老犬あすかの介護生活&みかん日記歩くあすかぶぅ。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

歩くあすかぶぅ。

動画をUPするようになって、何年か前の携帯を引っ張り出し、データを整理するといくつか動画が出てきました~♪
とりあえず、その中の1つです。









あすかが普通に歩いてる(≧∇≦)
歩いているというより、よたよたしてバイクに突っ込んでるだけだけど、なつかしい!!
この動画は、多分最初に前庭疾患で倒れて回復して初めての夏だと思います。
3年前の夏ぐらいかなぁ。
前庭疾患の影響で、まだ身体が痩せてますね~。

ボケもこの頃から始まったので、バイクに頭を突っ込む、突っ込む!
同じところをくるくる回ってるし、そんな姿も本当になつかしいので、とっても、とっても愛おしいです

老化も進んで、歩けなくなって、吠える回数も減って、寝たきりになって…。
という状態になると、投げ出したくなる程きつかった時期や、夜鳴きや昼夜逆転が大変だった時。
毎日、何時間かおきに昼、夜関係なく外へおちっちやうんち君をさせに行った事。
毎晩、徘徊に付き合って眠れなかった時。

靴を履かせて歩かせたり、私の足の間に挟んで歩かせたり、嬉しかった事も、辛かった事も、全部がなつかしく思えるし、今よりあの時期の方があすかにとっては歩けていたから幸せだったんだろうなぁって思ったり。
すべてが良い思い出になるんですよね。

きつくて、きつくて、怒ってしまったりした時もあったけれど、今のような状態にいつかなる。なんて分かってたら、怒らずに穏やかに接していたんだろうな~って。
なので、今介護が一番大変で怒ったり、しかったりが多くなった人には、いつかこんな時期もくるから、怒れるうちは元気な証拠だよ。なんて知ってもらいたいな~なんて。

昔の写真や動画を見ると、色々と思い出して感傷的になりますね

こんな何でもなく歩けていた動画も、今となっては物凄く貴重な映像ですよね!
なので歩けないながらも、今ベビーカーでお散歩を出来る事が、余計に嬉しかったりするんですよね。
どれだけ嬉しかったかと言うと、ベビーカーが届いたその日に嬉しすぎて、嬉しすぎて、包みを解いたり、使い方をマスターするのに夢中になり、作っていたハヤシライスを焦がしました(笑)

お陰で、その日はちょっと焦げっぽいハヤシライスを食べる事に…。
私は、夢中になると他のことが見えなくなるんですよね。
いくらなんでも、夢中になりすぎかな…。。。


それは置いといて、この動画の写真バージョンです。



NEC_0088.jpg



NEC_0089.jpg



こんな感じでバイクに頭を……。
徘徊するわんこの狭い所へ入ったり、つっかかてる写真を見ると、早く助けてあげればいいのに!ってツッコミを入れたくなりますが、助けちゃったら激写ができない!!
心を鬼にして笑いながら(本当に鬼ですね)撮るのが、徘徊の醍醐味ですヽ(*´∀`)ノ










スポンサードリンク

コメント

あすかちゃん、歩いてる~~♡♡♡♡
シッポもクルンとしてるね~~~
貴重な画像が見れてすごく嬉しいです!!

そうなんですよね。
動いているとたしかに大変でイライラしたり。。。
本当はすごくかわいくて仕方ないけど
いつになったら楽になるのかな?とか思ったり
ル-キ-に対してはいまでも後悔がたくさんあります。
でも後悔のない介護はないというからすべてひっくるめて
いい思い出にしないといけないな~~と思ってます。
そしてコルトの時にはル-キ-で学んだことを生かして
出来る限りしてあげたいと思っているところです。

プチヒサです、
あすかちゃん、毎日楽しくお散歩へ行っているですね
 そうそう、ごちゃごちゃ言う人は最初だけでよ
実は家二年前に虹の橋に引越ししてしまった、シーズの子がいました
その子もカートンに乗って病院や散歩に行っていたんですよ
その頃は今よりカートンに乗せるという人がなく
色々なご意見を頂きましたが、
最初は凹みましたけど、ニカ「名前」と私が楽しければと思うようになりました、
と゜うかあすかちゃんとの散歩を楽しんだ下さいね

それと、貴重な映像ですね、いいえお宝ですね
やっぱり、狭い所に行ってしまうですね、
でも、写真だとバイク好きのわんちゃんしか見えませんけど

最後に色々のカートンの情報ありがとうございます、
うちも、前の子のはありますが、
こんどは、ビーグルの子がもうそろそろ必要かなと思っていて
どんなのが良いのかと迷っていましたのでとても参考になりました

前回のコメントのお返事、ありがとうございます。

今日のあすかちゃんの歩く動画、すごく良かったです!!
尻尾がきちんと巻いてあって、匂いを嗅いでる(?)姿は、元気で、ほのぼのとして可愛かったです!!

今日も治療の際、「前庭疾患は、何度か再発します。完全に治るとは言えないかも...。」と、お医者さんに言われたのですが、前庭疾患から回復後のあすかちゃんを見ていたら、「大丈夫!!また、歩けるようになる!!」と勇気づけられました。

それにしても、犬って狭いところが好きだなと思います。
うちの犬が初めて来たとき、物置の隙間や、車の下に潜るのが好きで、危ないのでめさせようとしたら、絶対体の入らない箪笥の隙間に逃げ込もうとして、もがいていました。
お風呂に入れようとした時や、病院へ連れて行く時も、同じ事を何度か繰り返していたので、余程嫌だったんだろうなって、今は思います。

小さい頃は、腕を輪のようにして、体に沿うようにして抱っこしていると、すぐ寝付いてくれたので、狭い所や体のラインに沿うような場所は、多分、うちに来る前、他の兄弟と一緒に寝ていた時の安心感が得られる状態と同じなのかもと、私は勝手に思っています。

★ カルコさんへ

そうそう!この頃はまだシッポがくるんとしてました♪
この後ぐらいから、痴呆がひどくなっていたので、ぎりぎりボケてるかボケてないかぐらいの時だと思います。

歩けたり、動ける時は、イライラしたり、怒っちゃったりって事もついつい多くなっちゃいますよね。
介護が大変で眠らせてもらえない時なんて、ついついもう眠らせてよ~~なんて言っちゃったり。
わんこは何も悪くないって分かってても、自分が限界を超えちゃうと当たっちゃうんですよね。

私も、大変だった頃はいくつも後悔があります。
ゆくゆくは、今みたいな寝たきりの状態になるって分かってたらなぁ~って、あの頃の自分に言ってあげたいけれど、確かに全部ひっくるめて介護だから良い思い出なのかもしれないですよね。

そんな思いもあるから、より今を大事にしてあげたいな。とも思いますねi-228

★ junjunさんへ

ちょっと珍しい光景で外に出ると、色々と言われますよね。
靴を履かせて散歩した時も、足の間に挟んで歩いていた時も、ヨタヨタ歩いていた時も、とにかく色々と言われたので、慣れなかった最初の頃は物凄く辛かったです。

でも、あまりに言われると慣れるもんで、だいたい聞き流すようにはしてるけれど、やっぱり自分とわんこが楽しければ、何を言われようが関係ないですよね♪

この頃の動画、録った頃は何でもない普通の動画だったけれど、今となっては本当にお宝ですね!
何度見ても、あ~あすかが立ってるし、歩いてるな~って。
写真も良いけれど、やっぱり動いてる姿ってかなり貴重ですよね。

カート、少しでも参考になってもらえたなら嬉しいです。
微妙にブレーキ付きだったり、折りたたみの仕方が違ったり、キャリーバックになったりとあるようなので、ビーグルちゃんにピッタリのカートが見付かると良いですね♪

★ 菜の花さんへ

あすかの前庭疾患の経験が、少しでも参考になってもらえたなら嬉しいです♪
老犬には多い病気なのに、意外と前庭疾患の病気の事を知らない人って多いみたいで、私も何も知らなかっただけに、ブログに書くだけでも参考にしてくれる人がいればな~なんて思って、書いてみました。

前庭疾患は、何度も何度も再発するので、根気もいると思いますが、わんこ自信はきっと頑張りたいって思ってると思うので、首が曲がってしまっても、身体が傾いてしまっても、一生懸命頑張ってるだけに、お手伝いをしてあげたいですよね。

あすかも、最初の前庭疾患の症状がひどくて、回復までに時間がかかった割には、次に再発するまでの何ヶ月かは外犬に戻れるまで回復して、普通に過ごしていたので、それぐらいまでになってくれると良いですねi-179

わんこって、本当に狭い所が好きですよね~。
旦那さんの実家のミニチュアダックスも毛布の中にもぐってきたり、腕の下に入り込んできたり、狭いところが大好きで、お鼻を突っ込んで行く姿がかわいくて仕方がないです。
入り込む時の姿って、なんだかおちゃめですよね。

前庭疾患の事で、何か不安な事があったら、またいつでもコメント下さいね。
あすかの経験の中の範囲でしか分かりませんが、お力になれることもあるかもしれないので、気軽にコメントして下さいねi-179

★ あっ!バイクの下に…

ふふふ…心を鬼にして激写!(笑)
あすかちゃんには悪いですけど、動けずに固まったあすかちゃん可愛いです♪
私も鬼ですね(笑)

前回書かれてた、信じられない一言。
「もう時間の問題…」そんな事を言う人がいるのが悲しいです。
その人がどんな気持で言ったのかは分かりませんがショックですね。
でもお散歩中のあすかちゃんは、本当に気持ちがよさそうにしてましたね♪
まばたきは、合図なんですね^^

★ かわいいっ

あすかちゃん 歩いてる!
ものすごい貴重映像だね
あすかちゃんって本当に癒される(>▽<)

病気や老いにちゃんと立ち向かってる 生命力はすばらしいです
ハリーもいつ前庭疾患の次の発作が起きるか。。心配ですが
前向きにがんばろうって ココに来ると思いますよー

最近 お留守番してるハリーが心配で
webカメラを設置したんです 携帯で静止画が見れるのよー(親ばか)
また 使いこなしたら記事にします

疲れたら あすかちゃんに会いにきてる 。。。ワタシ(p_q*)

★ シュガーレスさんへ

あの独特の隙間に挟まって、動けなってる姿とか、物につっかかって静止してる姿とか、助けてあげれば良いのに写真を何枚も撮ったり、ムービーを録ったり、助けなきゃ~と思いつつ、どうしても何かに残したくて、何枚も撮ったりしちゃうんですよね~。
後から見ると、あ~こんな時もあったな~なんてニヤニヤしながら眺められるので、撮って良かったって思いますしね♪

ひどい事を言う人のほどんどは、実は悪気はなかったりするんですよねぇ。
昔の人は特にそういう考え方の人が多いと思うし、たいがい言う人は、何も考えてなくて、話しを聞かないおばさんか、古い考えのおじさんが多いと思います。
だからと言って、言って良い訳でもなく、やはり言葉は選んでほしいとは思いますよね。

そんな人たちも沢山いますが、断然励ましてくれる人の方が多いので、気にしないで楽しくお散歩するのが一番ですよね☆

★ にゃも@さんへ

あすかの数少ないお宝映像です♪
他にもいくつかありますが、ちゃんと歩いているところのムービーって意外と少なくて、座ってるところとか、おもしろっぽい映像ばっかりで、ごくごく普通の姿の映像が逆に少なくて、もっと撮っておけば良かったな~って思います。

録った記憶もあるのですが、多分メモリーがいっぱいになっちゃっていくつか削除したらしく、かなり後悔してます。
また今度、他の動画もUPしますね♪

老犬って本当にたくましいですよね!!
あすかも、何度ダメかと思ったけれど、毎回復活してくれたので、また起きるかもしれない前庭疾患も不安ですが、できるだけ起きないような状況を作ってあげなきゃな~って思ってます。

ハリーちゃんも、症状がひどかっただけに、再発は本当に心配ですよね。
冬も再発率が結構高いので、年を越して2、3月辺りが一番出やすいので、気をつけてあげなきゃな~って思ってます。

webカメラ!!羨ましい!!
私も、付けようかな~と何度も思いましたが、ほとんど一緒にいるので、我慢してます。
それでも、出かけなければいけない時もあると、物凄く心配で外でも様子が見れるのって、いいですよね♪

使いこなした時の記事、楽しみにしてますね~☆

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク