老犬あすかの介護生活&みかん日記痴呆について。

老犬あすかの介護生活&みかん日記

高齢犬の介護は手探りで始める事が多いです。介護グッズもまだまだ少ないので、代替品や便利品の紹介、介護の仕方、方法、なども紹介していきたいです。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

痴呆について。

犬の痴呆は、日本犬の雑種や柴犬に特に多いらしいです。
人間でも、長年の食べ物や生活習慣によって国や人種ごとにかかりやすい病気があるので、犬も同様なのだと思います。

症状としては、

・夜鳴き              ・徘徊
・昼夜逆転             ・ぐるぐると回る
・狭い所へ行きたがる      ・角につっかかる
・無反応              ・直進のみで後退ができない
・食欲が異常にある        ・異常に食べるのに痩せる
・一定の間隔で吠える

などの症状があるようです。
犬は、本来夜行性の動物らしいので、元気な時は人間に合わせた生活で昼間起きてますが、ボケてしまうと夜行性の本来の気質が出てきてしまうらしいので、昼夜逆転をしてしまうようです。(通院している動物病院の先生が言ってました)
昼夜逆転の対策としては、日光浴など効果的らしいです。

夜鳴きは、痴呆にかかった高齢犬の飼い主さんは、一番悩まされる症状かもしれません。
現に、私も夜鳴きには今も悩まされてます。
これに関しての対策は、本当に難しいです。
背中をさすってあげたり、抱っこしてあげたりして、安心させると治まる時もありますが、何をやっても泣き止んでくれない事がほとんどで、ひどいときは口をぎゅっとつかんで泣き止むまで待ったりします。
1人で不安がらせないために、夜電気をつけっぱなしにしたり、テレビの音も効果があるようなので、家ではいつもあすかのいる部屋はテレビと電気は付けっ放しにしてます。

昼間、沢山歩かせて疲れさせてグッスリ眠らすか、本当に最後の手段としては安定剤など薬を使って強制的に眠らせるか、口輪を使うかです。
安定剤に関してはあすかは使ってますが、副作用もかなりあるし、わんこによって副作用の出方もだいぶ違うようなので、とても使いどころが難しいです。
あすかも今の状態に落ち着くまで、ほんの少量から始まり色々試したりしたので、獣医さんとも相談してむやみには使用はしない方が良いと思います。

私の場合は、自分の身体がもたなくなりそうだったので、仕方なく使用しています。
介護する側が倒れてしまったら、どうにもならないですからね。
口輪も迷いましたが、隙間から声ももれそうだし、何よりかわいそうな気がして断念しました。
夜鳴き対策は確実に有効な手段がないので、本当に難しいです。

この症状のうち、あすかがあてはまらないのが1つだけ。痩せるってことだけです。
後の症状はすべて当てはまったりします。






例えば、狭い所へ


NEC_0046.jpg



NEC_0204.jpg






角につっかかる


NEC_0173.jpg

こんな感じで、全く後ろには後退できないので、角にはまりながらわんわん鳴き叫んでたりします。
この写真は2年前ぐらいなので、とてもなつかしいです。

これらの対策は、エンドレスゲージ、サークルを使用したりするのですが、サークルの作り方などはまた次の機会に説明をします。
(エンドレスゲージの記事をUPしました→痴呆犬のためのサークル作り。 痴呆犬のためのサークル作り。~その2~)

ぐるぐると回る症状で心配なのは、右回りの場合は正常らしいのですが、左回りで回っている場合は脳関係の病気が疑われるようなので、左に回っていた時は病院に連れて行った方が安心かもしれません。

痴呆全体の対策としては、サプリメントが有効な場合があるようです。
ただ、注意してほしいのは症状の改善や進行を止めることができても、治療効果はないということです。
獣医さんに、痴呆に実際効果が出たわんこがいたので、強く勧められた為、あすかにも一時期使用してました。




↓↓↓詳しい説明はこちら
明治 メイベットDC


カツオやマグロなどに多く含まれるDHA配合のサプリメントです。
痴呆全般の夜鳴き、徘徊に効くとか。
1年ぐらい飲ませていましたが、あすかが使用した感想としては、ちょっぴり良くなったかな?ぐらいでいした。

わんこによって、だいぶ効く、効かないがあるようです。
中には、目に見えるぐらいの症状の変化があったわんこもいたとか。なので、獣医さんから強く勧められました。
個体差でだいぶ効き目が違うようなので、必ずしも良くなる訳ではないので、注意してください。

サプリメントも良いけど、一番効き目があるのが飼い主さんの愛情だと思います。
夜鳴きは大変ですが、鳴いたら「さみかったの~?」って声をかけてなでてあげて下さいね。

※犬の大きさ、状況、環境などによって、紹介した介護方法が合わない場合もあるので、無理に実行しないで、わんちゃんに合ったケアをしてあげて下さい。

介護の方法はそのわんこによって、色々なやり方があると思います。
こんなケアの仕方が良いよ!こんなやり方がやりやすいよ!こんなグッツも便利だよ!
なんてことがあったら、是非コメント下さいね♪










スポンサードリンク

コメント

★ はじめまして

はじめまして。シンと言います。
実は今、現在我が家の愛犬が夜鳴きの真っ最中
で、こちらのblogにお邪魔しました。
よろしくお願いします

画像を拝見いたしました。まさにうちのわんこも同様なんですよね

うちのは18歳。柴系の雑種です。今まで1度もお医者には行った事がないのですが知り合いのトリマーさんに聞いた所、やはり安定剤を教えてもらいました。

なんか喉が痛くなっちゃうんじゃないかってくらい鳴きっぱなし

これからもこちらのblogにお邪魔させてください。

★ シンさんへ

シンさん、始めまして。
コメントありがとうございます。

調度、夜鳴きの真っ最中でしたか。
実は、あすかも夜鳴きの真っ最中で、今も私の膝の上で暴れてたりします。
寝たきりの分、ずっと抱っこしていられるので、歩けていた頃より少し楽かもしれません。

夜鳴きは、飼い主にとって本当に辛いですよね。
近所のことを考えると、治まるまでついていないと、眠れないですもんね。
私も安定剤を使ってるとは言え、沢山は使えないので調整が難しく、昼も夜もないような生活が多いです。
でも、やはり使わないよりはかなり楽です。

薬によっては、個体差で効く効かないがかなりあるみたいなので、獣医さんに相談して合う薬を見つけられると良いですね。
記事の内容がお役に立つかは分からないですが、また是非ブログに遊びにきてくださいね♪

★ はじめまして。

犬ブログの老犬・高齢犬からきました。

うちは、柴系MIX(♂・19才)を飼っていますが
痴呆の症状...
まさにこの通りです。
でも、元気だった頃よりもさらにさらに可愛くて愛おしくて仕方ありません。
(きっとみなさんそうなんでしょうね。)

こちらのブログのカテゴリを隅から隅まで読ませて頂きました。
とても参考になります。
まだまだ始まったばかりの老犬介護ですが
こちらでお借りした知恵と
たっぷりの愛情で、愛犬とともに
残された大切な時間を過ごしていこうと思っています。

ちょくちょく訪れると思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

はじめまして。
13歳になったラブラドールを飼っていますが、
最近体調が急激に悪化し、
寝たきりの状態になってしまいました。
一日誰かが家にいてあげる、ということもできず
分からないことだらけなのですが、
こちらのブログに本当に助けられています。
有難うございます。

はじめてのごあいさつで質問、大変申し訳ないのですが、
何か良い方法をご存知でしたら教えてください。
犬歯で唇がどんどん傷ついてしまっているんです。
寝たきりである以上、防ぎようがないのかもしれませんが…
不躾な質問で申し訳ありません。
なにかアドバイスがあれば…是非お願致します。

★ neneさんへ

neneさん、はじめまして。
ブログにコメントありがとうございます。

19歳!!頑張られてますね!!
よく、痴呆の症状に似ていてもそうでない事も多い。なんて事も聞きますが、あすかもほとんどの症状が当てはまっていたので、あすかも柴が入っていたし、やはり柴が混じっていると痴呆になりやすいのかもしれないですね。
それでも、あの独特の表情や雰囲気はたまらなくかわいいですよね♪

ブログをじっくり読んで下さってありがとうございます!!
だいぶ古い記事も多いですし、書き直さなければいけない箇所もかなり多いのですが、忙しさにかまけてそのままになっていたので、間違っている事も多いかもしれませんが、少しでも何かの参考にしていただけると嬉しいです。

あすかが旅立ってからだいぶ日が経っていますが、今老犬介護を頑張っている方にもブログを読んで頂けるだけで本当に嬉しいです。
今では、あまり頻繁には更新していないブログですが、介護のちょっとした息抜きの時にでも覗いてみて下さいね♪

★ ちぃず。さんへ

ちぃず。さん、始めまして。
ブログにコメントありがとうございます。

急な寝たきり生活や介護、本当に驚いてしまいますし、何も分からないまま時間だけがどんどん過ぎていってしまいますよね。
13歳のラブラドールという事で、あすかとはだいぶ大きさも違うので、ブログの介護の内容が参考になられるか分かりませんが、少しでも何かのお役に立てて頂けたら嬉しいです。

ご質問の内容ですが、

> 犬歯で唇がどんどん傷ついてしまっているんです。

この症状、あすかにも全く同じ症状がありました。
ちなみに、その症状に関する記事ですが

『口の床ずれとケア。』
↓↓↓
http://mikan1637.blog21.fc2.com/blog-entry-41.html

に書いてあります。

予防法となるとなかなか難しいかもしれないです……。
足や腰の床ずれでしたらドーナツ枕を使用したりしますが、口ですと寝たきりの場合、顔だけしか動かせないため、しきりに顔を動かしたりしますし、口の部分を宙に浮かせられるような枕があれば予防できるのかもしれないですが、安定感もないと思うのでなかなか難しいかもしれません。
大きめのドーナツ枕などを顔に使用して、歯で唇を挟んでしまう部分を宙に浮かせてみるというのも試してみると良いかもしれないですが、そうなると人間用かお手製のドーナツ枕でないときびしいかもしれないですね。

あすかの時も、どうしても歯が引っかかる部分が下になると擦れてしまってどうにもならなくて、歯が引っかかっているのに気が付いたら唇を治してあげる。という事ぐらいしかできませんでした。
引っかかっていた部分は、最後まで跡になっていたので、歯が抜けたりしない限りは予防はなかなか難しいかもしれないです。

この記事にも載せているように、口内炎の薬を塗ると血も早く止まり、治りも早かったので予防はできませんが、少しは違うかもしれないです。
ただ、気をつけて欲しいのは獣医さんによって、人間の口内炎の薬でも大丈夫。と言う先生もいれば、人間に合わせた用量なので、成分が多すぎる場合があるので、合わない事もある。と言うように、先生によって言う事が違ったので、もし使用する場合は自己責任か係りつけの獣医さんに相談してからの方が良いかもしれないです。

動物病院にもよりますが、老犬の介護について聞くと、詳しく教えてくれる先生もいらっしゃいますので、犬歯の事も係りつけの獣医さんにでも一度相談してみると良いかもしれないです。

あまり的確なアドバイスができなくてごめんなさい。
私も素人なので、あすかに行った介護の内容しか参考にできないので、お役に立てませんがまた何かありましたら気軽にコメントして下さいね。

大型犬の介護は特に大変だと思います。
寝たきりですと、床ずれ予防や寝返りをうたせたり……それだけで重労働ですよね。
大変かと思いますが、頑張って下さいね!

すいかさん!
コメントいただき本当に有難うございます。
本当に嬉しいです。
参考にさせていただきますし、
これからもどうかよろしくお願いします!
みかんとなかよく…
ブログのメンテも大変だと思いますが、どうぞ宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

すいか

Author:すいか
2009年3月11日にあすかは虹の橋へ旅立ちました。
18才の生涯でした。
介護生活3年、寝たきり生活1年8ヶ月を過ごし、穏やかな最期で大往生のわんこでした。

そんな介護生活の中で得た知識や介護の仕方、ケア方法を紹介していきたいと思います。
犬の介護は手探りで始める事が多いです。
私も最初は、介護の右も左も分からなくて、とても大変だったので、あすかの介護法に片寄ってしまいますが、少しでもこのブログの情報を役立ててもらえると嬉しいです。





みかん ♀
4歳

新しく家族になったみかんです。
生後8ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症してしまいました。
あすかの介護の事と共に、みかんの日常やアトピーの治療日記も綴って行きたいと思います。

ブログランキング


*ブログランキングに参加中です*

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ





ランキングバナー

良かったよ!なんて思ったら、ぽちっ!とお願いします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

お役立ちサイト

Petc
獣医師やトレーナーの先生に犬に関するお悩み相談ができるコーナーがあるサイト。 過去の質問もカテゴリー別に分かれているので、そちらを見るだけでも参考になるかも。

【本間アニマルメディカルサプライ】

豊富な種類の処方食やサプリメントを扱っています。 通院している動物病院より安い物もあるので、こちらからたまに購入させて頂いてます。

ツボ探検隊 症状別犬のツボ
鍼灸ドットコム ツボ探検隊のサイトの犬のツボ療法のところに、イラストで症状別に犬のツボが沢山紹介されています。ツボの数も多いのでお勧めのサイトです。老犬仲間のこぐまさんに教えてもらいました。こぐまさん、とっても参考になるサイトを教えて頂いてありがとうございました!!

ペピイ
ペット通販カタログとしては、日本一の知名度を誇るPEPPYが運営するサイト。 カタログは開業獣医師の監修のもと編集・制作されているので、オリジナルアイテムも有りなかなかツボをついていると思います。 動物病院に無料カタログが置いてありますが、こちらの公式サイトからも無料でカタログを請求できます。 公式サイトには、ペット全般の幅広い情報があり、犬図鑑や獣医師さんへの質問、日記を書いたり読んだりする事もできるので、ペット好きにはとても役立つお役立ちサイトです。

zuttone
ペティオがプロデュースしている、シニアライフサポートのシリーズ『zuttone』です。 メジャーな会社で大々的に老犬介護グッズをシリーズとして開発しているところはあまりないので、これからもどんどん介護グッズを開発して販売してほしいです。 ホームセンターなどでも扱っていたりするので、比較的手に入れやすいし、あすかもいくつか使用しましたが、大型犬向けの商品もあるので、愛犬に合う商品がないか一度商品のラインナップなどをチェックしてみるのもいいかもしれないです。


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」





ブログ内検索



RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

注意事項

※犬について専門家でもなく、全くの素人が調べつつ経験談を含め紹介している情報や介護法なので、中には間違ったやり方、情報が含まれている可能性もあります。
その為、安全性については保証できませんので、もし介護法など実行される場合は自己責任で実行して下さい。

※当サイトに掲載の写真・画像・記事・文章等の無断転載・引用を一切禁じます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧め書籍

長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
長生きワンコの本 (長生きレッスンDVD付き) (タツミムック)
本屋さんで実際に見て来ましたが、介護グッツなども沢山紹介されていて、これは良いかも!と思える物がいくつかありました。介護の仕方のサポートレッスンも写真でとても分かりやすかったです。最近はこんなにも分かりやすい介護の本があるんだと思えた1冊でした。

臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いた老犬との暮らし方―痴呆・病気・ケアの正しい知識
臨床獣医師が書いているとだけあって、ケア法や食事の与え方の工夫、安価で簡単に作れるベット、オムツをずれにくくする工夫などオリジナリティがありました。知識の面でも、実際処方している薬名を挙げていたり、他の本とは少し違うかな。という感じだし、雑学的な内容もとても面白いです。大まかな知識だけではなく、そこから一歩進んだ知識を学ぶのにはお勧めの一冊だと思います。

老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
老犬介護を始めて、最初にお世話になった本です。介護のだいたいの事が分かります。バスタオルで作るウォーキングベルト、ドーナツ枕など手作り介護グッツがいくつか掲載されています。ケア法も薬や水の飲ませ方、床ずれのケアなど基本的な事が偏らず幅広く分かりやすく書いてある本だと思います。

老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬の飼い方―7才からの世話とケアのすべてがわかる! (主婦の友ベストBOOKS)
老犬介護の細かいところまで、とても分かりやすく紹介されています。実際介護されている方々の工夫の詰まったアイディア集などが写真付きで掲載されているので、1つのケアにしても基本だけでなく、いくつかパターンが紹介されていて、とても参考になります。最近発売されたばかりの本のようなので、情報も新しい物が詰まっていると思います。

うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
うちの犬(コ)そろそろトシかしら―老犬との暮らし方ガイド
訓練士ならでは+飼い主の視点がうまく合わさって書かれているので、内容も工夫の仕方も他の本とは一味違うと思います。吊りベルトの作り方、キャスター付き歩行補助の作り方、下半身保護の為の工夫、散歩用台車の作り方、寝たきり犬の為の寝床の作り方やケア法など、使用する介護用品も身近な物ばかりで、ほとんど文章で少しイラストが入るだけですが、内容はオリジナリティに溢れるものばかりでとても良い本だと思います。

老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
老犬時間 Vol.2 (タツミムック)
人気の本なのか売り切れのところが多いです。実際の介護体験者の方々を元に制作されてるようなので、手作りの介護グッツや工夫、裏技などが掲載されているようです。この本があれば、老犬介護の細かい事まで勉強できそうです。

7歳からの老犬ごはん
7歳からの老犬ごはん
老犬のアンチエイジングレシピ、病気対策のスペシャルレシピがそれぞれ18レシピづつ掲載されています。著者は獣医師なので、今まで診てきた経験上での食と病気についての関係、それに伴う病気予防の仕方など、難しい言葉は使わずとても分かりやすく書かれているので、老犬の食や、食に関係してくる健康など総合的に学べると思います。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
24品のプチ病気のための手作りレシピ、18品の疾病別手作りレシピが掲載されています。食材やレシピなどそれぞれにしっかりと解説が付いているので、なぜこのレシピなのか、食材なのか、しっかり理解できます。『7歳からの老犬ごはん』にはない「手作り食への移行プログラム」とお勧めの食材がまとめて書かれているし、「食材早見表」もとても見やすいので便利です。老犬になってから、手作りごはんを始めたいと思っている方には『7歳からの老犬ごはん』と合わせて読むと、より始めやすいのではないかと思います。

ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
ドッグウェア&グッズ―かわいい!楽しい!愛犬の手作り
犬服の他に老犬向けグッツの作り方がいくつか載っています。オムツ(サニタリーパンツ)、靴、靴下、介護用ハーネス、ロンパースなど。全16サイズの実物大型紙が付いているので、初心者でも作りやすいです。私も実際いくつか作りましたが、詳しい解説付きで、とても作りやすかったです。



スポンサードリンク