでの寒さ対策を紹介したいと思います。


同じようにやっている方も多いかと思いますが、まず準備するのはペットボトルです。



寒さ対策



ペットボトルは、変形しやすいのでなるべく丈夫なペットボトルを選ぶと良いです。
お茶やウーロン茶のペットボトルの方が比較的固くて丈夫です。
ペットボトルの大きさは、暖めたい箇所や時期によって使い分けると良いと思います。
お出かけの時などは、かなり小さいペットボトルにお湯を入れて持って行ったり、中間の1リットルのペットボトルを使ったり、歩けていた頃は場所や状況によって色々使い分けてました。

ペットボトルの中にお湯を入れて、湯たんぽとして代用しますが、やけど対策とペットボトルが熱で変形しないように、沸騰したお湯を水道水で薄めて温度を少し下げてからお湯を入れた方がいいです。
ペットボトルにお湯を入れると少し膨張するので、満タンにしないで必ず満タンより少し減らしてお湯を入れて下さい。




お湯を入れたら、タオルでくるみます。


寒さ対策2


小さいペットボトルはフェイスタオルで、大きいペットボトルはバスタオルでくるむと良いです。





寒さ対策3

くるんだ後は、両端をゴムでキャンディーのように留めます。





寒さ対策4


小さいペットボトルは、真冬だとすぐに冷めてしまうので、その時によってこのまま使ったり、更にタオルを巻いたりして、温度をうまく調節します。
大きいペットボトルは、バスタオルだけはかなり熱いので、いらない毛布を4つに切って、切った毛布を更にくるっと巻いて使います。
毛布に巻くと、熱くなりすぎず、保温効果もあるので長時間持ちます。



こんな感じで置いています。


寒さ対策5



ピッタリくっつけてしまうと、低温やけどになってしまうので、必ず体から離して置いて下さい。
大きいペットボトルの湯たんぽはベットやクッションの下に置いたり、両サイドに離して置いたりして使用しています。
離して置くだけでも、暖かさは充分伝わるので、真冬では必需品になっています。

小さいペットボトルはピンポイントで脚用に使用したりしています。
今の時期、足だけ冷たい。なんて時に活躍してくれると思います。

ただ、このやり方は動ける犬だと自分からひっついて行って、低温やけどになる可能性が大きいので、眠った隙を見計らって近くに置いてあげたり、寝たきり犬の足元に置いてあげたり、徘徊する時など真冬はとても寒いので、マットの下に小さいペットボトルを並べたりして使用するなどして、低音やけどに注意しながら行って下さい。

今は、犬用の暖房機器も沢山出ていますし、レンジでチンするだけの湯たんぽや犬用のホットカーペットなどもあって、手間もかからず便利な物も沢山あるので、このやり方ですと手間もかかるので状況に合わせて上手に使い分けると良いと思います。
犬用の暖房機器については、また別の機会に紹介したいと思います。

これの他にもホッカイロを上手に利用しても寒さ対策ができます。
必ず低温やけどに気を付けながら、貼るホッカイロや、モミモミしながら使う携帯用のホッカイロ、靴用のホッカイロなども使えると思いますので、犬の大きさや状況に合わせて試してみると良いかもしれません。

老犬にとって、寒さは普通で考えるより体に堪えるものだと思います。
歩けている老犬でも、ちょっと足先を触ってあげてみて下さい。
氷のように冷たいなんて事があると思うので、そんな時は何かしらの工夫をしてあげると寒さによって引き起こされやすい病気や発作も少しは防げるかもしれませんので、これからの時期は特に注意してあげて下さい。



※注意※  
この湯たんぽの使い方は、完全に自己流なので温度が高すぎる事によるペットボトルの膨張や破裂、低温やけどなどには特に注意しなければいけないやり方なので、必ずお湯を入れる時に温度を下げる事、満タンに入れないようにして下さい。
なるべく体にピッタリくっつけないようにしたり、タオルや毛布を何枚も巻くなどして温度を調節したり低温やけどが起きにくいような工夫も必要です。

この注意を守っても、自己流なので何かしらの事故が起こる可能性もあります。
何か事故や怪我が起きたとしても責任はとれませんので、もし実行する際は自己責任で実行して下さい。

動ける犬には向かいないやり方かもしれないので、特に注意して下さい。




※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪




今日のあすか


あすか2-7



あすか2-8



気候が安定してるからなのか、涼しくなってきたからか、だいぶ調子が良いみたいで、顔付きもほとんど戻ってきました♪
今日は特にお散歩が気持ち良かったみたいで、「風が気持ち良いから、もっとベビーカーを押して~」なんて言ってるように見えました

今日もいっぱいなでなでしてもらって、いっぱいわんこも寄ってきてクンクンされて、ものすご~~~くクンクンされてる時の写真を撮りたくて、かなり良いシャッターチャンスが何度もあったのですが、話しかけられている時に写真を撮るのも失礼かと思って、いつもなかなか撮れない…。。。
首からデジカメを下げて撮りやすい状況にすれば、もうちょっと撮りやすいかな。

クンクンしてるわんこも、されてるあすかもとってもかわゆすぎて、たまらんです
動けないのもあるから、いつも同じような写真になっちゃうし、そのうち絶対囲まれてる時を写真におさめてみます!!
わんこがそこらじゅうをかわゆくぷりぷり歩いているので、ここは本当にわんこ天国でお散歩が楽しすぎます










スポンサードリンク

コメント

★ こんばんはぁ

最近は、朝晩冷えるときもあるので、そろそろ寒さ対策必要ですね。
私はすごく冷え症で、夏でも靴下はいて寝るくらいでなのですが、
ペットボトル湯たんぽ自分で使っています。
タオルで巻いて抱っこして寝ます。
朝まで暖かく、それで顔洗ってます。

熱湯だと人間でもやけどしそうなので、
わんちゃんの場合は、絶対注意必要ですね。
すいかさんの方法、自然な暖かさになってよいと思います。

今日のあすかちゃん、調子よさそうでよかったです。
お散歩してるところ、遭遇したいな。

★ すももさんへ

朝晩はだいぶ冷え込むようになってきましたよね。
私もかなりの冷え性で、あすかに合わせて真夏に冷房を入れている時は長ズボンに靴下、毛布を常備してました。
真冬はもちろん毎晩湯たんぽを入れないと、なかなか寝付けないです。

なるほど!確かにこの湯たんぽ、人が使っても暖かそうですよね♪
しかも、朝ちょっと暖かい湯たんぽのお湯で顔を洗うのって、ナイスアイディアですね!!
家の洗面所はお湯が出ないので、真冬も冷水で顔を洗っているので、あすかの湯たんぽのお湯を使って顔を洗おうかな。

湯たんぽは暖かいけれど、低温やけどにはかなり注意ですよね。
家の両親はしょっちゅう湯たんぽで低温やけどしていたので、あすかは自分でどかせられないから、特に注意してあげなきゃ!なんて思ってました。

真冬はこの湯たんぽのお陰で、あすかの足は常にほっかほかなので、かなり重宝してます☆
真冬のお散歩にも小さいのを持って行こうかな~なんて思ってます♪

★ ワンちゃん大好きなんですね。

あすかちゃん お友達が大好きなんですね♪
家のむっちゃんも、人間より ワンちゃんの方が好きみたいです。
猫や犬にはしっぽふりふり。人間にはそっけないよ~。
「なんか食べ物頂戴」の要求ばかりです(笑)
前の飼い主さん(捨てた?飼い主さん)には、しっぽふりふりするのかな~?
老犬になったり病気になったりすると、捨ててしまう飼い主もたくさんいるのに、あすかちゃんは本当に幸せです。いいお顔しています。こちらもとても癒されます(*^_^*)  
あすかちゃん かわゆい~♪

ペットボトルの湯たんぽは、前に新聞に載っていたような気がします。
暖かさがちょうどよいみたいですね。
うちも動けているときは、電子レンジであたためるものや、電気湯たんぽ
を使っていましたが、これだとわんこが上に寝るので、寝たきりわんこは
暑くなっても自分で動けないので、寝たきりになってからは使わなくなりました。
今の季節の体温調節は、難しいですね。
人間とわんことの温度の感じ方も違うでしょうし・・・

あすかちゃんのおうちのまわりは、自然がいっぱいでいいですね~~
うちはすぐ前が道路で車のとうりもけっこうあるので、うらやましいです。
外に出て家の中にいるのとは違う刺激を受けることは、
脳のためにとってもいいそうですよ(ムクの獣医さんが言っていたことです)♪

★ 寒くなるからね~

今日もいいお天気。
きっとあすかちゃんも散歩へゴ-!していることでしょう。。

ペットボトルの寒さ対策いいですよね。
人間の介護でもよく使っている方います。
電気代をもったいながる年配者の方多いし。

ル-キ-は冬の介護をしていないのですが
夏でも動かないから足が冷たくなってました。
もちろんエアコンからは離してベットをおいてはいたのですが。。。
まさかカイロを使う訳にはいかないので
よく教えてもらったリンパマッサ-ジをしてましたよ。
ちゃんと出来てたかどうかわかりませんが。。。。

私もすごい冷え性なんで湯たんぽはかかせません。
すももさんの洗顔使うはGoodアイデアですね。

今日も、あすかちゃん美人さんだねぇ♪
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン 、可愛い。

体温調節、うちも同じです。
このペットボトル、いい案ですよね。
私も、試して見ますね。
いつもペットヒーター使ってたんですが、硬くて嫌がるんで困ってたんです。

こうして、色んな事を吸収できてありがたいです。
いつも、ありがとうございます。

PS 
とうとう医学では、黒い食物は腎臓を強くするといわれてるみたいです。
ウインターノーズの仔にも、黒ゴマペーストは良いみたいです。
粒だと消化しないけど、ペーストならお勧めです。

★ ちゃむねこさんへ

あすかの若い頃は、他のわんこも知らない人も全くダメで、家族や旦那さんには私の匂いがついているからか、近い人だけにしか、なつかなかったのですよねぇ。
年をとって丸くなったのか、ボケちゃったからなのか、今ではわんこも知らない人も嬉しいみたいです♪

他のわんこもあすかが寝たきりだからか、匂いのせいかみんな気になるみたいで、飼い主さんそっちのけで集まってくるんですよね。
なので、いつも囲まれてます。

むっちゃんは、人間に興味がないんですね!!
たまに、そういうわんこもいるみたいだけれど、やっぱり珍しいかも。
でも、それはそれで個性だからかわいいですよね♪

わんこを捨ててしまう人もいるみたいだけど、こんなにかわいいのにどうして手放せるんだろう…って思います。
やっぱり、飼った以上は最後の最後までしっかり面倒見てあげたいですよね!

★ ムクさんへ

ペットボトルの湯たんぽ、自分にも使っている人が結構多いみたいですね♪
前に友達が泊まりに来た時に、普通の湯たんぽを入れてあげたら、家はペットボトルの湯たんぽだよ~なんて言っていたので、お手軽だし使いやすいですよね。

今は、色々ありますよね。
電気アンカとか、電子レンジの湯たんぽとか。
それだと、確かに寝たきりだと低温やけどをしちゃいそうで危ないですよね。
ペットボトルだと、大きいから離してても熱が伝わるし、だんだん冷めていくので、離して使えばその点は安心かなぁなんて思ってます。

家の周りは自然がいっぱいで、環境的には良いのですが、虫が多いのだけが難点なんですよねぇ。
あすかには、すごく良い環境なんですけど、虫が苦手な旦那さんは夏は蚊取り線香を絶対欠かさないです。
それでも、あすかに最高の場所なんで私は結構気に入ってます☆

★ カルコさんへ

今日もしっかりお散歩してきました~♪
今日はちょっと遠出して、近くのスーパーに足りないキャベツと卵を買いに一緒に行ったり。
ベビーカーを押していて、風を感じる時がとにかく好きみたいなので、今日は眠っちゃいそうなぐらい気持ち良さそうにしてました。
こんな表情されると、毎日いっぱい押したくなっちゃいますね♪

ペットボトル、人間の介護でも使われているのですね。
そうなんですよ、電気アンカとか楽で良いんですけど、真冬は24時間入れっぱなし、付けっぱなしになってしまうので、節約のためにもペットボトルにしました。
介護ってお金がかかるし、節約も重要ですよね。

そうそう!夏でも足が冷たくて、体温調節が本当に難しい。
何かかけてあげてもダメで、最終的にはマッサージをしてあげるしかないんですよねぇ。
色々探してますが、やっぱり良いやり方がなくて、今ももうちょっと上手な工夫があれば良いな~って思ってます。

★ k-maruさんへ

老犬の体温調節って本当に難しいですよね。
ペットボトルも大きかったり、小さいと冷めるのが早かったり、難点も沢山ありますが、上手く合ってくれると良いですね。

ペット専用の物も嫌がられると、なかなか辛いところもあるから、柔らかいと良いな~とか、サイズがもうちょっと違ったらな~なんて思うことも多いけれど、なかなかバリエーションって増えてくれないですよね。

黒い食べ物は、腎臓を強くして、黒ゴマペーストはウィンターノーズに良い...ψ(。。)メモメモ...
確かに、ゴマって良いって言いますもんね!
家に練り白ゴマならあったと思うんですが、今度色々見てますね~♪

★ こんばんわ‼

ペットボトル、いいですよね~!
仔犬を扱っている時は、たまに利用してました。
なのに・・・
今は、すっかり忘れてましたよ(@_@;)

うらんには、人間の1人用のをベッドに使っていたのですが
のぼせる事もしばしば…v-12
これからは、ペットボトルを上手に利用してみようと思いました。
これで、あんよの冷え冷えがよくなるかなぁ~。

あすかちゃん
お外に行く時は、おむつカバーしているんですんね。
可愛いらしぃー(^◇^)

今日は、風が強かったように感じましたが、
すいかさんのとこは、どうでしたか??

★ おからさんへ

仔犬を扱う時にペットボトルを使うんですね~。
やっぱり、仔犬も老犬も少し似たようなところがあるのかな♪

毛布をかけても、暖房器具を使っても、なかなか上手に足だけって暖められないですよねぇ。
レンジでチンの湯たんぽなら同じような効果があるかもしれないけれど、ペットボトルもすごくお手軽で、なかなか気に入ってます♪

大きいペットボトルなら、暖房なしの真冬でもかなり暖かさが持続するので、節約にもなりますしね。
暖房を入れると、乾燥もするし湯たんぽって原始的だけど優れものですよね!

そうなんですよ、お散歩の時だけはお手製のおむつカバー着けてます♪
他のは、ずるずるでサイズが合わないけれど、これならずるずるでも脱げにくいので、なんとか使えました。
やっぱり手作りって良いな~って思います☆

家の方も今日も昨日も風が強くて、ふとん乾燥シート?みたいなのを干してたら、全部下に落ちてました。。。
すごい風だけど、あすかはなぜか気持ち良さそう。
やっぱり、直接風が体に当たるのが、すごく好きみたいですi-178

★ ナイスアイデア!!

いいねー ペットボトル!:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・
今年はコレで乗り切ってみようかな

毎年 人用の小さい張るカイロを ベットの壁や下に張ってたんですが
おっしゃるとうり やけどが気になってたんです

今年は 基本リビングなので エアコンで良いんですが
やっぱり感想も気になるよね

コレ 頂き!

そして あすかちゃん かわいすぎデー(≧▽≦)/ース

★ はじめまして

我が家の17歳のヨーキーがお腹を壊し点滴もお薬も効かず、急激に足腰が衰えてしまい、オシメの利用を考え始めていたところで、こちらのサイトに出会いました。長年介護をしていらっしゃることに敬服いたします。

先ほどはよたよたと歩いてお水を飲みに行き、律儀にいつものコースで寝床まで帰りました。ちどり足を見ているだけでこちらの胸が痛みました。さよならの準備をしているのでしょう、今まで一緒に暮らした年月を思うと別れが辛いし、いとおしさが募ります。老犬って本当に赤ちゃんのように可愛いですよね。お散歩中の満足げなお顔が癒しですね。

我が家は一人と二匹暮らしで、老犬を置いて仕事に行かなくてはならないのが辛いです。

★ にゃも@さんへ

ホッカイロもなかなか使えますよね♪
実家の時は、冷暖房がない場所だったので、ペットボトルとホッカイロで防寒してました。
今のお部屋には暖房がありますが、24時間付けっぱなしも良くないので、眠ってる間は暖房を切って、ペットボトル湯たんぽをあすかの両サイドに置いて、毛布でぬくぬくにしてます。
これだけでも、かなり暖かいのでペットボトルでも良い仕事してくれます♪

歩けていて徘徊していた時は、歩き疲れて眠るのを待って、やけどしないように離して近くに置いてあげてました。
今は便利な暖房機器も沢山あるけれど、節約にもなるので上手に使い分けると便利ですよね☆

一緒にいる時は、逆にあすかが私の湯たんぽ代わりなんですけどねi-237

★ まるさんへ

まるさん、はじめまして!ブログにコメントありがとうございます。

17歳のヨーキーちゃん、具合が悪いのですね…。
言葉が話せなくて、痛いとか、辛いとか、直接聞けない分、少しずつ身体が衰えて行くのを見るのは、辛いものがありますよね。
あすかも、最初の病気の時に回復が遅かったので、もう助からないかも…と言われたので、そのお気持ちがとてもよく分かります。

>先ほどはよたよたと歩いてお水を飲みに行き、律儀にいつものコースで寝床まで帰りました。

辛いだろうに、こんな時でも律儀なところが、犬らしくもありせつなくなりますよね。
本当に老犬になればなる程、赤ちゃんのようで、その分別れも辛いですよね。
あすかも確実にそう遠くない別れがある事が分かっていても、やはりその時の事を想像すると、辛くて辛くてどうしようもない気持ちになっていしまいます。

なので、せめて今の時間を精一杯一緒に居られればなぁ。と思っています。
老犬を置いて、仕事や外に出るのって本当に辛いですよね。
私も、ちょっとした用事でさえ気になって気になってどうしようもなくて、いつも急いで帰ってきてます。

他の老犬を飼っているブログ仲間の方が、WEBカメラを取り入れて、仕事中でも様子が見れるようにして、外に居る時でもだいぶ気が楽になったとの事なので、私も今検討中だったりしてます。

上のコメントを頂いてるにゃも@さんのブログなのですが、こちらが記事です。
↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/namomo0209/17952431.html

様子が少しでも分かるだけで、心強いですよね。
もし、余計なお世話になってしまったら、ごめんなさい。

気候もだいぶ安定してきました。
老犬にとっては、良い季節ですよね。
まるさんのヨーキーちゃんが少しでも健やかで、穏やかな時間が過ごせますように。

★ 優しいお返事ありがとうございます!

今日はとうとうご飯抜きでした。大好きなヨーグルトも2ペロリだけだったし。ただ気持ちよさそうに眠り続けています。

年のせいで体が痛かったのか、最近だっこが好きではなかったのですが、先ほどお薬を飲ませたら疲れてそのまま寝てしまったので、それをよいことに抱っこしたまましばらく一緒に寝ていました。子守唄なんて2連発で歌ったりして…

今まで大病を何度も乗り越えてきた逞しい子でした。去年からいつお別れの時がきても覚悟しているつもりでしたが、目前に迫るとなりふり構わずめそめそしています。わんこの自然体から学ばなくては。この17年間に沢山のことを教えてもらいました。

お別れは辛いけど、それでもわんこのいる人生ってすばらしいですよね。この悲しみはすばらしさの代償なんですね。

★ まるさんへ

今日は、食欲がなかったのですね…。
元気な時はバクバク食べるだけに、わんこが食欲がない時の姿を見るのは本当に辛いですよね…。

最近は、抱っこが嫌いだったのですか。
あすかも、小さい頃から抱っこが大嫌いで、今のように抱っこできるようになったのは、ボケが始まってからなのですが、それをいい事に今ではしょっちゅう抱っこして、あすかの定位置は私の膝の上だったりしてます。
なので、抱っこが嫌なわんこを抱っこできる時は本当に嬉しいですよね♪
子守唄を2連発で歌ってしまう気持ち、物凄く分かりますi-179

今、本当にお辛い時期ですね…。
でも、グッスリ眠ってるって事は痛みや辛さはないのかな…。
せめて、痛みだけでもない状態であって欲しいですよね。

お別れは本当に辛いですね…。
私も、あすかは寝たきり生活が1年以上も続いてますし、いつ逝ってしまってもおかしくないかも。と思っているので、覚悟はしているつもりですが、やはり実際その時が近づいたらどんなに辛いだろうと思ってしまいます。
お別れは辛いだろうけれど、あすか自身は辛くて、不自由な体から解き放たれて楽にはなれるのかも。なんていつも自分に言い聞かせて少しずつ覚悟をしています。

>お別れは辛いけど、それでもわんこのいる人生ってすばらしいですよね。この悲しみはすばらしさの代償なんですね。

本当に、おっしゃる通りです!
お別れはいつか絶対きてしまうけれど、一緒に暮らせた日々も時間も、楽しくて、嬉しくて、素晴らしい時間だったと思います。
それだけに、お別れは辛いかもしれないけれど、それだけ楽しく一緒に過ごせたって事ですよね。

犬と一緒に最後までいられる事って本当に幸せな事なのかもしれないですね。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク